あまちゃん 134話 北鉄が一部の運行を再開

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『あまちゃん』
本放送:2013年9月3日(火)
再放送:2015年9月8日(火)
第23週 第134話 「おら、みんなに会いでぇ!」

『あまちゃん』第23週 第134話
「おら、みんなに会いでぇ!」あらすじ

東日本大震災当日の夜。ユイに電話をしたアキは、ユイの無事を喜び、コンサートが延期になったことを告げました。帰宅難民となったアキは上野から世田谷まで歩き、深夜に帰宅。北三陸の夏からも無事を知らせるメールが届きました。

一方の北三陸では、震災翌日には道路も線路も寸断される中で、大吉や吉田が北鉄復旧に挑み始めていました。たとえひと駅間であろうとも北鉄の走る姿が人々を勇気づけると、大吉は北鉄職員たちを激励しました。

大吉たちの獅子奮迅の働きにより、震災5日後には北鉄は北三陸〜袖が浜間で運行を再開。北鉄運行再開を知った夏はウニ丼を持って北鉄に乗り込んで来ます。北鉄が走り出すと、大吉たちの懸命の努力を応え、道行く人たちが北鉄に手を振るのでした。

一方、東京では映画『潮騒のメモリー』が震災を受けて一週間で上映打ち切り。春子の事務所に所属した鈴鹿ひろ美は、震災のショックから仕事を再開出来ずにいました。その頃アキは、北三陸に帰りたいという気持ちを募らせ始めていました。

『あまちゃん』第23週 第134話
「おら、みんなに会いでぇ!」感想

大吉さんの働きを見ていて震災当日の夜のことを思い出しました。震災当日、僕は新宿にいました。翌日から海外在住の知り合いを訪問する予定にしていた僕は、新宿の伊勢丹本店でお土産を購入。買い物が終わってほどなくしてあの地震が発生しました。

大部分の鉄道が翌日まで運行を取りやめる中、僕が帰宅に使う私鉄は午前0時過ぎに運行を再開し通常のダイヤにはない深夜の臨時列車を出してくれました。その私鉄の車内での方々から聞こえてくる会話がいまだに忘れられません。

電車が新宿駅を出発すると同時に、車内ではダイヤの乱れをお詫びをするアナウンスが流れました。しかし、その車内放送に対して方々からこんな声が聞こえて来ました。お詫びどころか感謝したいくらいだ。こんな深夜に臨時電車を走らせてくれるなんて・・・

話しを大吉さんに戻します。自分の職業に誇りと愛情を持ち、使命感を持った仕事をしてくれる大吉さんのような人々の働きのおかげで、どれだけ多くの人が勇気づけられたことか。そんな感謝の気持ちが、大吉さんを見ていて蘇ってきました。

一方で、震災のショックで仕事を再開出来なくなった鈴鹿ひろ美が心配です。有事の際に必要とされない傾向にある職業に就く人の辛いところです。

<<前回133話 | 次回135話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ