まれ 143話 ルセットのヒント得る希

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『まれ』
2015年9月11日(金)放送
第24週 第143話「女たちのジレンマムース」

『まれ』第24週 第143話「女たちのジレンマムース」あらすじ

ルセットづくりに行き詰る希を圭太が諭しました。子供と一緒に過ごした日々はブランクではないと言ったはずだ。パティシエと子供、どちらか一つなど選べないと。気を取り直した希は久しぶりに子供たちと一緒に過ごすのでした。

希は再び前を向き始めました。パティシエと母親の両立をテーマにしたルセットを創ろうと希は決意。母親を表現する食材を探求する希は、母乳成分にして旨味成分でもあるグルタミン酸を最も多く含んでいる食材「昆布」を見出しました。

早速、希は沙耶とともに昆布と合う食材探しを開始。夜を徹した試行錯誤の末、希はついに昆布と合う食材を発見し、コンクールに出品する渾身の一作を完成。パティシエと母親の両立をテーマにしたそのケーキは「ドゥ・ヴィ(二つの人生)」と名付けられました。

圭太や沙耶も、希が試作を重ねた完成品の独創的な味わいに感激。新作のケーキを引っさげコンクールで捲土重来を期そうとする希に予期せぬ事態が発生します。子供たちの相撲大会は雨で延期となりパティシエ・コンクールの日と重なってしまったのです。

<<前回142話 | 次回144話>>

『まれ』第24週 第143話「女たちのジレンマムース」
 事前発表あらすじのレビューと解説

これまで希は、女将とパティシエ、そして家事と子育てを上手に両立させてきました。しかしそれは裏を返せば、何ひとつ極めていない状態だっと言えないこともありません。

しかし希は「世界一のパティシエ」になる夢を取り戻し、菓子職人の腕前に磨きをかけパティシエの道を極める生き方を選択しました。そしてパティシエの仕事にすべての力を注ごうとしたその時、それまで出来ていたと思い込んでいた「両立」が崩れ始めます。

これまで育児と仕事を上手に両立させていると思い込んでいた希には、育児と仕事の「両立」の破綻は想定外の苦悩だったに違いありません。希は音を上げ始めます。

しかしそんな希を、ストイックにものづくりを追求する圭太が許しませんでした。圭太は希を一喝します。子育てと仕事の両立の困難さは覚悟していたことではないのかと。

破綻した育児と仕事をリセットすべく、久しぶりに子供たちと向き合う希は、子供たちとの会話の中に、行き詰っていたルセットのヒントを見出します。圭太の叱咤が、希に大きな壁を乗り越えさせたのです。

希の行き詰まりと限界突破を描きつつ、そんな希の苦境に直面し圭太もまた自身の器が試される場面に遭遇。夫婦揃って成長を遂げる場面は今週の見どころの一つになりそうです。

『まれ』第24週 第143話「女たちのジレンマムース」
 朝ドラ観賞後の感想

「ドゥ・ヴィ(二つの人生)」

歩実ちゃんが「おっぱい」を繰り返していた理由が回収されました。おっぱい=母乳=グルタミン酸=昆布=味噌汁=お母さんの味。そしてお母さんの味がパティシエの素材を引き立たせることで母親とパティシエの両立を表現。上手なまとめ方だったと思います。

母親とパティシエの両立への決意のシンボルのようなケーキ「ドゥ・ヴィ(二つの人生)」のネーミングもケーキの名前とは思えないほど詩のように美しい。

実は僕は甘いものが不得手なので、これまで劇中スイーツにさほどの魅力を感じませんでした。しかし、今回ばかりは食べてみたい。そんな気にさせられる、あっと驚かされるような食材の組み合わせ。陶子さんの反応も見てみたいものです。

さて、母親とパティシエの両立のシンボル「ドゥ・ヴィ(二つの人生)」は完成したものの、今度は母親とパティシエの両立への決意を試されるかのような試練 = 相撲大会の雨天順延で相撲の応援を取るかパティシエコンクールを取るかの再度のジレンマ。

意地の悪い展開が続きます。

追記:今更ながら大悟シェフの言葉が理解出来た

横浜「マ・シェリ・シュ・シュ」編はじめの頃。クリスマスケーキのルセット漏洩事件で店が揺れる中、大悟シェフは言いました。命を削るような思いでつくったルセットを、そう簡単に作り直すことなど出来ないと。

実は、この時の大悟シェフの「命を削るような思いでつくったルセット」という言葉が今ひとつ理解出来ませんでした。ルセットづくりで命を削るってどういうことなのかと。ちょっこし大仰に過ぎる表現ではないかと。

しかし、昆布と合う食材を発見するために試作に試作を重ねる命を削るような努力をする希ちゃんの姿を見て、大悟シェフの言葉がやっと腑に落ちました。

【追記の追記】陶子さんにひからびてると言われて店を閉め、コンクールのためのルセットづくりに集中するために再び店を閉め・・・この閉店癖は大悟シェフ譲りでしょうか。

<<前回142話 | 次回144話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

10 Responses to “まれ 143話 ルセットのヒント得る希”

  1. koji より:

    まれの物語もいよいよ結末に向けて大きく動きだしましたね!。

    さて、本作では「まんで」と言うフレーズがよく使われますが本作での「まんで」は物凄くと言った表現ですが実は標準語の「まるで」と言う表現で使われることもあります。
     
    例えば、あこ(あそこ)の親子はよう似とる「まんで瓜二つやがいね」

    って具合です。

    まんでについてはまだまだ突っ込みどころがありますので

    おいおいと。。。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 「まんで」は物凄くと言った表現ですが実は標準語の「まるで」と言う表現で使われることもあります。

      上記部分を拝読しふと思ったのですが、標準語でかつては否定の文脈の中で用いられていた「全然」が、昨今は肯定の文脈の中でも用いられるようになりました。おくに言葉でもそういった変化は生じているのでしょうか。

  2. 応援歌 より:

    スピンオフ、決定しましたね!なんでも一子が洋一郎に嫉妬? 高志のその後も描かれるようで、すごく楽しみです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      またしても2本立てですね。
      あと1本追加して横浜の面々のストーリーも見せてもらいたいものです。

  3. koji より:

    今回のマキちゃんへの主題歌の応援歌は今のところ替え歌的な感じですが

    マキちゃんが再び東京へ向かう回のオープニングで特別枠で使用されたら感激ですね!。

    もちろん劇中での合唱はある筈だと思いますが


    7月29日以降は太鳳ちゃん作詞と公募者作詞が交互に使用されているので期待度も高まります!。

    一子ちゃんが固有名詞と名前はNGだと言ってましたからなおのことです(^_^)。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > マキちゃんが再び東京へ向かう回のオープニングで特別枠で使用されたら感激ですね!

      そういった使い方もありますね!粋な活用方法を期待せずにいられません。

  4. ちぃちぃ より:

    おはようございます。

    昨日の圭太君の「どっちか選べ」発言には随分ドッキリしましたが(なにしろ彼には依然希ちゃんに『仕事と結婚どっちが大事なんだ』と言ったり、一子ちゃんに『大阪か俺かどっちか選べ』的な事を言った過去があるだけに…)、「どっちも選べんのやろ」というセリフがあったことで、『ああ、なんだ、叱咤激励してたんだ』というのがやっと伝わりました。

    このセリフを日にちまたいで言わせるなんて、脚本家さん、ちょっぴり意地悪です(汗)

    ドラマのオープニングが、実は『マキちゃんへの応援歌』として、高志君が作曲し、海猫座の仲間たちが作詞した曲ってことになるんでしょうか。

    ドラマチックですね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      主題歌を劇中歌として使うなんて、なかなか粋なことやりますね。
      マキちゃんを送り出す時にどんな使い方をするのかがとても楽しみです。

  5. えびすこ より:

    先日土屋さんと波瑠さんの「ヒロイン引き継ぎ式」がありました。
    ところでまれは残り2週で最終盤なのに、一見するともうすぐ終わると言う様な展開に見えないですね。
    相撲大会のくだりが出ましたが第1週での砂浜での相撲の場面が懐かしいです。
    朝ドラ恒例のスピンオフドラマはあるのかな?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      スピンオフをつくるような話しは出ています。
      洋一郎くんと一子ちゃんの関係がお預け状態のまま終わりそうなので、この二人をネタに使うかも知れませんね。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ