あまちゃん 最終回/156話 お座敷列車復活

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『あまちゃん』
本放送:2013年9月27日(土)
再放送:2015年10月3日(土)
第26週 第156話「おらたち、熱いよね!」

『あまちゃん』第26週 最終回/第156話
「おらたち、熱いよね!」あらすじ

2012年7月1日。震災による津波で被災した北三陸鉄道は、北三陸〜畑野間が復旧。セレモニーが行われる北三陸駅は28年前の北鉄開通式を彷彿させる熱気を帯びていました。功が北三陸市長として北鉄復活を宣言。ユイのテープカットの後、復活第一便が出発しました。

一方、袖が浜ではアキをはじめとする海女たちによる海開きが行われ、袖が浜は過去最高の人手で賑わっていました。勉が琥珀を採掘する坑道も多くの観光客で賑わいを見せ、観光客の子供が恐竜の化石を発見し勉を驚かせます。

そして、ついにお座敷列車・潮騒のメモリーズ号が満員の乗客を乗せて出発。潮騒のメモリーズのコスチュームを身につけ、お座敷列車内のステージに登場したアキとユイは乗客の拍手喝采の中『潮騒のメモリー』を熱唱しました。

北鉄復活イベントがすべて終了した夕方。その日にミサンガが切れなかったと落胆するアキに、明日も明後日も来年もあるとユイが激励。二人は来年には復旧する畑野トンネルの向こう側に向かって走り抜けて行くのでした。



『あまちゃん』第26週 最終回/第156話
「おらたち、熱いよね!」感想

1984年7月1日、北三陸鉄道の開通式。春子さんの転倒というアクシデントによるテープカットから始まった春子さんの悲劇は、震災の津波による北鉄の破壊と再生を通して回収。再生が完了する2012年7月1日の前日までに回収が完了しました。

そして、母親世代の二人のマーメイドの物語が回収された翌日。2012年7月1日、北三陸鉄道の復旧式。ユイちゃんの転倒というアクシデントによるテープカットから始まる娘世代の二人のマーメイドの物語がはじまりました。

畑野駅で、畑野トンネルを見つめながらアキちゃんとユイちゃんが語ります。

「明日も明後日も来年もある」
「来年はこっから先にも行けるんだ」
「行ってみよっか」

アキちゃんとユイちゃんの物語は、まだ復旧せぬ畑野トンネルの向こうまで北鉄が走り抜ける日も、その先の未来もずっと続いている。

そんな二人の未来を暗示するかのような、トンネルの向こうの光に向かって闇の中を走り抜けるアキちゃんとユイちゃんが鮮烈な印象を残すエンディングでした。

春子さんと鈴鹿ひろ美、母親世代の『潮騒のメモリー』の歌声に見送られながら、「潮騒のメモリー」の二人はこれからどこに行くのでしょうか。

愉快な面々とのお別れは寂しいけれど、素敵な未来が楽しみでならない余韻をたっぷり残しながら『あまちゃん』完結です。

<<前回155話 | あまちゃんトップページ>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ