まれ 139話 世界一のパティシエの夢

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『まれ』
2015年9月7日(月)放送
第24週 第139話「女たちのジレンマムース」

『まれ』第24週 第139話「女たちのジレンマムース」あらすじ

世界一のパティシエにはいつなるのか。歩実のその言葉は希の頭から離れず、希は自分の夢について悩み続けていました。希は不安でした。自分のパティシエとしての腕前は一体どの程度のレベルなのか。

そんなある日、有名パティシエとなった陶子(TOKO)がテレビ番組『まんでマンデー』に出演。その番組が主催している「ママさんパティシエコンクール」で陶子が審査員をつとめることが告知されました。家族は希にすすめます。コンクールに挑戦しろと。

そのあくる日のこと「ママさんパティシエコンクール」への出演依頼が希に舞い込んできました。沙耶は希に無断でコンクール出場を承諾。一方、圭太とかおる(弥太郎)も希の背中を押しました。二人は希が女将をやめることを認めたのです。

一方、外浦村の「こども相撲大会」の日が近づいていました。優勝を目指して張り切る歩実に対して匠は乗り気ではありません。そんな匠も希は説得します。自分もコンクールに出るから匠も頑張ろうと。希はパティシエコンクールに出る腹を固めたのです。

<<前回138話 | 次回140話>>

『まれ』第24週 第139話「女たちのジレンマムース」
 事前発表あらすじのレビューと解説

第24週は、かつて横浜のフランス菓子店「マ・シェリ・シュ・シュ」のスーシェフをつとめていた陶子が再登場します。

前週、お母さんは世界一のパティシエになる夢をいつ叶えるのかと歩実から問われた希は、自分の夢と久しぶりに真剣に向き合いました。そんな希を、再登場の陶子が以前と同様に手厳しい態度でパティシエの原点に連れ戻そうとします。

陶子との再会のきっかけをつくったのは一徹でした。その頃、人気パティシエとして有名になった陶子が審査員をつとめるパティシエ・コンクールが開催されるという情報を一徹が入手。夢に迷う希の背中を一徹は押します。

希の背中を押し夢に向かって歩ませようとするのは圭太も同じでした。圭太は希をパティシエに専念させようと決意。迷う希の退路を絶つべく女将を辞めさせる決断を下します。

結末にかけて「世界一のパティシエ」になるという希の夢への歩みの物語が、今週からスタートです。いよいよ結末に向けて希は走り出します。

『まれ』第24週 第139話「女たちのジレンマムース」
 朝ドラ観賞後の感想

世界一のパティシエになる夢を思い出した希ちゃんに吹いてくる追い風が心地よい回となりました。期が熟すとはまさにこういう状態を言うのでしょう。今回、希ちゃんに吹いた素敵な追い風をまとめてみました。

陶子(TOKO)さん

最大の追い風はやはり陶子さんでしょうか。テレビを通じた陶子さんとの再会が、希ちゃんの家族と桶作夫婦にスイッチを入れました。

コンクールに出ろという一徹くんの言葉がトリガーとなり、家族の追い風が次々に吹きはじめるリズミカルな演出が心地よい。

匠くんと歩実ちゃんに入れ知恵する元治さんのいたずらっ子のような目つきがじじ可愛い。自分で言わず子供達に言わせるしたたかさがさすがです。

元治さんの入れ知恵で、失敗するのが怖いのかと母親に迫る匠ちゃんの勝ち誇ったような顔も可愛いことこの上ない。

希ちゃんの背中を押す面々の中、一人沈黙しながら何かを決意する圭太くんの表情が凛々しい。結末近くになってますます男に磨きがかかってきました。

追記:一段と美しくなった陶子さんの「なめるなよ!」は『ちりとてちん』小草若ちゃんの「底抜けに!」へのオマージュでしょうか。

四代目&五代目紺谷弥太郎(かおるさんと圭太くん)

桶作家で沈黙を保ちつつも決意を秘めた表情を見せた圭太くんの考えていたことは、希ちゃんの女将卒業でした。

先代・弥太郎さんの言葉も心に沁みます。

前代未聞の女将など詰り倒したのは半分は本音。迷惑に思っていたのかも知れません。しかし前代未聞の事態を乗り切った希ちゃんを手放しで称賛する先代はやっぱり男前です。

希ちゃんが能登に戻ってきてから起こした騒動をチクリと突ついたのも、今後、同じようなことが起きてもめげるなという先代なりの励ましだったのでしょう。

そして、それに続く三人の職人たちのサムアップ。

いよいよクライマックスに向けての最後の疾走がはじまった。そんな感じに満ち溢れたしっとりしつつも躍動感あふれる回でした。

<<前回138話 | 次回140話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

8 Responses to “まれ 139話 世界一のパティシエの夢”

  1. さらさ より:

    昨日の放送から陶子が再登場しました。
    高飛車なところは変わらないものの
    くだけたところがあったりと
    観ているこちらは少々戸惑いました(苦笑)
    そりゃ、お笑い芸人と言われるのは無理ないかも。

    けれど陶子は横浜編とはまた違うかたちで
    希に関わることになります。
    明日はそこが見所ですね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      陶子さんから見た希ちゃんは、はじめの頃は「邪魔者」。横浜編の後半は「脅威」。そして今回は「落胆」と「期待」いったところでしょうか。特に陶子さんが希ちゃんに抱いている「期待」の描き方が楽しみです。

  2. スピカ より:

    今日のオープニング『おっぱいがいっぱい』♪
    約30年前のこの曲を匠くんや歩実ちゃんが知るはずもなくく、マキちゃんはじめ大人たちが教えたんだなと思いました。

    今回桶作家のテレビが地デジ対応になっていたり、
    一子がスマホになっていたり
    また希たちの座っている所からのカメラワークでテレビの裏のセットがキッチリ作り込まれていて
    小道具さんや大道具さんの仕事っぷりが素晴らしかったです◎

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 小道具さんや大道具さんの仕事っぷりが素晴らしかったです◎

      小道具さんや大道具さんの仕事っぷりをしっかりとご覧になっているその観察眼も素晴らしいと思います。小道具さんや大道具さんも職人冥利に尽きるのではないかと思います。

      > 一子がスマホになっていたり

      恥ずかしながら一子ちゃんがアパートからマンションに転居したことくらいしか気が付きませんでした。

  3. ダニャン より:

    今週のタイトルは女たちのジレンマムースですね。

    最近は世界一のパティシエにむけて物語の展開がやや強引のように感じますが・・・。💦💦

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      ご指摘ありがとうございます。
      先週、今週、そして来週とサブタイトルが変更になったようです。
      早速、訂正させていただきました。

  4. koji より:

    いっぱいおっぱい

    あまりに連呼されるので

    頭の中が

    おっぱいでいっぱいになりそうでした(笑)。

    そして陶子さんは相変わらずの強さでしたね(笑)。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      陶子さんへの「アラフォー」というツッコミに時間の流れを感じずにはいられませんでした。美魔女となった陶子さん、まだ独身なんでしょうか。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ