あまちゃん 142話 復興に向けて諸活動開始

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『あまちゃん』
本放送:2013年9月11日(木)
再放送:2015年9月17日(木)
第24週 第142話「おら、やっぱりこの海が好きだ! 」

『あまちゃん』第24週 第142話
「おら、やっぱりこの海が好きだ! 」あらすじ

磯野が袖が浜の水質と海底調査を実施した結果、ウニのエサとなる海藻の上に瓦礫や土砂がたまり、ウニの繁殖が困難な状況であることが判明。当面の間、ウニ漁の自粛をする必要があると磯野は海女たちに報告しました。

しかし、夏は磯野の報告に納得しません。夏は磯野に啖呵を切りました。年内いっぱいかかると磯野が主張する海底の瓦礫の撤去を今月中に完了しろ。ここで本気を出さなければいつまで経っても被災地のままだ。それでいいのかと。

夏の言葉は磯野の心に火をつけました。帰郷した種市を手始めに、磯野は卒業生のダイバーを召集。海底の瓦礫の撤去作業や、防波堤の土台づくりを開始。一方、種市の提案で県外から仕入れたウニを海に放流しつつ、仕入れたウニでつくったウニ丼の車内販売を再開。

北鉄主催のイベントも、直前まで現役アイドルだったアキの知名度も手伝って客足は順調に伸びつつありました。しかし、北鉄のイベントには参加しないというユイの決意は思いの外固く、「潮騒のメモリーズ」再結成を願うアキは途方に暮れてしまうのでした。

『あまちゃん』第24週 第142話
「おら、やっぱりこの海が好きだ! 」感想

「ここで本気出さねばいつまで経っても被災地だぞ!それでいいのか、よくねえべ!」

静かな語り口ながら磯野先生たちのハートに火を付けた夏ばっぱの檄からはじまる北三陸の復興劇の高揚感がたまらない。

海底の瓦礫撤去と防波堤の土台づくり。県外から持って来た親ウニの放流。同じく県外から仕入れたウニでつくったウニ丼の販売再開。一方で、北鉄イベントなどによる客足の回復とアキちゃんのプロならではの活躍。

それぞれの持ち場持ち場での、一見バラバラに見える行動ですがそれらの目指すところはただ一つ。「北三陸の復興」です。

その「北三陸の復興」に向かって歩む北三陸の面々が涙が出るほど美しい。いつも格好いい夏ばっぱはもとより、これまでどちらかと言えば見るに耐えないキャラだった磯野先生までが凛々しいことこの上ない。南部ダイバーの歌も心に沁みます。

有事の際に、めげることなく戦い続ける人々は美しいと思ったことでした。

<<前回141話 | 次回143話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ