まれ 60話 大悟勝利/希の弟子入り

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『まれ』
2015年6月6日(土)放送
第10週 第60話 「逆転一発パンケーキ」

『まれ』第10週 第60話 「逆転一発パンケーキ」あらすじ

本番直前にテレビ局が大悟のピンチヒッターを立てたその時、希の説得に心を動かされた大悟がスタジオに飛び込んで来ました。ついに大悟と西園寺の対決が始まりました。熟練の技によって、大悟は西園寺を圧倒するスピードで課題のケーキを作り上げてゆきます。

課題の作品を完成させた大悟は、更に一品を作り始めました。大悟はその作品のために、希にメレンゲづくりを命じます。何度も失敗を重ねた末に希はメレンゲを完成。制限時間ギリギリのタイミングで大悟は最後の一品を仕上げることが出来ました。

審査員の試食を経て勝敗が告げられました。勝利者は大悟でした。西園寺は大悟に完敗を認め勝負の幕は閉じました。最後に一品追加した理由を司会者は大悟に質問。大悟の最後の追加の一品、それは家族との思い出のパンケーキでした。

ともに洋菓子店を開業した妻を亡くした大悟は菓子づくりが出来なくなっていました。その大悟にもう一度の菓子をつくらせてくれた今の家族につくった初めての菓子がパンケーキだったのです。・・・すべてが終わり、希は大悟の店での修行を許されるのでした。

<<前回59話 | 次回61話>>

『まれ』第10週 第60話 「逆転一発パンケーキ」
 事前発表あらすじのレビューと解説

大悟と西園寺のパティシエ対決は大悟の勝利に終ります。ところで、劇中に登場するテレビ番組『料理の巨人』のモデルは実在の人気テレビ番組『料理の鉄人』で、パティシエの辻口氏が同番組に出演したエピソードがもとになっていると別途記しました。

辻口氏も『料理の鉄人』の中で勝利を収めているのですが、この時の辻口氏の勝利は歴史的勝利と呼ぶべき画期的なものでした。

対決した相手はイタリアンの鉄人・神戸勝彦氏。実は辻口氏が『料理の鉄人』に出演するまで、7人のパティシエが神戸氏に挑んだものの全員が全員とも敗北を喫していました。そして8人目の挑戦者となる辻口氏も、番組関係者から勝ち目はないと断言されていたのだそうです。失礼な人もいるものです。

しかし、勝ちにこだわる辻口氏は神戸氏に勝利するための戦略を練りに練って勝負に挑んだとか。世界一になる人はすごい考え方をするものです。

かくして辻口氏はパティシエとして初勝利を飾った上に、その勝利はつくったお菓子の味と品数の両方で神戸氏を圧勝したのだそうです。

『まれ』第10週 第60話 「逆転一発パンケーキ」
 朝ドラ観賞後の感想

大悟さん週が、大悟さんの止まらない演説をもって終了しました。

大悟さんのプロフィール概要は前回までに語り尽くされましたが、今回、前妻の思い出が本人の口から初めて明かされました。大悟さんが口にした前妻に関する発言の要旨をまとめてみます。

・最愛の妻と世界一のフランス菓子をつくろうと誓った
・その妻を亡くして菓子をつくるのをやめてしまった
・その自分にもう一度菓子をつくらせたのは今の家族である
・今の家族が自分を支えている
・今の家族のために自分は菓子をつくっている
・しかし、そのことを忘れ守りに入ってしまった

前回、前妻を忘れられない大悟さんをありのまま受け入れた輪子さんは大人の女だと記しました。ありのまま受け入れたというより、失意の大悟さんを救ったという方が正しいのかも知れません。大悟さんの発言をまとめてみてそう思いました。

その恩義を忘れることない大悟さんにも安心しました。あまりにも変人なので、恩義を感じることすらないのかと案じていましたが、そこまで変人を極めた人ではないようです。

また、希ちゃんの夜を徹してのメレンゲづくりの訓練を大悟さんは相当真剣に観察していたようです。しっかりと観察したから希ちゃんのメレンゲづくりは使えるレベルに近づいているとその力量を見抜くことが出来たのかと。

そして、決戦の最中に希ちゃんを起用。これは希ちゃんへの恩返しでしょうか。

勝敗が決した後の西園寺くんの敗北を認める潔さ。それにありがとうと応える大悟さん。すがすがしい勝負の終り方も秀逸。

今週で大悟さんの見方が変わった人は大勢いるのではないでしょうか。そんな中、大悟さんに無関心を決め込む大輔くん。西畑父子の確執がいずれ表面化するフラグでしょうか。

▼ポイントレビュー
・本物の服部先生が服部先生役で出て来た!
・辻口パティシエまで出演!
・元治さんと弥太郎さんが思わず抱擁。やっぱりこの二人は仲がいいのか。

<<前回59話 | 次回61話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

8 Responses to “まれ 60話 大悟勝利/希の弟子入り”

  1. ちぃちぃ より:

    おはようございます。

    大吾さんの最初の奥さんへの忘れがたい愛情、
    今の家族への感謝と大事に想う気持ち、
    どちらも素敵でした。

    気になるのは大輔君の態度ですね。
    「マッサン」や「ごちそうさん」でもこじれた父子関係が描かれていましたが、大吾さんと大輔君の関係も彼らのように雪解けを迎える日が来るんでしょうか?

    高志君がなんか言いたげにしてたのも気になります。
    一緒に能登に来るくらいだから、結構仲は良さそうですが、何か知っていることがあるのでしょうか?

    大吾さんと大輔君の親子関係が主題になる週もありそうですね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      大悟さんと大輔さんの親子関係。それに加えて紺谷家三代にわたる確執。さらに付け加えるなら徹さん・藍子さんの「離婚」。思えば未解決の人間関係がずいぶん残されてますね。

  2. koji より:

    それにしても横浜のゴン太くんは大悟さんのことを本当はどのように思っているんでしょうかね?。大悟さんもゴン太くんのことをどのように思っているのか?。

    今週は当のゴン太くんだけを除いての池畑家の大悟さんの前妻であるゴン太くんの実の母と現在の妻と娘との素晴らしすぎるエピソードも語られただけに余計にあの無関心さの意味が気になりますね。

    鴨居の大将と英一郎、熊虎さんと一馬の構図とはまた異なるのですかね?。

    それとも決定的な解決シーンがないまま本作のラストを迎えるのでしょうか?。

    それにしても大輔くんは何であんなにも夜釣りが好きなのですかね?。

    これにも深い意味があるような気がしてなりません。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 鴨居の大将と英一郎、熊虎さんと一馬の構図とはまた異なるのですかね?

      ・父と息子の確執
      ・確執のきっかけは奥様の死

      鴨居の大将と森の熊さんに加えて『ちりとてちん』の草若師匠と小草若。『ごちそうさん』の正蔵さんと悠太郎のパターンもこれに該当します。鉄板パターンなので、大悟さんとゴン太親子もこれを踏襲するかも知れないですね。

      ただ、大悟さんの場合、亡き妻への愛情を公言しているので事情がちょっと異なるかもです。

  3. つるびち より:

    こんにちは。
    わたしはスイーツ親方に目が行ってしまいました(笑)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      司会も妙にリアルでしたね。
      思わず吹きました。

  4. えびすこ より:

    芝田山親方が出ましたね。出るのではないかと思っていましたが、やはり登場しました。実は昨日までの時点で事前に出演する情報を聞いていなかったので驚きました。
    ところで「主題曲の2番」が流れるのは14週目以降でしょうか?
    まだ2番の歌詞が決まったとは聞いていません。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      『料理の鉄人』のパロディ、ずいぶん注目を集めたみたいですね。
      ほんの一瞬の場面にあれだけ「本物」を揃えてしまうとは贅沢の極みです。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ