あまちゃん 155話 夏が引退を宣言/海開き

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『あまちゃん』
本放送:2013年9月26日(金)
再放送:2015年10月2日(金)
第26週 第155話「おらたち、熱いよね!」

『あまちゃん』第26週 第155話
「おらたち、熱いよね!」あらすじ

海女カフェで三組のカップルの結婚式が行われた後に催された披露宴の席で夏が挨拶。今年のウニ漁のシーズンを終えたら引退をすると皆の前で宣言。そして、娘の結婚式を挙げられたことを面々に感謝し挨拶を結びました。

すべてが終わり、春子と鈴鹿ひろ美は隠し部屋で80年代のアイドル談義に花を咲かせました。今日の結婚式は楽しかったと語り合う春子と鈴鹿はまた、過去は完全に吹っ切れることが出来たとお互いに喜び合うのでした。

その頃、新郎たちは三人揃ってスナックで談笑。種市とヒロシらは翌日の海開きの準備を急ピッチで進めていました。一方、アキとユイは三年ぶりとなる「潮騒のメモリーズ」再結成の日を翌日に控え、これまでの三年間の日々に思いを馳せていました。

2012年7月1日、海開きの日を迎えました。その日の朝の漁協の放送は鈴鹿ひろ美が行い海女たちを喜ばせます。過去を思い出したくないという春子は北鉄の運行再開の式典には出ず、鈴鹿ひろ美の次のコンサート開催地に移動するため北三陸を発つ準備をしていました。

『あまちゃん』第26週 第155話
「おらたち、熱いよね!」感想

宴のあと、そしてクライマックス直前の谷間となった静かな時間が心地よい。

春子さんと鈴鹿ひろ美の二人は、過去が「吹っ切れ」ました。四半世紀以上に過去の清算が完了し、お互いに掛け値がなくなった二人はこれでやっと前を向けるようになりました。

一方のアキちゃんとユイちゃんも、上の二人の十分の一ほどの期間ながらも若い二人にとってはもしかすると同じくらいの体感時間を持った三年間の浮き沈みをすべて受け入れ、二人揃って未来に向かって歩んで行く心の準備が整いました。

母娘二世代の二人組が、それぞれの過去に折り合いをつけたその頃、三代前のマーメイドが引退を表明。「これからお前達の時代だ、去る者は追わないで下さい」と言い残す潔さが美し過ぎます。

また、母娘二世代の原石が輝く瞬間を目撃したミズタクが、いつの間にか原石が輝く現場から姿を消しひとり化石を発見したのは、新たな原石を発掘する彼のこれからの仕事の暗示でしょうか。

そして迎えた2012年7月1日、海開きの日の朝。母世代の二人は北鉄イベントに参加せぬまま北三陸を出発。物語の舞台を去り、アキちゃんとユイちゃん、娘世代の独壇場となって最終回を迎えます。

<<前回154話 | 次回 最終回/156話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ