あまちゃん 125話 アキが映画のヒロインに

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『あまちゃん』
本放送:2013年8月23日(金)
再放送:2015年8月28日(金)
第21週 第125話 「おらたちの大逆転」

『あまちゃん』第21週 第125話
「おらたちの大逆転」あらすじ

アキの行動を不審に思った春子は、水口に事務所へ急行するよう指示を出しました。水口と正宗が慌てて事務所にかけつけると、アキと種市が二人きりの現場を抑えられてしまいました。正宗は機転をきかし、春子にはアキが台詞合わせをしていたと説明し収めます。

水口はアキと種市を説教しました。アイドルが一人の男に恋をすると、100万人の男が失恋することになるのだと。そして当面の間、アキと種市が会うのは寿司屋だけにすること。メールのやりとりは許可すると水口はアキと種市に告げるのでした。

映画『潮騒のメモリーズ』ヒロイン・オーディションの最終選考の日を迎えました。最後に残ったのはアキとGMTのメンバー・小野寺です。選考会場でのアキと小野寺の演技に鈴鹿ひろ美も迫真の演技で応えます。

アキの演技を複雑な思いで見守る荒巻は迷っていました。経営者として小野寺を推したい。しかしアキを水中場面の影武者にすれば再び後悔することになるだろうと。そんな荒巻の心を動かしたのはアキの本気穫りの動画でした。荒巻はアキの採用を決断しました。

『あまちゃん』第21週 第125話
「おらたちの大逆転」感想

アキちゃんが主役のはずなのに太巻さんのことばかり心に刺さる第21週。

「社長としては、商売人としては小野寺を推したい。しかし天野を吹き替えにすればまた後悔するだろう」

若き日の春子さんの幻に悩まされながらも、苦悩する心の内を決して口に出そうとしなった太巻さんがついに本心を吐露しました。そして、上に引用した太巻さんのひと言に春子さんへの思いが余すところなく語られています。

かつて春子さんに鈴鹿ひろ美の影武者をお願いした時。春子さんを影武者にすれば後悔することになるかも知れないと承知しながらも、商売人として鈴鹿ひろ美を前面に出し春子さんを影武者にする決断を下したのでしょう。

しかし、後年になって後悔することは予想されていたものの、ここまで苦しみ続けることになるとは太巻さんにとっても想定外のことだった。

「昨日この動画(ウニの本気穫り)を見つけた。天野の動画を見ていたら切なくなった」

初めて獲れたウニを心から喜ぶアキちゃんの笑顔。希望に満ちたアキちゃんの笑顔に太巻さんは、かつて希望に満ちていた春子さんの笑顔を見いだしました。その笑顔を再び失わせてしまうワケにはゆかない。そんな結論にたどり着いた太巻さん、やっと苦悩から救われる光を見いだしたようです。

<<前回124話 | 次回126話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ