あまちゃん 128話 前髪クネ男とキスシーン

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『あまちゃん』
本放送:2013年8月27日(火)
再放送:2015年9月1日(火)
第22週 第128話 「おらとママの潮騒のメモリー」

『あまちゃん』第22週 第128話
「おらとママの潮騒のメモリー」あらすじ

映画『潮騒のメモリー』の撮影が順調に進む中、超え難い高いハードルがアキの前に立ちふさがりました。近々撮影が行われるラブシーンに、キスする場面が含まれているのです。種市とのファーストキスをまだ済ませていないアキは困惑してしまいます。

そして迎えたラブシーンの撮影当日。アキがキスをすることになる相手役のTOSHIYAというダンサーはアキが最も苦手とするタイプでした。一方、アキのキスシーンの話を聞いた種市も激しく動揺。鈴鹿に連れられ撮影現場にやって来ました。

ラブシーンの撮影が始まりました。相手役がアキの肩に手をかけたその時、前後不覚に陥った種市はアキに声をかけ撮影を妨害。撮り直しまでの時間、アキはユイに電話で相談。鈴鹿は自分の映画デビュー作での経験を語りアキを励ましました。

撮影は再開。しかし相手役のTOSHIYAとそのマネージャーがキスシーンに難色を示し始めました。TOSHIYAの抗議によりキスシーンはカメラアングルを工夫して誤摩化すことに。かくしてアキはファーストキスを種市と交わすことが出来るのでした。

『あまちゃん』第22週 第128話
「おらとママの潮騒のメモリー」感想

アキちゃんが種市くんとファーストキスをなかなか交わせずにいたのは今回のため。ファーストキスを演技の中で済ますことになる、その状況だけでも十分過ぎるほどに切ないものがありますが、よりによってその相手が「前髪クネ男」。

アキちゃんへの意地悪を極めた物語設定、手の込みように脱帽です。この意地悪で絶望的な状況を表現すべく迫真の演技で応えた「前髪クネ男」の爬虫類みたいな身体の動きと表情も絶妙。そもそも「前髪クネ男」というネーミングが秀逸です。

そんな無理難題に苦悩しつつもユイちゃんに叱咤され、鈴鹿ひろ美に励まされながら果敢に挑むアキちゃんの姿がまぶしい。そのアキちゃんと対比されて描かれる種市くんは、ただただ動揺するばかり。頼りないことこの上ない。

職業人としてのポジションも、もしかすると人物の器も、種市くんをすでに超えてしまったとみなしても差し支えないほどのアキちゃんではありますが、それでも飼い主を慕う子犬のように種市くんについて行くアキちゃんが謙虚でけなげ。

自分の立場がどう変わろうと、自分の軸を決してずらさないアキちゃんが実に凛々しい『あまちゃん』第128話でした。

追記:季節は2010年秋。Xデイが刻一刻と近づいて来るのが辛い。

<<前回127話 | 次回129話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ