あまちゃん 135話 アキが歌う地元に帰ろう

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『あまちゃん』
本放送:2013年9月4日(水)
再放送:2015年9月9日(水)
第23週 第135話 「おら、みんなに会いでぇ!」

『あまちゃん』第23週 第135話
「おら、みんなに会いでぇ!」あらすじ

北三陸に帰りたいという気持ちが日増しに募るものの、それを誰にも打ち明けられずアキは悩んでいました。春子はそんなアキの悩みを察知。一方、アキの悩みを気付かずにいた水口は、マネージャーとしてアキへの洞察が足りなかったことにショックを受けます。

アキの本心を知った水口は苦悩します。アキを北三陸に帰してあげるべきか、それともこのまま東京に残して仕事を続けさせるべきかと。そんな中、水口は歌番組の企画をアキに持って来ました。それはGMTメンバーとともに『地元に帰ろう』を歌う内容でした。

水口はアキに説明します。この企画は、GMTとのコンサートを延期した荒巻がアキたちとの約束を果たすためのものだと。しかし実際は、アキの東京残留を望む水口が荒巻に頭を下げて実現した企画だったのです。アキは、その番組への出演に応じました。

一方で水口はアキを東京に残すため種市との恋愛の解禁を宣言。しかし、アキが心の底から北三陸に帰りたがっていることを察した水口はアキの東京残留を断念しました。数日後、歌番組で『地元に帰ろう』を歌い終えたアキは、北三陸に帰る決意を固めるのでした。

『あまちゃん』第23週 第135話
「おら、みんなに会いでぇ!」感想

普段はクールなミズタクの、実はとっても熱い一面に心を揺さぶられる回でした。

北三陸に帰りたいというアキちゃんの望みに気付かずにいた自分の不甲斐なさに腹を立てるミズタクは、アキちゃんの本心への対応の出遅れと取り戻そうと、躍起になるその行動の数々が熱い。

アキちゃんとGMTとの共演を企画し、かつて袂を分かった太巻さんに頭を下げ、恩を買ってまでもその企画を実現する。しかし、その企画は太巻さんによるものだとアキちゃんには説明。太巻さんを立てつつ、自分の熱さを隠すミズタクが男前過ぎます。

そして、種市くんに恋愛解禁通告。アキちゃんを東京につなぎ止めておくためのミズタクの手段を選ばず式の行動。彼はここまでやってしまう人だったのか。

そこまでしてでもアキちゃんを東京に残そうとするミズタクはしかし、種市くんとの会話の中でアキちゃんがどれほど北三陸に帰りたがっているかを察知。

ユイちゃんがどんな顔をして笑っているのは思い出せないというアキちゃんの一言で、アキちゃんの願いがどれほど切なるものかを理解してしまうミズタクの愛が深い。

そんなミズタクの心の中を察した太巻さんの「泣くなら外で泣け」にシビれました。さすがは人の上に立つ人物だけのことはあります。

<<前回134話 | 次回136話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ