まれ 131話 困難な仕事と育児の両立

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『まれ』
2015年8月28日(金)放送
第22週 第131話「出産クッサンベイビー」

『まれ』第22週 第131話「出産クッサンベイビー」あらすじ

希は深く悩んでいました。子供たちを犠牲にしてまで店を続けていいものなのかと。一子や高志が希の出産のお祝いに能登まで駆けつけてきたものの、苦悩する希に声をかけることが出来ずにいました。

一方で圭太も希の苦悩に心を痛めていました。店を閉めた場合に残った借金の心配をする圭太に一徹は言いました。今は希の心をほぐすことが大切だと。洋一郎にも励まされ、圭太は希が子育てと仕事を両立出来るようにしようと腹をくくります。

文も、深く落ち込む希を諭しました。希が悩むべきは、店を続けるか続けないかということではない。仕事の犠牲になっていると子供に感じさせない生き方をどうやったら出来るのか。悩むべきはその点だと。

そんな中、圭太は希が店に出ても子育てと仕事の両方をしっかりとこなせるよう藍子や亜美たちに協力を求めました。圭太の励ましで希はフランス菓子店「プチ・ソルシエール」の継続を決意。営業再開日を翌日に迎えるのでした。

<<前回130話 | 次回132話>>

『まれ』第22週 第131話「出産クッサンベイビー」
 事前発表あらすじのレビューと解説

常連客からのケーキの特注を断りきれず、希が子守りの一切を圭太に任せて家を出たのが前回。今回はその続きで、その日に歩実は熱を出してしまいます。

この事態に動揺した希は仕事と育児を両立させる生活が本当に出来るのか迷いが生じ始めます。そんな希の迷いを見透かした藍子が、珍しく希に厳しい言葉を浴びせかけます。言葉が厳しくなるのは娘と孫への深い愛情から出たものです。

一方で文が希に育児と仕事を両立させる知恵を授けます。これは予想ですが、文が子育てしていた頃、家にあっては民宿を営みその一方で元治の塩田の作業を手伝い、民宿に客が来ない季節は朝一の手伝いと働きづめだったのではないかと思います。

そんなハードな日々の中で培った育児と仕事を両立させる知恵。文の、経験に基づいた深い人生の知恵を学ぶことが出来そうです。

そんな中、歩実の発熱騒動を経て、圭太は育児と仕事の両立させる具体的な手立てを真剣に検討しはじめます。希が能登に戻ると決めた時、自分の使命は希の夢を守ることにあるという意味の言葉を口にした圭太。その言葉を今もしっかりと肝に命じているようです。

『まれ』第22週 第131話「出産クッサンベイビー」
 朝ドラ観賞後の感想

息が止まったら呼んでやる

今日の希ちゃんはあまりにも痛々しかった!

わざわざ東京から駆けつけて来た高志くんや一子ちゃんと会話が出来ないほどの追い詰められぶりが気の毒過ぎる回でした。

歩実ちゃんの入院騒動がトラウマとなってしまった感のある今の希ちゃんの問題は、仕事を取るか子育てを取るかとい選択では済まされない。

仕事を取るか子供の生命を取るかくらいの重たい選択を迫られていると言っても差し支えないかも知れません。

しかし、より正確に言えば「重たい選択を迫られている」のではなく、ストイックな性格と入院騒動のショックによって、そこまで自分で自分を追い詰めてしまった。

そんな希ちゃんを客観視する文さんが、からかうような目つきで「息が止まったら呼んでやる」と軽口をたたく。

軽口をたたくことで希ちゃんを我に帰らそうとしたのでしょう。さすがは文さんの洞察力です。ただ、残念ながら希ちゃんには通じなかったようですが。

子供に自分が犠牲になっていないと思わせる生き方

上に続いて文さんが希ちゃんを諭した際に言った「子供に自分が犠牲になっていないと思わせる生き方」という言葉も深い。

しかし、具体的にどのような生き方が「子供に自分が犠牲になっていないと思わせる生き方」なのか。

仮に夢を叶える生き方が「子供に自分が犠牲になっていないと思わせる生き方」だとしても、その生き方を貫き通した幸枝さんは娘の藍子さんに「犠牲」と思わせてしまった。

大悟シェフの夢を追う生き方も息子のゴン太くんに無価値感を植えつける結果を招いてしまった。

藍子さんもゴン太くんも、成人してから「犠牲」のトラウマは克服したものの、実に難しい問題です。

視聴率速報

第22週「出産クッサンベイビー」の視聴率が好調です。月曜日から木曜日までの平均視聴率推移は以下の通りです。

月:20.5 / 火:19.1 / 水:22.0 / 木:20.6

この調子が続けば、第22週は第13週以来となる週間平均視聴率20%台を回復することが出来るかも知れません。

結末に向かって、復調してほしいものです。

<<前回130話 | 次回132話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

12 Responses to “まれ 131話 困難な仕事と育児の両立”

  1. スピカ より:

    圭太が子供のために作った頭のところに回る玩具。
    ウサギやクマに混じって、漆のお椀、ケーキにクッキー、スプーンやフオーク、輪島大祭のキリコなど圭太ならではのチョイス。
    縫い目はとにかく、ちゃんと形になっていてさすが職人!手芸部だったみのりちゃんにでも教えてもらったのかしら?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > ウサギやクマに混じって、漆のお椀、ケーキにクッキー、スプーンやフオーク、
      > 輪島大祭のキリコなど圭太ならではのチョイス。

      さすがの観察力ですね!
      僕は輪島大祭のキリコしか気が付きませんでした。しかも、輪島大祭のキリコをはじめは下手くそな出来栄えの自動車と思ってました。(笑)

  2. koji より:

    ふ、と寺岡家のゴン太くんを思い出しました!。

    今後、横浜編の主要キャストも続々能登に乱入?となれば、おのずと?(笑)。

    輪島のゴン太くんと横浜のゴン太くんの共演(ふれあいシーン)の期待も高まります!。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      そう言えば芝ワンコのゴン太くんを最近見てないですね。
      横浜のニャアニャも懐かしいです。

  3. koji より:

    『まれ』も残り1ヶ月になりましたね。前作の『マッサン』では丁度今頃は、一馬の出征の要請が届いた頃でしょうか。。。

    いよいよ佳境ですね!。

    前作の佳境は涙腺が崩壊しっぱなしでしたが果たして本作はどうなるのか?。

    それは、あさイチのオープニングでの有働アナの涙腺の緩み具合をバロメーターとしましょうか(笑)。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      最終週は涙腺が危険になるかも知れません。
      特に最終回は・・・しかし最終回に『あさイチ』がないのが惜しまれます。

  4. ちぃちぃ より:

    おはようございます。

    希ちゃんが安心してパティシエに戻れるように奮闘する圭太君の姿が頼もしかったです。
    以前は「仕事と結婚とどっちが大事なんだ」と言い放ったり、『なんだよこいつ、希ちゃんの夢を応援するって言ってたのは口ばっかりかよ』と思わせる節が多々ありましたが、大人になったものです。

    いやな顔一つせず協力してくれる亜美さん達もありがたいですね。
    希ちゃん、しっかり店を切り盛りして、恩返ししなくちゃいけないです。

    文さんの言葉もあいかわらず深いです。
    「子供達に、仕事の犠牲になってると思わせないことが大事」
    仕事を育児の言い訳にしたり、育児を仕事の言い訳にしたりしてはいけないということでしょうね。
    「お母さんは忙しいからかまってくれない」
    「自分たちがいるからお母さんは仕事がうまくいかない」
    どっちも子供に感じさせてはいけないことです。
    わかってはいても、難しいことですね。

    一子ちゃん、みのりちゃん、マキさんの三人に囲まれて、バツが悪そうな元治さんが可愛かったです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      圭太くんのここまでやるかという至れり尽くせりの応援、これはたいしたものでした。「反省してください」は相当効き目があったみたいですね。

      > バツが悪そうな元治さんが可愛かったです。

      言葉ひとつ発せず、表情も変えず。でも圧倒的な存在感。座っているだけで3人の女の子たちよりも目立つ。すごい役者さんだなと思いました。

  5. かおりんご より:

    今日の放送は育児と仕事の両立についての話が出ましたが、自分のことのように見てしまいました。
    私も子供を犠牲にしてないかなと、いろいろ考えさせられたような気がします(+_+)

    あと、一子ちゃんとみのりちゃんとマキさんがお茶してるシーンで元治さんが男一人ポツンと一緒に座ってるのが、なんだか面白かったです(笑)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      犠牲にされていると思わせない生き方。
      深い言葉でしたが、具体的にどのような生き方をすれば、子供は自分が犠牲にされていると思わせずに済むのかが気になりました。それは自分で探せということなのでしょう。

      > 元治さんが男一人ポツンと一緒に座ってるのが、なんだか面白かったです(笑)

      男一人、しかも若い女の子に囲まれておじいちゃんが一人。それでも浮いてしまわないのがさすが元治さんです。

  6. ゆら より:

    「まれ」大ファンです!! 朝の15分がとても楽しみ!! 一子のスピンオフ観たいな(*^_^*)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 一子のスピンオフ観たいな(*^_^*)

      清水富美加さんのメディア露出度が急増しているので、
      あり得なくもないですね。

      例えば一子ちゃんと洋一郎くんの関係は本編では未回収のままで終わらせ
      スピンオフで回収を図るとか・・・

      洋一郎くんには気の毒ですが。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ