まれ 135話 菓子店アルバイト・沙耶

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『まれ』
2015年9月2日(水)放送
第23週 第135話「いっぱい失敗タルトタタン」

『まれ』第23週 第135話「いっぱい失敗タルトタタン」あらすじ

「プチ・ソルシエール」のアルバイト募集の貼り紙を見て、早速、一人の応募者が希の店にやって来ました。しかし、その応募者の本当の望みは希のもとでパティシエ修行をすることでした。希は自分も修行の身であることを理由にその申し出を断ります。

一方、圭太は歩実と匠に輪島漆の魅力と漆塗りを伝授しました。すぐに飽きてしまう歩実に対して匠は黙々と作業を続けます。はじめて体験する匠の漆塗りは思いのほか上手で、漆塗りに関心を示す匠に圭太は喜びに舞い上がってしまいます。

その翌朝、パティシエ修行を希に断れた沙耶が再び「プチ・ソルシエール」にやって来ました。かつて大悟が出演した料理対決番組を小学生の時に見た沙耶は、それをきっかけにパティシエになろうと決意。世界一のパティシエのもとで修行することが悲願だったのです。

沙耶からケーキを絶賛された希は、浮かれて自分の夢は世界一のパティシエになることなのだと双子に聞かせました。そんな希に歩実が尋ねます。世界一のパティシエになるのはいつのことなのかと。歩実に容赦なく追求され、希は答えに窮してしまうのでした。

<<前回134話 | 次回136話>>

『まれ』第23週 第135話「いっぱい失敗タルトタタン」
 事前発表あらすじのレビューと解説

今回から新キャラの登場です。

フランス菓子店「プチ・ソルシエール」は地元の人々に愛される店として繁盛し、希一人で店を切り盛りするのには限界が近づいて来ました。そんな中で希はアルバイトの採用に踏み切ります。店のアルバイト募集の貼り紙をすると早速一名の応募。それが新キャラです。

「プチ・ソルシエール」のアルバイト募集の貼り紙を見て応募して来たのは沙耶という名の女の子。映画『烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー THE MOVIE』などの飯豊まりえが演じます。

沙耶は知っていたのでしょう。希が巨匠のもとで修行した実績を持つ優れたパティシエであることを。沙耶は単なるアルバイトとして働くのではなく、希の弟子入りを希望。しかし希はその申し出を却下。それでも尚、希に食い下がる沙耶。

大悟に食い下がったかつての自分の姿を、希は沙耶に見いだすのでしょうか。

一方で、夢がないことが懸案となっている匠が意外な一面を見せはじめます。圭太は双子に漆塗りを伝授。父親に教わったことを器用にこなす反面飽きっぽい歩実。一方の匠は、失敗せぬよう慎重に慎重に作業しながらも飽きもせず黙々と取り組む姿を見せる。

匠は大器晩成型なのかも知れません。しかし、焦る圭太の不用意な一言が匠をさらに追い詰めてしまいます。

追記:新キャスト
アルバイト店員・沙耶:飯豊まりえ

『まれ』第23週 第135話「いっぱい失敗タルトタタン」
 朝ドラ観賞後の感想

匠くんへの過剰な期待

前回描かれた匠くんへの無用な心配に引き続いて今回は過剰な期待。この先の匠くんがらみの騒動のエピソードに繋げるのに作劇上必要な「心配」や「期待」とは言え、匠くんが気の毒でなりません。その傍らで、歩実ちゃんが疎外感を感じてやしないかと心配です。

そんな中、双子の漆塗り体験の場面で匠くんに面々の注目が集まる中、お絵描きをはじめる歩実ちゃんのへのフォローを忘れないアンヌ隊員の気遣い。その気遣いにさりげなく乗っかるかおる(四代弥太郎)さん。老夫婦の息の合い方に救われました。

一方で、一徹くんと徹志くん父子の安定感が心地よい。徹志くんは父親の塩田承継を宣言しているそうですが、本人の口からそれを言わせず、本人の前で誰もそのことを言わないのも実に爽やか。匠くんにもそのように接してあげてほしいと願うのは僕だけでしょうか。

世界一にいつなるが?大人やろ?いつ?

歩実ちゃんの「容赦ねえ追求」は、双子による両親への無意識の反撃か。希ちゃんは答えに窮し、そんな希ちゃんを見て見ぬフリする大人たち。

歩実ちゃんのまさかの一言が一瞬にして桶作家を気まずい空気に包み込みましたが、今回希ちゃんが感じたプレッシャーと同等か、あるいはそれ以上のプレッシャーを匠くんは感じているはず。そんな匠くんのプレッシャーが納得の行く形で回収されることを願っています。

ハートのペンダント

納得の行く形での回収といえば、このタイミングで登場した一子ちゃんに贈りそこねた輪島塗のハートのペンダント。危機感を煽る時によく用いられた挿入曲で圭太くんの危機感を演出していましたが、こちらの着地点も気になるところです。

双子と母親の夢問題と絡んで輪島塗のハートのペンダント問題は回収されるのか。それともお互いに関連なく、個別の問題として回収されるのか。ハートのペンダントに唯一反応した藍子さんともども回収されるのか。気になるところです。

追記

夜の桶作家。元治さんと二人きりになった文さんが描いていた絵は「ふみさん劇場」の続編でしょうか。

<<前回134話 | 次回136話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

12 Responses to “まれ 135話 菓子店アルバイト・沙耶”

  1. りっきー より:

    アンヌ隊員の恋人だったウルトラセブン。その不肖の息子ウルトラマンゼロ。そのウルトラマンゼロが命をかけて守ったのがエメラナ姫。そのエメラナ姫を演ずるは土屋太鳳。宇宙は繋がっていますね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      この繋がりは感動しました。
      まさかのアンヌ隊員出演にはこんな秘密が隠されているとは!
      これはすごい発見です。

  2. koji より:

    ハートのペンダント。。。  

    藍子さんにはバレバレでたね。。。

    かつての娘の恋敵だった、一子へのプレゼントを孫娘にその場しのぎで渡してしまったことを瞬時に察知した藍子さん。。。

    なんだかまた、一悶着ありそうな雰囲気ですね。

    それとも、ふたりして、そのまま墓場まで何事もなかったようにもって行くつもり?。。。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      まさかこのタイミングで、贈りそこねたあのペンダントが蒸し返されるとは思いもよりませんでした。どうやって回収するつもりなんでしょうね。

  3. koji より:

    これから録画して置いた本編を鑑賞しようと思います。
     
    と、その前に本作での能登空港と北陸新幹線の開港開業ですが

    現在のところ空港も新幹線も順調な業績なので敢えて取り上げなかったのかもですね。

    まあ、詳しい状況はわかりませんが。。。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      これまで世間の実在イベントをスルーしてきたので、能登空港と北陸新幹線もスルーとなるのかも知れません。

  4. さらさ より:

    大悟は希に対し、
    必ず世界一のパティシエになりなさいと
    言って送り出しました。
    あの時の一言が言霊になり
    歩実の体を借りて
    あの鋭い一言を言わせているような
    気がしました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      大悟シェフのその言葉をすっかり忘れていました。
      ご高察の通り、歩実ちゃんのいつになく厳しい口調、大悟シェフが乗り移ったようでしたね。

  5. スピカ より:

    明日のネタバレに書かれていて
    沙耶ちゃんが大きな黒いバッグを持っている意味が分かりました。
    専門学校の学生さんの必須アイテムを
    ちゃんとおさえているんですね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      専門学校の学生が大悟シェフの料理対決をテレビで観たのは小学生の時。時間の経過の描写も絶妙でしたね。

  6. ちぃちぃ より:

    おはようございます。

    圭太君、随分頼りがいのある男に成長したものだと思っていましたが、父親としてはまだまだですね。
    親に全く期待されないのも淋しいですが、親の期待が大きすぎてもその重さで子供が潰れてしまいます。
    今の匠君に必要なのは、あれこれ夢を押しつけることじゃなくて、あせらず時間をかけて見守ってあげることだと思います。

    希ちゃんは希ちゃんで、また昔の自分を彷彿とさせる人を簡単に採用してしまいましたね。
    以前『マ・シェリ・シュ・シュ』でスー・シェフをしていた時に、ちゃんと製菓技術を確かめずに弥生さんを採用して大変な思いをしたことをすっかり忘れてしまったのでしょうか。
    あそこまで不器用な人はそんなにいないかもしれませんが、今回の沙耶さんは、なんだか随分若そうです。
    もしかしてまだ学生さんだったりしたら、親の同意なしで採用してしまうと大変なことになりそうです。

    以前一子ちゃんにプレゼントしようとして結局渡せなかった輪島塗のペンダントを歩美ちゃんが見つけて自分のものにしちゃいましたが、これがまた何かの騒動を巻き起こすのでしょうか?
    でも、残り一カ月を切った今、そんなに大きな騒動を起こしても回収しきれないんじゃないかとも思ってみたり…。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      希・圭太夫婦がちょっこり危なかっしいのとは対照的に一徹くんの安定感とみのりちゃんの慎ましさが際立ちますね。

      老成している両親を持ち、徹志くんもまるで親父みたいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ