あまちゃん 119話 潮騒のメモリーリメイク

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『あまちゃん』
本放送:2013年8月16日(金)
再放送:2015年8月21日(金)
第20週 第119話 「おらのばっぱ、恋の珍道中」

『あまちゃん』第20週 第119回
「おらのばっぱ、恋の珍道中」あらすじ

2010年9月、アキはネット上に人気が上がって来たのに伴いテレビ出演のオファーも増えて来ていました。一方のGMTは伸び悩み、荒巻は起死回生のために所属アイドルを主演に据えた十本の映画製作の企画をスタートしました。

そんなある日、アキが出演したテレビ番組『パークスタジオ』本番直前の水口の質問がアキを驚かせます。彼氏が出来たかと問われたアキは、動揺のあまり番組収録中に「恋人はお仕事です」と返答。しかし、そのおかしな言葉はネット上で大反響を呼びました。

一方、荒巻は鈴鹿ひろ美を寿司屋で接待し、これから製作する映画の出演交渉をはじめました。荒巻は鈴鹿のデビュー作『潮騒のメモリー』をリメイクするというのです。鈴鹿の役はヒロインの母親役でした。荒巻は鈴鹿に出演を懇願します。

その作品の主演には荒巻の事務所所属の小野寺を据えると荒巻は説明しました。鈴鹿は条件付きで出演を引き受けます。鈴鹿の出した条件とは小野寺の主演を白紙撤回し、ヒロインをオーディション公募することでした。

『あまちゃん』第20週 第119回
「おらのばっぱ、恋の珍道中」映画『潮騒のメモリー』解説

映画『潮騒のメモリー』リメイク企画が登場したのを機に『潮騒のメモリー』オリジナル版とリメイク版についてまとめてみました。

▼『潮騒のメモリー』鈴鹿ひろ美主演オリジナル版(1986年)
映画『潮騒のメモリー』物語の舞台は宮城県沖の松島に浮かぶ架空の島「鈴鹿島」。貧しい漁村に産まれたヒロミと漁師のシンスケ、二人の若者の悲恋を描いた物語です。

17歳の夏、ヒロミはシンスケと出会い恋に落ちます。しかし、夫に先立たれ女手一つでヒロミを育て上げたヒロミの母・リツコの夢、それは由緒正しい本土のゴウダ財閥の御曹司に娘のヒロミを嫁がせることでした。リツコは、ヒロミとシンスケの恋愛に大反対します。

そんなある日、シンスケは熱病にかかってしまい、ヒロミはシンスケをおぶって本土の病院に連れてゆことになりました。熱にうなされるシンスケをようやく船に乗せたものの、その船はおりからの暴風雨で無人島に難破してしまうのです。

無人島に流れ着いたヒロミとシンスケを毒蛇が襲いました。二人の間で舌を出しとぐろを巻く毒蛇。ひるむシンスケにヒロミが叫びます。私が好きならその蛇を飛び越えて来いと。

▼『潮騒のメモリー・母娘の島』リメイク版(2011年3月6日公開)
宮城県沖の松島に浮かぶ架空の島「鈴鹿島」に、伝説の海女ヒロミが10年ぶりに帰ってきました。夫とともに島に残した娘のアキもすでに17歳になっていました。

母と娘の再会の感動もつかの間、ヒロミが母親の大反対を押し切って結婚したの夫シンスケは、山火事で命を落としていたことがわかりました。更に数々の不幸と試練がヒロミとアキの母娘におそいかかるのでした。

<<前回118話 | 次回120話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ