まれ 146話 マキの門出/博之市長選

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『まれ』
2015年9月15日(火)放送
第25週 第146話「秒読みコンクールケーキ」

『まれ』第25週 第146話「秒読みコンクールケーキ」あらすじ

桶作家に泊まった大悟は、翌朝再び希の店にやって来ました。大悟は自分が世界一を目指したのも前妻を亡くしブランクの後だったこと。ブランクから立ち直ることが出来たのは、家族が自分を世界一だと信じてくれたからだと希に語り、能登を去って行きました。

ほどなくして一子が能登にやって来ました。しかし一子が来たのは帰省ではなく希の取材でした。世界パティシエコンクール日本予選出場まで取材したいという一子の言葉は希には寝耳に水のことでした。希はそのコンクールに応募などしていないのです。

一方、博之が長年勤め上げた市役所を辞め輪島市長選への出馬を表明しました。輪島塗の職人たちが博之を応援する中、圭太は一人、父の立候補に無関心でいました。かつて博之が市長選の売名のために塗師屋の名を利用しようとしたことを圭太は許せずにいたのです。

希のコンクール出場は大悟が勝手に申し込んだものでした。悩み抜いた末に、希はコンクール出場を決意。心を固めたその夜から、希は準備をはじめました。夜を徹した作業を終え店で居眠りした希が目を覚ますと、目の前に意外な人物がいました。大輔でした。

<<前回145話 | 次回147話>>

『まれ』第25週 第146話「秒読みコンクールケーキ」
 事前発表あらすじのレビューと解説

マキの最後の登場回です。夢破れて東京から逃れてきた過去へのトラウマを克服することが出来たマキは恋人からのプロポーズを受け入れることが出来ました。

いつも昭和の演歌を口ずさみ人生に悲観していたマキでしたが、幸福をつかみ夫となる男性とともに東京へ向かいます。

しかし、東京へのトラウマは克服することが出来たマキでしたが、心の中に大きく欠けたものがありました。それは故郷でした。

マキの生まれは能登ではなく青森です。しかしその青森にはすでに家族はなく、生まれ育った地は故郷とは呼べない場所になっていたのです。

幸福な未来が待っている一方で故郷がないことに寂しさを募らせるマキに、浩一とはるがはなむけとして贈った言葉がマキの心の欠けた部分を優しく補います。

外浦村を自分の故郷と思えばいいと。

いつでも帰ってこれる故郷を再び持つことが出来たマキは、東京へ旅立ちます。

そんな中、圭太の父・博之がついに市長選出馬を宣言。一方の希は自分の知らないところで自分が「全国フランス菓子コンクール」に出場することが決まっていました。

物語が結末に向かって大きく動き始めました。

『まれ』第25週 第146話「秒読みコンクールケーキ」
 朝ドラ観賞後の感想

希ちゃんがパティシエ・コンクールで惜しくも優勝を逃したケーキの試食をするため、はるばる横浜から能登にやって来た大悟シェフ。

試食した希ちゃんのケーキについて一番知りたかったことは、食材に何を用いたかではなくその食材を用いた発想の源がどこにあるかでした。

普通の人なら食材を知りたがるところを、その食材の発想元まで探求する大悟シェフ、さすが巨匠と呼ばれるだけのことはあります。

その巨匠が能登に来た目的は、ケーキの試食ではなく、そのケーキをつくった希ちゃんの成長を確かめ、再び世界一を目指せるかを確かめるためだったのでしょう。

8年前に自分の店を辞めたにもかかわらず、今もなお愛弟子が世界一になることを心から願い期待している師匠としての深い愛情がさりげなく泣かせます。

そして、前妻を亡くした後のブランクから這い上がり世界一にまでなったという大悟シェフの言葉はこれ以上ない希ちゃんへの励ましです。

大悟シェフは、家族が自分を世界一になると信じてくれたことが支えになったと希ちゃんに語って聞かせましたが、世界一になった男に世界一になれると信じてもらえている希ちゃんはどれだけ心強いことか。

世界一になった男から世界一になれると言われたに等しい上に、ブランクから立ち直った頃の大悟シェフに比べたらはるかに恵まれた境遇にある希ちゃんです。

残念ながら、朝ドラ『まれ』結末までに希ちゃんが世界一のパティシエになる姿は望めそうもありません。

しかし、将来において世界一のパティシエになれる。そんな風に確信を持てるような希ちゃんの姿を最後には見せてほしいと思います。

【追記】マキちゃんの門出が、事前あらすじと本編とで一話ずれてしまいました。お詫び申し上げます。

<<前回145話 | 次回147話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

10 Responses to “まれ 146話 マキの門出/博之市長選”

  1. たけ より:

    オフィシャルサイトに、「9/15(火)第146回の放送の中で一部不適切な内容があったため、修正いたしました。」とありますが、詳細はご存知ですか?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      オフィシャルサイトの記載そのものを初めて知りました。
      申し訳ないです。詳細はわかりません。

  2. koji より:

    「どん底から這い上がることが出来たのは輪子や美南や大輔が世界一だと信じてくれたからだ!」

    まさか大悟シェフからこんな台詞を聞けるなんて夢にも思いませんでした。

    横顔編では家庭をかえりみない仕事の鬼みたいな性格の大悟シェフを最終的には希が池畑一家の確執を回収させたような事になってましたが

    実は横顔編の間も心の奥底では、しっかりとした家族愛で池畑一家は繋がっていたことが改めてわかりましたね。

    さて、まんで下らないような話になりますが「美南」って名前を見る度に、ついつい「みなみ」じゃなくて「みみなみ」って読みそうな僕でありました(笑)。

    あ、そう言えば木南晴夏ちゃんきなきなみ」も最初は「きみなみ」だと思い込んでました(笑)。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございました。

      > 実は横顔編の間も心の奥底では、しっかりとした家族愛で池畑一家は繋がっていたことが改めてわかりましたね。

      家族が希ちゃんのケーキを豊かにしていると悟った大悟シェフとしては、そこを突けば希ちゃんの心を動かせる。そんな読みもあったのかも知れませんね。

  3. キヨコ より:

    子どもたちの 「元じぃ~!」から かのマハトマ・ガンジー師を連想していたのですが
    ふと 「塩の行進」した人だったなぁ と思い出しました

    塩の混ざった泥を煮詰めて塩を作り 英帝国から祖国の独立に導いたマハトマ(偉大なる)ガンジー

    元治さんは 外浦のマハトマ?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      「塩の行進」を初めて知りました。
      わかる人だけがわかればいい、そんなネタなのかも知れません。

  4. ちぃちぃ より:

    おはようございます。

    大吾シェフに続き、今度は大輔君が登場!
    こうなると、輪子さんや美南ちゃんや珍さんにも会いたくなってしまいます(さすがに無理かな)。

    あ、でも、パティシエコンクールの時にもしかしたら会えるかも…。

    楽しみが増えました(笑)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 輪子さんや美南ちゃんや珍さんにも会いたくなってしまいます

      珍さんが大好きでした。出来たら劇中で再会させてほしいです。

      • のよ より:

        珍さん! 私も大好きです。
        ものすごいキャラだと思います。日本人ではぜったいに醸し出せない存在感です。
        朝蔵さんが常々、文さんは無敵キャラだというようなことをおっしゃっていますが、その文さんと互角の最強キャラ、それが珍さんかも!?
        「まれ」に限らず、朝ドラは、脇役のにぎやかしが楽しいです。珍さんも、最強のにぎやかし、ですネ。

        • 朝蔵(あさぞう) より:

          コメントありがとうございます。

          > 「まれ」に限らず、朝ドラは、脇役のにぎやかしが楽しいです。

          激しく同意します。朝ドラの最大の楽しみは、脇キャラの愛すべき変人たちと言っても差し支えないほどです。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ