あまちゃん 146話 潮騒のメモリーズ再結成

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『あまちゃん』
本放送:2013年9月16日(火)
再放送:2015年9月22日(火)
第25週 第146話「おらたち、いつでも夢を」

『あまちゃん』第25週 第146話
「おらたち、いつでも夢を」あらすじ

チャリティーコンサートで東北各地を巡回したGMT5のメンバーたちが北三陸にやって来ました。スナックで歌と自己紹介を披露するGMT5を北三陸の面々が大歓迎する中、ただ一人だけGMT5を歓迎できない者がいました。ユイです。

その頃、東京の春子の事務所に荒巻が訪ねて来ていました。鈴鹿ひろ美へのチャリティー番組の出演依頼が来たものの、春子と荒巻はその対応に頭を悩ませていました。何故なら、鈴鹿ひろ美はその番組の中で歌声を披露することを求められていたからです。

一方、GMT5のメンバーたちが北三陸を去って行きました。GMT5に不愉快そうな視線を投げかけていたユイは、GMT5が去って行くや彼女たちのことを、歌が下手、あの程度でテレビに出演出来るのかと口を極めて罵り始めました。

GMT5を罵るユイは、アイドルの夢を諦め切れていない本心をついに打ち明けました。それはユイが「潮騒のメモリーズ」再結成の決意を固めた瞬間でした。しかもユイは、「潮騒のメモリーズ」再結成からお座敷列車までのストーリーを綿密に考えていたのです。

『あまちゃん』第25週 第146話
「おらたち、いつでも夢を」感想

ユイちゃんはアイドルになることの夢を諦めきれていなかった!

アイドルになる夢は諦めたと自分に言い聞かせているうちに、本当に諦めたつもりになっていたのかも知れません。「つもり」ではなく、本当に諦めてしまっていたのかも知れません。・・・アキちゃんが北三陸に戻って来るまでは。

夢を本当に諦めたのか、諦めたつもりになっていただけなのか。真相がどちらなのかは定かではありませんが、どちらだったにせよアキちゃんが北三陸に帰って来て目の前でアイドルとしての活動を繰り広げられては心中穏やかではなかったはずです。

アキちゃんがテレビに出て来ると慌ててテレビを消していたとユイちゃんは告白しましたが、テレビなら消せば済む話です。しかし、目の前でアイドル活動するアキちゃんを消すわけにはゆきません。

一方でアキちゃんも、ユイちゃんとともに「潮騒のメモリーズ」再結成するのが悲願。ユイちゃんに対してこれ見よがしに活動していたことは否めない。アキちゃんがユイちゃんの夢の封印を解くトリガーになったのでしょう。

しかし、アキちゃんの説得ではユイちゃんはのらりくらりと逃げ回る。やりたいけど、やらない。その繰り返し。ヒロシくんの「やれよ!」が最終的な決め手になりました。さすが、兄の貫禄です。

<<前回145話 | 次回147話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ