まれ 152話 魔女姫バースデーケーキ

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『まれ』
2015年9月22日(火)放送
第26週 第152話「希空ウェディングケーキ」

『まれ』第26週 第152話「希空ウェディングケーキ」あらすじ

「世界パティシエコンクール日本予選」には大悟も競技者の一人として参加していました。驚く希に陶子は言いました。リスクを背負ってでも自分のケーキを世界に問い続けるのが大悟なのだと。希も意地を見せてみろ。陶子は希を叱咤激励します。

一方、一徹は会場で徹探しをするものの見つけることが出来ません。圭太は法律事務所に向かいます。その頃、大悟はトイレで思いがけない人物と遭遇しました。徹がいたのです。徹はここがコンクール会場になることを知り、派遣の清掃の仕事を入れていたのです。

競技が開始されました。希の作業のペースは極めて順調で、残り時間30分の時には仕上げの段階にまで来ていました。その時、大悟が希に声をかけました。大悟は希に告げました。会場となっている建物の中で徹と会ったことを。

大悟は続けます。魔女姫バースデーケーキは自分がつくった。徹がケーキを買った桜木町の店は前妻を亡くした後に閉めた店であることを。大悟の話しに衝撃を受けた希は自分の夢の原点を思い出しました。そして終了間際に予定にないものを作り始めるのでした。

<<前回151話 | 次回153話>>

『まれ』第26週 第152話「希空ウェディングケーキ」
 事前発表あらすじのレビューと解説

『まれ』第10週「逆転一発パンケーキ」で描かれた料理対決のテレビ番組『料理の巨人』を覚えておいででしょうか。倒産の危機に瀕した「マ・シェリ・シュ・シュ」の窮地を救い、希が大悟の店での修行を許されるきっかけとなった劇中の架空の番組です。

その場面で、極度の緊張から番組収録直前に出演を拒みはじめた大悟を希が説得しました。前妻を亡くした大悟の悲しみを支えてくれた今の家族のためにも覚悟を見せて欲しいと。そして希の言葉に心を動かされた大悟は、予定になかったパンケーキをつくりはじめる。

その時のエピソードと対をなすような演出の中、第10週「逆転一発パンケーキ」に登場した数々のエピソードが、今回と次回にわたってキレイな形で回収されます。今回登場する、希が予定外の行動を取るのは『料理の巨人』での大悟のパンケーキと対をなします。

そして大悟のパンケーキと対をなす、希が予定外の行動に至るまでの過程で、第10週「逆転一発パンケーキ」にて初めて明かされた大悟の前妻の死や、最愛の妻の死のショックからなかなか立ち直れなかった大悟の過去も回収。

みごとと言うしかないまとめ方ですが、詳細は伏せておきます。

『まれ』第26週 第152話「希空ウェディングケーキ」
 朝ドラ観賞後の感想

陶子さんの師匠愛

陶子さんはすでに自分の洋菓子店「パティスリーTOKO」を構えているはずです。その陶子さんが自分の店を休みにしたか、あるいは部下に任せて恩師のコンクール出場の手伝いに駆けつける恩を忘れないその姿勢が美しい。

そして意地を見せなさいと希ちゃんを叱咤激励するその口調は相変わらず辛辣な響きを持っていますが、今回希ちゃんに見せた微妙な微笑み。能登を訪問した際に、希ちゃんを「干からびた」と手厳しく罵ったあの言葉も応援だったのだと納得と安心の微笑みでした。

陶子さんの出演場面は、今回、あるいは次回が最後となるのでしょうか。実に素敵な女性でした。陶子さんを演じた柊子さんも、時折ブログをチェックしていましたが映画の趣味に自分と通じるところがあり親近感を抱いていました。また朝ドラで再開したいものです。

魔女姫バースデーケーキの秘密

かつて徹さんが魔女姫バースデーケーキを買った桜木町のフランス菓子店。希ちゃんはその店を探し出したにも関わらず、かつて感動した味とはほど遠いものだった。

昔の感動体験はその感動が増幅して記憶される。そんな一言で片付けられてしまった、希ちゃんが感じたギャップが最終週で回収されるとは驚きでした。しかも、大悟シェフのブランクの履歴も上手に活かされ秀逸です。

希ちゃんの夢の原点となった魔女姫バースデーケーキは、それを買ったフランス菓子店の味が落ちたという汚点が付いたままだったのがとても気になっていました。

しかし、原点となった魔女姫バースデーケーキは大悟シェフがつくったものでした。

最後の最後に、汚点が付いていた原点のケーキが大悟シェフの手によるものであることが判明。魔女姫ケーキが、夢の原点にふさわしいケーキに格上げされたその瞬間、希ちゃんが自分の夢の原点を思い出す展開が鮮やかで素敵でした。

結婚式!ほおいや

久しぶりの桶作家の野外ロケ。子供たちが「結婚!」と叫びガンジーが「ほおいや」と反応する。結末のフラグがさりげなく挿入。結末まで残すところ4話です。

<<前回151話 | 次回153話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

14 Responses to “まれ 152話 魔女姫バースデーケーキ”

  1. ミカコ より:

    魔女姫バースデーケーキの秘密が明かされましたが横浜で徹さんと会ったときに大悟さんは気づいてたけどあえて伏せておいたのでしょうか。
    それに、徹さんが魔女姫を連れてきた時にシェフの持ってた人形だって気づかなかったのでしょうか。
    まぁ、20数年前のその時点ではその先の展開は
    わからなかったでしょうね。
    あと、徹さんがケーキを注文する回想シーンのセットがプチソルに見えるのは気のせいにしておきます(^-^;

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 魔女姫バースデーケーキの秘密

      トイレで遭遇した大悟シェフと徹さんが交わしたであろう会話の中で、記憶が蘇ったのかも知れないですね。

      どんな会話が交わされたのか気になります。


      > 回想シーンのセットがプチソルに見える

      同じく桜木町の店は、通りの向こうにも店が軒を連ねてたと記憶していますが、気づかなかったことにしておきます(笑)

  2. りっきー より:

    今回のエピソードとは直接関係ないですが、
    太鳳ちゃんのブログに
    ”ロールケーキ甲子園”で優勝した人と
    希ちゃんがマシェリシュシュに押し掛けた日に偶然辞めた人の
    名前が同じ、というネタバレ(?)が書いてありました。

    そういう設定なら、それをさりげなく入れている脚本は素晴らしい!
    良さがわかる人はわかりますよ!

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 名前が同じ、というネタバレ

      偶然だったんですか!狙って同じ名前にしたものとばかり思い込んでいました。

  3. koji より:

    柊子さんも『まれ』のヒロインオーディションを受けていて次点だったそうですね。(間違っていたらゴメンナサイ)。

    本当に素敵な女優さんですよね!。

    本作では「女優として」本当に美しかったです!。

    今後の活躍も楽しみな女優さんですね(*^^*)。

    ほおいや本作の柊子さんは『純と愛』の吉田羊さんと似たキャラクターだったかもですね!。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      『純と愛』は観ていないので比較が出来ないんですが、柊子さんは吉田羊さんと似たテイストを持っているかと思います。ちょっと手厳しそうでしっかり笑いもとれるという。

  4. ひろ より:

    初めてコメントします。辛くもあり、甘くもあるこの場所が大好きです。
    まれの魔女姫人形を、たしか鉄人の番組でチラッとシェフが見て何かを思う顔をしたのを記憶してます。
    その時からきっと気づいていたのかなぁと、今回見て思いました
    まれ?大好きです。いつも彼女は一生懸命で、現実とはかけ離れた物語だけど、なんだろう。。。いろんな事を諦めかけてる私には、まだまだだぞ!と言われているような気にさせてくれる物語です。
    色々辛いコメントもありますが、ご都合主義の恋愛ドラマほど見ていてこんなに都合いい事あるかよ!と思うものもあるわけで。
    あり得ないことをあり得るように画ける事がドラマであり、映画なので、これはこれできちんと成立しているのではないかと思っています。

    カーネーションが生まれ故郷の物語だったのでそこから見始めた朝ドラですが、すっかりはまってしまいました。

    これからも、ここを1日の終わりの楽しみにしたいと思っています。
    あと少ししかないですが。。。
    まれと、まれの家族の、夢がそんなにうまくいくわけもなく、でも、少しでも軌道に乗ればなと思います。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      深い見方をされていますね。僕も現実からかけ離れながらも、ギリギリのところで現実感を保つ『まれ』のバランス感覚が好きでした。
      『カーネーション』と言えば、次作のヒロインは糸子さんに通じる、躊躇しているヒマがあったら突き進むタイプです。次作でも当ブログをご笑覧頂ければ幸いです。

  5. ショコラ より:

    まれ、大悟さん、陶子さん、圭太の表情を見ているだけで、
    胸に迫るものがありました。
    最後の最後まで、応援します!!!
    朝蔵さん、いつもすてきなコメントありがとうございます。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      能登の主要メンバーと横浜の主要メンバーが合流し、最終週にふさわしい素敵な場面でした。いよいよカウントダウンがはじまりましたね。

  6. まいもん より:

    こんにちは。
    昨日は大悟シェフの「叩きのめしてやる」に、今日は陶子さんの「意地見せなさい」に心撃たれました。
    今週は今までに無い号泣週となりそうです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 今週は今までに無い号泣週となりそうです。

      号泣のクライマックスも目の前に迫ってきました。
      ドキドキします。

  7. YOKO より:

    とても、楽しく毎日読みました。特に 外出などのため 番組が見られなかった日は、ねんごろに 読ませていただきました。朝ドラ まれ は、大好きでした。そして、このサイトが大好きでした。
    落ち着いた、推察、感想等、本当にすばらしい記事を毎日ありがとうございました!!!!!

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      当ブログがお役に立てて嬉しく思っています。
      次作も準備をすすめていますので、引き続きご笑覧頂ければ幸いです。
      今後とも当ブログをよろしくお願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ