まれ 96話 希と一子が対決する当日

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『まれ』
2015年7月18日(土)放送
第16週 第96話「絶縁コンビニスイーツ」

『まれ』第16週 第96話「絶縁コンビニスイーツ」あらすじ

対決イベントの集計結果が地域ごとに発表されはじめました。しかし、いずれの地域も一子がリードする結果でした。この対決イベントが出来レースであることを直前に知ってしまった一子は動揺を隠すのに必死です。

その会場に洋一郎がDVDを携えて飛び込んで来ました。そのDVDには能登の仲間たちの様子が収められていました。その動画を上演するよう洋一郎は徹に依頼。動画は「能登からの応援メッセージ」として会場の大スクリーンに写し出されました。

能登の仲間たちからのメッセージに心を動かされた一子は、広告代理店の仙道に勝敗の結果を集計し直すよう詰め寄ります。集計結果は再集計され、僅差で一子が勝利を収めたものの一子考案のスイーツでないためコンビニでの商品化は見送られることになりました。

会場を去る一子は、出来レースを拒んだのは希のためではないと強がりを言ったものの、ついに泣き崩れてしまいました。望郷の念に耐えかねたのです。皆のもとに帰りたいと、一子は涙ながらに希に訴えるのでした。

<<前回95話 | 次回97話>>

『まれ』第16週 第96話「絶縁コンビニスイーツ」
 事前発表あらすじのレビューと解説

一子がようやく気付きます。自分が中心になっているつもりが実は広告代理店に仕切られていたことを。そして、広告代理店の思い通りの展開を許してしまったら大切な仲間を失いかねない状況に陥ってしまったことを。

そんなタイミングで、懐かしい仲間たちの映像を見せる洋一郎。今週の洋一郎は本当にいい仕事をしています。・・・厳密に言えばこれは仕事でなく私用ですが。

ところで、広告代理店の狙いはこんなところにあったのではないでしょうか。

人気が上昇中のブログの注目度を、広告代理店がコンビニのカップスイーツの販促企画に利用しようと企んだ。そして対決イベントでは、新進気鋭のパティシエをコンビニスイーツが破ることで話題性を演出。

そんなシナリオが事前にあるため、勝敗は事前に決まっている。対決はただのヤラセ。

ヤラセが見え見えの対決がシナリオ通りに進んでいたら、一子は能登に帰ることが出来なくなってしまったかも知れません。危ないところでした。

『まれ』第16週 第96話「絶縁コンビニスイーツ」
 朝ドラ観賞後の感想

  • 「あんたのこと大っ嫌い、ほんでも大好きねん」
    一子ちゃんのこの言葉は希ちゃんに放たれた言葉ですが、故郷の能登の土地とそこで暮らしている仲間たちに向けられた言葉だったような気がします。

    そして『あまちゃん』の春子さんが「田舎にいる自分が嫌い」と言ってましたが、一子ちゃんが大っ嫌いで大好きなのは他のでもない「能登にいた自分」でもあったのかもです。

    希ちゃん、仲間たち、能登、そして能登にいた自分を無理に無理を重ねて嫌う努力をしていたもののそれはあまりに辛く苦しい作業でした。

    やっと「大好き」と言えたこと「大っ嫌い」だったことを受け入れることが出来た一子ちゃん、これでやっと心が再生にむかってゆくのでしょうか。

    会場でやっと見せた洋一郎くんへの笑顔と、会場を去り際に希ちゃんに涙ながらに言った言葉「もう帰りてえ、みんなのところに、希のところに帰りたい」が忘れられない回でした。一子ちゃん騒動、心優しい回収の仕方だったと思います。

    追記:一子ちゃんの涙以上に泣けたのは、物陰から泣き崩れている一子ちゃんを見守る洋一郎くんの号泣でした。今回の騒動を通して彼はすっかりいい男になりました。

  • 「故郷に帰るのに何かを持って帰る必要はない。何者にならなくても帰れるのが故郷」
    もしかすると藍子さんはこの言葉を徹さんのために準備しておいたのかも知れない。そんな気がしました。

    仮に徹さんが起業に失敗しても、この言葉で成功出来ずに戻って来た徹さんを迎い入れたかも知れません。

    『ちりとてちん』も似たような言葉が繰り返し語られていたことを思い出します。
<<前回95話 | 次回97話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

10 Responses to “まれ 96話 希と一子が対決する当日”

  1. いちファンT より:

    今週のエピソードで、能登の仲間たちがかなりクローズアップされていましたが、洋一郎が撮影していたDVDに映っていたみのりが「一子ちゃん、うちらのこと忘れんといて~や~」と泣きそうに言っていたのがとても印象に残りました。
    能登の仲間とは言っても、希と一子とは小5からの付き合いですが、みのりと一子は本当に物心つく前から一緒だったと思うので、きっといろんな思いがあったんだろうな~と。

    それにしても、みのりと結婚してすっかり希の同級生たちに溶け込んでいる一徹ですが、彼の同級生の気配が全然ありませんよね…登場人物が増え過ぎるので省略されてるんでしょうが、一徹にも仲間エピソードがあれば良かったのに。
    あと、早くみのりちゃんに赤ちゃんを!
    野球チーム作るんでしょ?(笑)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 能登の仲間とは言っても、希と一子とは小5からの付き合いですが、
      > みのりと一子は本当に物心つく前から一緒だったと思うので、
      > きっといろんな思いがあったんだろうな~と。

      言われてみればそうですね。
      しかもみのりちゃん一家と一子ちゃん一家は家族も同然の付き合い。
      ということはみのりちゃんと一子ちゃんは姉妹同然です。

      > 野球チーム作るんでしょ?(笑)

      子供がなかなか出来ないことが、後々になって何かの事件を引き起こすようで、ちょっこりドキドキしています。

  2. メルママ より:

    今日の主役は完全に一子ちゃんでしたね。
    一子ちゃん、本当はずっと寂しかったんだなと思いました。
    今日は朝ごはん食べながら号泣しました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      一子ちゃんの本心が爆発した瞬間はたまりませんでしたね。
      無理に無理を重ねていたことが伝わってくる名演・名場面でした。

  3. koji より:

    洋一郎くんの号泣に高志くんが寄り添って涙してるシーンが感動的でした。

    ふたりとも『男』ですね!。

    このふたりにも幸あれ(笑)。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 洋一郎くんの号泣に高志くんが寄り添って涙してるシーンが感動的でした。

      仲間の大切な瞬間に、高志くんはいつも一緒にいてくれて優し過ぎです。
      高志くんのブレイクする日が楽しみです。

  4. むいむい より:

    いつも楽しくお邪魔してます。

    そろそろ「能登編second」ですね。
    個人的には NHK版板尾の嫁が楽しみです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 個人的には NHK版板尾の嫁が楽しみです。

      陶子さん以来のヒロインの天敵になるみたいです。
      僕も楽しみでなりません。

  5. えびすこ より:

    振り返ると希と一子の間にすきま風が吹き出したのは高校卒業あたりでしょうか?一子がアパレル店の店員ではなくなった経緯を忘れましたが、夢破れた乙女の一子。希をうらやましく・ひがんていたのでは。
    一子役の清水さんは今日のメレンゲの気持ちに出ます。
    ところでこの番組はお笑い芸人の人が端役でかなり出ていますね。
    終盤になっても何人が出そうです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > ところでこの番組はお笑い芸人の人が端役でかなり出ていますね。

      お笑い芸人はインパクトが強いですからね。
      端役の存在感が濃厚だと、ドラマを隅々まで楽しめます。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ