まれ 122話 洋菓子店開業準備する希

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『まれ』
2015年8月18日(火)放送
第21週 第122話「復活マルジョレーヌ」

『まれ』第21週 第122話「復活マルジョレーヌ」あらすじ

希は、徹の企画書をもとにケーキ店開業の準備をすすめるものの、決定的に不足しているものがあることに気がつきました。それはお金です。開業資金は最低でも600万円が必要となるにもかかわらず、希と圭太は二人合わせても100万円足らずの貯金しかありません。

借金にトラウマを抱える希は迷った末に融資を受ける決意を固めました。しかし、実績のない個人事業主に融資してくれる銀行はありませんでした。落胆して帰宅した希は、塗師屋で意外な人物と再会しました。高志が来ていたのです。

仲間たちも集まり高志との再会を喜び合いました。しかし、一子の電話で思いがけない事実が明らかになりました。高志は事務所から失踪し、そのことがニュースで報じられる騒動にまで発展していたのです。

一方、能登の農産物を使ったケーキをつくれば農協から融資を受けられるという一徹のアドバイスを受けた希は早速農協へ。しかし、希の事業計画は貸付担当のみのりに一蹴されてしまいました。みのりは「融資の鬼」と呼ばれ恐れられている存在だったのです。

<<前回121話 | 次回123話>>

『まれ』第21週 第122話「復活マルジョレーヌ」
 事前発表あらすじのレビューと解説

朝ドラ『まれ』製菓監修をつとめ、希のキャリアの参考にもなっている辻口博啓氏が、はじめて自分の店を東京・自由が丘に開店した時の開業資金は、金融機関からの融資ではなく辻口氏の将来性に魅力を感じたある資産家からの出資によるものでした。

希の能登での開業にも資産家が出資。そして、その資産家はサプライズ・キャスト。そんな展開を期待していたのですが、希は金融機関から融資を受けて開業資金を調達するという普通の道を選択します。

さて、今週の物語のタテ糸が希のケーキ店開業なら、ヨコ糸は高志のエピソードということになるかも知れません。前週にメジャーデビューを果たしたばかりの高志は所属事務所から逃亡し能登にやってきます。

高志が所属事務所を逃げ出した理由。逃亡先として選ぶのにはすぐに足がつきそうな能登にわざわざ戻って来た理由。それら理由が今週、少しづつ明らかにされてゆきます。

『まれ』第1週のナレーションの言葉を借りれば「影の薄い」高志が、他のキャラの追随を許さないほどに注目を浴びそうな騒動をこれから巻き起こすことになりそうです。

『まれ』第21週 第122話「復活マルジョレーヌ」
 朝ドラ観賞後の感想

圭太くんがますます男前!

借金の深いトラウマを抱える希ちゃんが夢を叶えるには借金を余儀なくされる事態に。迷いに迷った末に借金する決断を下した希ちゃんでしたが、過去の悲劇がフラッシュバックし借金の「しゃ」のを圭太くんに言い出せない。

その希ちゃんを圭太くんが励ましつつも静かに見守る。最初の「しゃ」の字を口にするのは希ちゃんにとっては崖からジャンプするのに等しい勇気が必要。その勇気を振り絞る希ちゃんをじっと見つめる圭太くん、本当にいい男になりました。

前回、希ちゃんを守るには「われ(お前)の器が試される」と弥太郎さんに質された圭太くんでしたが、器が試される最初のテストはみごとにパスしたと考えて差し支えないかも知れません。いい男になりました。

融資の鬼

みのりちゃんがまさかの融資の鬼。しかし、みのりちゃんが融資の鬼を演じているのは彼女の優しい性格がそうしているのではないかと思います。

融資を受けるための事業計画が甘ければ、仮に融資を受けたところでその商売は失敗し、融資の返済が出来ないだけでなく、商売そのものが二進も三進もゆかなくなるはずです。そんな最悪の事態を未然に防ごうというみのりちゃんの優しさなのでしょう。

今回、みのりちゃんの隣席にいた上司らしきおじさんが、あの調子で希ちゃんの融資を受けていたら、「自己破産、失踪、心中・・・」という希ちゃんの心配は、そのまま現実になっていたかもです。みのりちゃん、いい仕事してます。

余談ながら希ちゃんの能登での洋菓子店開業。僕は異なる方法での開業を予想していました。朝ドラ『まれ』製菓監修の辻口パティシエが自由が丘に初めて店を開いたのは岡山県の資産家の出資を受けての開業でした。

その事実を原案にして、高志くんの両親が実はとんでもない資産家で開業資金調達に苦悩する希ちゃんに1億円を出資する・・・なんていう展開を予想してました。しかし実際は農協で融資を受けるという普通の開業。またしても予想をはずしました。

<<前回121話 | 次回123話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

6 Responses to “まれ 122話 洋菓子店開業準備する希”

  1. きみ より:

    こんばんは。

    みのり「うち(私)には融資の鬼やおるさけね」ということだったんですね~。
    ところでみのりは育児休暇を1年とるとしたら、40歳くらいまでに9人産むなら1年働いて1年休みを9回繰り返すんでしょうか・・・。途中で職場にいづらくなるんじゃと思ってましたが、今日の職場での立ち振る舞いを見て、その心配はなさそうだなと思いました。

    今後は無理してる藍子さんやわけありの高志も気になります。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 今日の職場での立ち振る舞いを見て、その心配はなさそうだなと思いました。

      本人自身もこの先いづらさを感じることはなさそうだし、あれだけの逸材を農協も簡単には手放さないかも知れませんね。

  2. ちょこぱん より:

    初めまして。
    ほぼ毎日このサイトを見させていただいております。
    一子の字が市子になっています。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      ご指摘ありがとうございます。
      早速、訂正させて頂きました。
      今後とも当ブログをよろしくお願い致します。

  3. 通りかかった より:

    まれの新店の名前は 魔女姫の英訳?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      英訳か仏訳みたいですね。後刻、記事にまとめますのでお待ち下さい。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ