まれ 111話 元治が夢見る第二の人生

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『まれ』
2015年8月5日(水)放送
第19週 第111話「潮時じゃがいもガレット」

『まれ』第19週 第111話「潮時じゃがいもガレット」あらすじ

希は元治が心配でした。塩づくり職人からの引退を宣言したことで力を落としているのではないかと希は元治を案じたのです。しかし希の心配は杞憂に終わりました。希が元治の様子を見に桶作家を訪ねると、元治は近所の面々と歌や踊りに興じているところでした。

元治は明るく言い切りました。これから世界中の祭りを訪ね歩いて第二の人生を謳歌するのだと。元治のそんな様子を、希は弥太郎に報告。しかし弥太郎の返事は意外なものでした。後継ぎがいないことを元治は寂しく思っているはずだ。無理をしているのだと。

弥太郎から元治の本心を聞かされた希は再び元治のもとに駆けつけました。希は元治を説得します。塩田の後継ぎを探そうと。しかし、これまで何人も弟子をとったものの誰一人続かなかった。後継ぎは無理だと希の提案を一蹴します。

希と元治のそんなやり取りを横で聞いていた徹が、その場の思いつきで自分が塩田を継ぐと言い出しました。元治の気持ちを汲もうともしないその徹の態度に一徹は怒りを爆発させました。そして一徹は宣言するのでした。自分が塩田を継ぐと。

<<前回110話 | 次回112話>>

『まれ』第19週 第111話「潮時じゃがいもガレット」
 事前発表あらすじのレビューと解説

自身も職人である希は元治が心配でした。塩づくり職人を引退することで元治は元気をなくしているのではないかと。自ら宣言したとは言え、一生を捧げた愛する職業からの引退は寂しいものです。とりわけ職人の場合、なおさらのことでしょう。

しかし、意外にも元治は元気でした。よく道一筋の職人さんは、自分からその職を取ったら何も残らないと語ります。しかし、元治さんは塩づくりをとってもまだ残るものを持っているのです。元治さんは「祭り馬鹿」です。塩づくりを取っても「祭り」が残るのです。

元治さんは塩づくりを引退した後、「祭り馬鹿」を極めつくす人生を選ぶのが希望です。世界中を旅して周り、ありとあらゆる国の祭りを見て回りたいというのが元治さんの望む第二の人生の送り方。

それが元治さんの本心なのか、塩づくり職人を引退する別の理由を人の眼から隠すものなのか。今の時点では定かではありません。しかし、元治さんには是非「祭り馬鹿」を極めて頂きたい反面、世界中を飛び回ると能登での出番が少なくなりそうで、それがちょっこり心配でもあります。

『まれ』第19週 第111話「潮時じゃがいもガレット」
 朝ドラ観賞後の感想

今日も朝から三人の名優の競演

弥太郎さんと同様に文さんも元治さんが無理をしていることは承知しているはず。今が潮時だと元治さんが考えていると言われなくても文さんはわかっているはず。しかし、それらをひた隠しにして元治さんのプライドを保とうとする文さんの気遣いが繊細過ぎる。

だいぶ無理をしていると元治さんの本心をいとも簡単に見抜いてしまう弥太郎さんの名演が今朝も味わい深い。希ちゃんの言葉を借りれば、希ちゃんの報告を受けた時の弥太郎さんの「妙な相槌」、あれはアドリブでしょうか。あの相槌は深かった。

前回まで沈んだ顔をしていた「吹っ切れた」フリをする元治さんの明るい顔と、その合間に見せる諦めの表情。一徹くんが塩田を継ぐと宣言した時に見せた、元治さんの不敵な微笑は喜びの表情なのか、諦念の表情なのか。本心がまるで読めない元治さんの表情。

三名優の芝居に、今日も朝から圧倒されました。

一徹くんの名演も光る

思い詰める元治さんと文さんの傍には常に一徹くんの姿。その時、すでに一徹くんは塩田を継ぐことを決意していたのでしょうか。決意していたにも関わらず、そのことを元治さんに言い出しかねていたのか。それともまだ決断がつかなかったのか。

その一方で募る父親への不満と同情。三名優の技が光る中で、若手でたった一人揺れる心中を表現していた一徹くんの演技も見応えがありました。

そんな本気な表情を見せるその一方でまさかの運動音痴。高校時代の一徹くんが野球部に所属しながらプレーには全く加わらなかった理由が分かり過ぎるくらい良く分かりました。果たしてあの運動神経で塩田職人がつとまるものなのか、ちょっこり心配です。

<<前回110話 | 次回112話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

4 Responses to “まれ 111話 元治が夢見る第二の人生”

  1. スピカ より:

    今回徹さんにキレる一徹が着ていたTシャツが
    前にコメントで書いていた、希とお揃いのコアラTシャツ。
    運動神経はまったく無くて残念な一徹ですが
    それぞれ結婚して家族を持っても、一徹と希の姉弟の絆がしっかり繋がっているようで
    まんで嬉しいわ~◎
    (同じ輪島市でも私のところでは“まんで”は使わないんですよね~)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 一徹と希の姉弟の絆がしっかり繋がっているようでまんで嬉しいわ~◎

      髪を頭のてっぺんで束ねるの姉弟お揃いでしたね。幼少時に苦労をともにしただけに絆も太いのかも知れませんね。

  2. やまぐち より:

    初めまして!
    第1回の放送以来、毎回欠かさずに見ています。
    テーマ曲の「希空」歌:まれ出演者の皆さんになっていますが、希空の歌の収録風景をオープニングの時に一回見てみたい感じもします。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 希空の歌の収録風景をオープニングの時に一回見てみたい感じもします。

      同感です。さぞかし楽しい収録現場だったのだろうと歌声からも想像がつきます。
      追加されたオープニング映像の撮影場面と合わせて見せてほしいものですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ