高畑充希が『とと姉ちゃん』ヒロイン役/来春朝ドラ

来春4月4日スタートのNHK連続テレビ小説(朝ドラ)『とと姉ちゃん』ヒロイン・小橋常子役を『ごちそうさん』の希子を演じた女優の高畑充希さんが射止めました。

「親父ヒロイン」を演じる高畑充希さんは周囲から「親父」と言われている

本作は実在の雑誌『暮しの手帖』を創刊した大橋鎮子(おおはししずこ)さんをモデルにしたヒロインの半生を描くドラマ。

戦前から戦後にかけての静岡と東京を舞台に、12歳で父親を亡くした主人公が母親と二人の妹を父親代わりになって支えるヒロイン像はズバリ「親父」。

一方、親父ヒロインを演じることになった女優の高畑充希さんは周囲から「親父」と呼ばれていると、以前NHKの何かの番組で自ら語っていました。

酒が入ると、語り口が「親父」そのものになるとの由。そのことが僕の記憶の片隅にあったので次作のヒロインが「親父ヒロイン」との発表があった際、真っ先に思い浮かんだのは高畑充希さん。それが実現してしまい驚きました。

『ごちそうさん』劇中で披露された美声の再現を期待

高畑充希さんと言えば忘れられないのは『ごちそうさん』で演じた希子。

暗い家庭で育ち引っ込み思案な少女だった希子が、嫁いできたヒロイン・め以子の感化を受け自信に満ち溢れた職業婦人になった物語後半の希子は親父そのものでした。

また、高畑充希さん演じる希子が劇中で繰り返し披露した美声も忘れることが出来ません。

『焼き氷の唄』からはじまり『ゴンドラの唄』『蘇州夜曲』など。ドラマ用に作曲された新曲から往年の名曲まで、美声に彩られた場面の数々はさながら希子のミュージカル。

『とと姉ちゃん』でも、その美声が披露されることを期待したいと思います。

高畑充希(たかはた みつき)プロフィール

  • 生年月日:1991年(平成3年)12月14日
  • 出生地:大阪府東大阪市[
  • 舞台:『ピーター・パン』『奇跡の人』『美男ですね』
  • 映画:『女子ーズ』『アオハライド』『バンクーバーの朝日』
  • テレビドラマ:『ごちそうさん』『軍師官兵衛』『問題のあるレストラン』
【追記】映画『バンクーバーの朝日』は、宮崎あおいさん、貫地谷しほりさんなど朝ドラ・ヒロインの出演が話題になりました。高畑充希さんのヒロイン決定により、朝ドラ・ヒロインを三人も抱えることになった本作ですが、出来栄えは少々残念なものでした。

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

12 Responses to “高畑充希が『とと姉ちゃん』ヒロイン役/来春朝ドラ”

  1. えびすこ より:

    よく考えたら「朝ドラヒロインになる前に大河ドラマに出たことがある女優」でもありますね。ごちそうさんで義姉役だった杏さんもそうでした。他はカーネーションの尾野さんやまれの土屋さんもそうです。

    語尾が「ん」になる「ごちそうさん」だったからよかったのかも。語尾が「ん」にならない「ごちそうさま」や「いただきます」ではヒットしなかった?

    余談ですが篤姫と言う番組は改めて考えるとすごいですね。主役の宮崎さんが純情きらりのヒロインで、先ごろ結婚した和宮役の堀北真希さんが梅ちゃん先生、篤姫の最初の回に出た吉高さんが花子とアンのヒロインで、3人とも人気朝ドラ番組のヒロインですから。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 主役の宮崎さんが純情きらりのヒロインで、
      > 先ごろ結婚した和宮役の堀北真希さんが梅ちゃん先生、
      > 篤姫の最初の回に出た吉高さんが花子とアンのヒロイン

      これはすごい!記念碑的作品ですね。

      この豪華キャストを見てふと思ったのですが数年後にせまった朝ドラ第100作。一体どんなことになるんでしょうか。

  2. えびすこ より:

    昨日はNHKから発表がなかったのですが、一両日中に正式に発表されるでしょう。朝ドラヒロインになるまでNHKドラマ出演経験がない女優(マッサンのシャーロットさんを除く)はあまちゃんの能年さんが最後ですね。今後はNHKドラマ出演経験者から選ぶ方式が定着するかも?

    さて2017年大河ドラマなんですが、決定が10月以降になるような気がします。軍師官兵衛と花燃ゆが放送前々年の10~12月期発表なので、花燃ゆの撮影終了まで制作発表はないのではと見ます。

    >tondenさん
    尾野真千子さんがカーネーションのヒロインに決まる時に、NHKの発表の前に週刊誌で先に名前が出たことがあります。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      大河の新作発表が思いがけず早かったですね。
      2011年以降、主人公の性別が毎年交代するのが定着したようです。

  3. koji より:

    有村架純ちゃんですか。なるほど!。アリですね。有村架純ちゃんは東海テレビの昼ドラ「僕の夏休み」で知りました。

    この子は、これから絶対に女優として活躍すると思っていたので『あまちゃん』で見掛けたとき、嬉しかったのを思い出しました(笑)。

    あと朝ドラのヒロイン役としてはマッサンの

    すみれちゃん。早見あかりちゃんも適役だと思います(^_^)。

    あと、男性俳優さんが主役なら現在、清涼飲料水のコマーシャルにも出演されている『花子とアン』の「徳丸武」を演じた役者さん(すみません名前を忘れてしまいました(苦笑))も面白いかもです。

    朝ドラは、やもすると回をかさねるごとにシリアスなシーンが多くなりがちですが彼を起用すれば終始コミカルタッチなシーンが観られそうな気がします。

    そういう朝ドラもアリだと思います(笑)。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > すみれちゃん。早見あかりちゃんも適役だと思います(^_^)。

      彼女もいましたね。次作『あさが来た』のヒロインには実は彼女を期待していました。

  4. tonden より:

    ちょっと意外な感じですね。
    ただ苦言があるとすれば、事前に情報が漏れてしまったことですね。NHKから漏れたのか高畑さんの事務所から漏れたのか分かりませんが。
    今までの朝ドラヒロイン発表の時は、そういったことなかったはずですし。ちょっとお披露目の楽しみが半減してしまった感じは否めないかなと思います。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      本件、情報リークだったんですか!
      通常ならNHKのキャスティング発表のニュースは午後に配信されることが多い中、月曜日の早朝配信に違和感を感じていました。

  5. koji より:

    高畑充希ちゃん。僕もその可能性は大だと思ってました。

    「希子」と「希」。本作との役名繋がりもありますね。

    あと個人的には松岡茉優ちゃんや梶原ひかりちゃんなどもいつかはヒロインに選ばれないかなと期待しています!。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      僕は有村架純ちゃんのヒロインも期待しています。『あまちゃん』の時は実はピンとこなかったのですが『ビリギャル』で彼女の魅力がよくわかりました。

  6. えびすこ より:

    ごちそうさんの希子さんとは驚きました。「親父ヒロイン」と聞いたので、今30歳前後の女優の起用を予想してました。
    朝ドラで主人公の義妹を演じた人が2年後にヒロインとなりますね。
    高畑さんは主人公の40代までの時期を演じる見込みです。
    番組内では長女の立場でごちそうさんとは正反対になりますが、妹役2人は誰になるのでしょう?そして、職場のパートナーは誰になるんでしょう?
    とと姉ちゃんは主人公が結婚しないので、ロマンスのテイストが他に比べると薄いかな?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      二人の妹も重要なキャラになりそうなので、どなたが選ばれるのか気になるところですね。
      ヒロインの恋バナは、オリジナルエピソードが加えられるかもしれないですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ