あさが来た 84話 亀助とふゆ結婚し九州へ

連続テレビ小説(朝ドラ)『あさが来た』
2016年1月9日(土)放送
第14週 第84話「新春、恋心のゆくえ」

『あさが来た』第14週 第84話 「新春、恋心のゆくえ」あらすじ

亀助と彦三郎・平蔵のふゆをめぐっての乱闘騒ぎの末、亀助は晴れてふゆと結婚することになりました。新次郎とあさが仲人をつとめる亀助とふゆの祝言が執り行われ、二人の祝言に合わせて九州の炭坑から雁助も帰って来ました。

祝言から数日後。亀助とふゆは、雁助に代って二人で九州の炭鉱に行きたいと申し出、新次郎らは亀助のその申し出を快く受け入れました。炭鉱には再び亀助が出向くことも決まり、亀助とふゆは夫婦揃って炭鉱のある九州へと旅立つのでした。

一方、新次郎とあさは美和の店「晴花亭」で五代友厚と遭遇。友厚から近況を聞かされました。友厚はその頃、大阪に商業学校を開校する準備を進めていたのです。そして新次郎と友厚は度々「晴花亭」で会って話し込んでいることをあさは初めて聞かされます。

その頃、あさは銀行設立への夢を日増しに募らせていました。しかし、雁助の意見は相変わらずあさとは異なっていました。両替屋よりも炭鉱の方が取扱い高がはるかに大きくなっている事実を認めるものの、雁助は銀行設立には異を唱え続けていたのです。

<<前回83話 | 次回85話>>

『あさが来た』第14週 第84話 「新春、恋心のゆくえ」
 事前発表あらすじのレビューと解説

ついに亀助とふゆが結婚します。

史実では、あさの実在モデル・広岡浅子が嫁入りした際に実家から連れて来たお付きが、夫の目掛けとなり長男をもうけています。

そのため、新次郎に想いを寄せ続けてきたふゆが新次郎の目掛けになるのではないかと予想する向きもありましたが、ふゆ目掛け説は今回で完全になくなりました。

そして亀助とふゆの祝言に出席するため加野屋に戻った雁助は、加野屋の大番頭に復帰。入れ替わりで亀助が再び九州に向かいます。

かつては、ふゆと離れ離れになることから九州赴任が不満だった亀助ですが、今回の九州行きは心に一点の曇りもない旅になることでしょう。

以上にて「新春、恋心のゆくえ」は完結です。

さて、一方で五代友厚は商業学校の創立準備を開始。史実によれば五代友厚は、1880年(明治13年)11月に大阪商業講習所を創立。

簿記や商学を教える同校は、現在の大阪市立大学です。

『あさが来た』第14週 第84話 「新春、恋心のゆくえ」
 朝ドラ観賞後の感想

切な過ぎて胸がヒリヒリしてくるような亀助さんの純情。雪が舞う中、ひとり涙するふゆちゃんの薄幸。かたや、彦三郎お父ちゃんの本作では前例のないような傍若無人。

観ていて辛かったり、苦しかったり、そしてただただ驚かされたりすることが多かった一週でしたが、今回はそういった要素が一つもなく、遅ればせながらお正月のめでたいムードが漂う朗らから週の結びとなりました。

亀助さんとふゆちゃん

前作『まれ』で最後の最後まで恋を実らせることが出来なかった洋一郎くんのような結末だけは避けて欲しいとこれまでずっと願ってきた、亀助さんの恋がこれ以上ないほどのハッピーエンドを迎えました。

花嫁衣装を身にまとったふゆちゃんを登場させる演出も粋でした。

ふゆちゃんの姿をカメラは斜め後ろから捉え、鏡に映ったふゆちゃんの顔しか見せようとしない。目隠しをされた亀助さんが、ふゆちゃんの花嫁姿を初めてその目で見るまでは。

あまりの美しさに腰を抜かしかける亀助さんを見せてから、ふゆちゃんの花嫁姿を画面に披露する段取りが新郎への心遣いに満ちて素敵でした。

また、亀助さんはさすが子供向け番組の体操のお兄さんです。腰を抜かしたその演技が、見事に千代ちゃんの笑いを取る。亀助さんの反応に、千代ちゃんが元気よく笑い声をあげたのを僕は聞き逃しませんでした。

雁助さんとうめさん、そして榮三郎くんと許嫁

その一方で、二つの「ドキドキ(美和さんのセリフより引用)」が始まりました。雁助さんとうめさん。そして榮三郎くんと彼の許嫁です。

これら二つの「ドキドキ」の始まりの描写が実に秀逸。

久しぶりに加野屋に戻りうめさんに迎えられた雁助さん。うめさんとは言葉を交わさず無言を貫くものの、心と心が通い合っているのがよくわかる演出。無言だからこそ心と心の通い合わせが観る者に伝わってきたのかも知れません。

かいらしい許嫁に一瞬で恋におちたらしい榮三郎の輝く笑顔も忘れられません。こちらも無言でしたが、セリフがないだけに榮三郎くんの嬉しそうな顔が全てを雄弁に物語っていました。将来のお嫁さんとの相思相愛ぶりを暗示するかのような忘れられないカットでした。

赤いパチパチはんであさちゃんが「初恋」の記憶を蘇らせる場面も加わり、心に沁みる映像満載の週でした。

雁助さん

その一方で、銀行設立をめぐるあさちゃんと雁助さんの対立も久しぶりに登場。めでたい日にこの話はやめようという雁助さんの大人の対応で、激しい対立は辛くも今回は回避。

しかし、次週以降、再び大変なことになりそうです。

<<前回83話 | 次回85話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

28 Responses to “あさが来た 84話 亀助とふゆ結婚し九州へ”

  1. サンダーバード999 より:

    あさ、うめ、ちよ、ふゆでアイスクリンを食べている姿を
    想像してニンマリしていました。

    ところでふゆのお父さんの着物が随分立派だ~
    からの皆さんの想像とか推察楽しく読ませて頂きました。

    さもしい私はてっきり、あの上物の着物、きっとふゆの
    結納金で作ったに違いない~キー!
    あの糞オヤジ、娘の破談の心配ではなく、倍返しの方が
    心配であんなに暴れてるんだ、キッキ~!!
    なぞと一人でサルになっておりました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > ふゆの結納金で作ったに違いない

      私も当時の商家の風習を全く知らなかったので、同じような想像をしていました。多くの方に正しい知識を教えて頂き勉強になりました。

  2. Lara  より:

    二日連続で、桐の箪笥のことで申し訳ないのですが。でも、気になるんです、あのふゆのもらった箪笥。九州に行く二人は、よのサンに用意してもらった箪笥どうするつもりですかね。運べませんよ、あの山道。大阪には家ないんですよ、あの二人。やっぱ、帰ってくるまでということで、お店で預かってもらうんですかね。デモそうすると、ボケをかましたよそさんに、「ほら、あれ、あれやて。あの納戸にしまっておいたあれ。あれ、誰も使てる人あらへんしや。どっかままそか。」ということで、聞かなくてもよのさんのボキャブラリーがわかるかのサンが、横で「桐の箪笥」とか他の女中さんにいって、片付けに行かせしまようなことになるように思えるのですが。 

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      引っ越し業者が当時あるかわかりませんが、もしあればお金持ちの加野屋さんのこと、九州まで業者を手配して送ってくれるかなと密かに願ってます。箪笥の運送なら、新次郎さんを籠で運ぶよりは、運賃も安いのではないかと(笑)

  3. るんるん より:

    今日はストーリーもよかったですが、時代の変化や、登場人物の対比もうまくできた回だと思いました。

    亀助とふゆの婚礼写真、カレーライスを食べていたり、アイスクリン食べた話をしたり、文明開化が進んでますね。

    対比だと、お互いの知らないところで、あさと美和、新次郎と五代が仲良くなり、五代とあさを見てかなわないという新次郎と、美和と話してる新次郎に妬くあさ、まだ初々しい亀助・ふゆ夫婦と、落ち着いた夫婦になってきた新次郎・あさ。よくできてるなと思いました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      亀助さんとふゆちゃんの祝言でめでたし!で終わらせるのでなく、時代や人の変化。近い将来への暗示等々、静かなようで情報がたっぷりと巧みに詰め込まれた回でしたね。

  4. さや より:

    ふゆの白無垢姿、美しかった(*´ω`*)
    大阪から生放送されたスタパを少し見たのですが、亀助役の三宅さんは、Twitterのフォロワーが昨日から今日にかけて500人増えたそうです(笑)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 500人

      あれだけの熱演。フォロワーが急増するのも納得の名場面でした。三宅さんのファンも急増したのではないでしょうか。

  5. しろがね より:

    初めてコメントいたします。
    ふゆの実家が日野という名字で一寸びっくりしました。京都で日野家と言えば名家です。偶然でしょうか。
    また、染め物も問屋であれば羽振りも良いでしょうが、やはり両替商はお上と繋がりが深いですから、格下とはいくらあの父親でも思いませんでしょう。
    当時はふゆのような若いお付きは、行儀見習いも兼ねて大店に奉公し、うまくいけばそこから良縁を得てお嫁入りするか、嫁入りのはく付けにもなったようです。多分お父さんはそのつもりであてが外れて余計にイヤミったらしかったのかもしれません。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      情報提供ありがとうございます。
      たいへん勉強になりました。

      > そこから良縁を得てお嫁入りするか、嫁入りのはく付け

      現代にもそのような発想の就職がありますが、時代が変わっても人の考えることは大きくは変わらないものですね。

  6. Alison より:

    美和さんのお店で カレーやアイスクリンを食べ、
    亀助さんとふゆちゃんは 婚礼写真を撮り…
    時代が変わっていることが はっきりとわかりますね。

    千代ちゃんが「ギンコー」という言葉を覚えてしまうほど、
    あさちゃんが銀行のことで 頭が一杯だということも
    はっきりとわかりました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      婚礼写真は衝撃的でした。
      もうそんな時代になったのか!・・・と。
      洋装のあさちゃんを見れる日も近いですね。

  7. かすみ草 より:

    昨日からふゆちゃんの花嫁姿を楽しみにしていました。💕
    亀助さんが腰を抜かしそうな美しさでした。

    2人の披露宴にあのお父ちゃんは出席するのか、しないだろうな?とヤキモキしていましたが、さすがに省かれていましたね。

    お幸せに!!

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 亀助さんが腰を抜かしそうな

      腰を抜かすと言えば、亀助さんが花嫁姿のふゆちゃんを見て腰を抜かしたその時、千代ちゃんが笑い声を立てて反応してましたね。亀助さん演じる三宅さんは、さすが小さなお子様向け番組の体操のお兄さんだと思いました(笑)

  8. うみがめ より:

    回想シーンやセリフで時間の流れを感じ、これまでのいろいろなことを振り返ってしまいました。
    最初、あまり目立たなかったふゆのエピソードを年末年始になぜこれほど描くのか、ちょっと不思議でした。今週になって思ったのですが、恵まれすぎたあさちゃんではなく、一般庶民の女性の立場の弱さ、扱われ方、それから誇りを持てない様を深く印象付けて、後半のストーリーにもっていくのかなと思いました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 恵まれすぎたあさちゃん

      あさちゃんにしろ、はつちゃんにしろ、現代の言葉で表現するならばセレブ。当時の庶民がどんなだったかをわかりやすく見せるためのふゆちゃんだったのかも知れませんね。

  9. atsu より:

    正直に言えば、ふゆには違う結末を予想しておりました。史実というのが一つ、また現代でさえ仕事と家庭を両立させることは難しく、明治初期通信・交通の未発達な時代にあさのように女が外に出て働くとなると家には別の女性が必要ということが慣習的に認められていたと思われるからです。私は自分にとって快い話でなくとも、話の進み方に納得がいけばそれもありと思っていましたが(そうなればなったで私自身、登場人物に対して泣いたり怒ったり忙しかったでしょうが)、こちらで拝見する皆様は大変心優しく、健全なストーリーをのぞんでいらっしゃるようにお見受けしました。亀助とふゆが幸せでそれもうれしいのですが、あさが来たのスタッフは別の結末でも納得がいくようなドラマを作れたのではないかとも思っています。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      ふゆちゃんの展開は僕も史実に近い結末を予想していました。あさちゃんのお付きを誰にするかで二転三転し、一旦は山王寺屋に入りながらもわざわざ加野屋に連れ戻す。そこまで面倒な手続きを経て加野屋に来たからにはそれなりの理由があるのだろうと。
      しかし、当時と現代の価値観のギャップに多くの方々は耐えられない。作り手はそう考えたのかもしれないですね。

  10. もんすけ より:

    九州炭鉱への旅支度の折、しっかりと手を握り締めるふゆちゃん。
    (亀助さん、ありがとう…) 言葉にならない台詞が聞こえたように思えました。
    前回の「お嫁さんにしてほしい」という台詞の前にも
    (新次郎さんが「自分に誇りを持って」と言っていた…)と聞こえたような。
    若くて演技もまだ伸び白いっぱいのふゆちゃんには、素敵な演出でした。

    見落としていましたが、ふゆちゃんの実家は【京都の染物屋】だったのですね。
    奉公人の親にしてはあまりにも無礼、傲慢な振る舞いも嫁入り話もこれで合点がいきました。
    お父ちゃんにとって、染物屋と履物屋との婚姻関係は商売上の政略。
    格では「京都>大阪、染物屋>両替屋」との強固な意識があったのでしょう。
    また、豪華な嫁入り衣装もふゆちゃんの実家に少し気を遣ったのか…
    (いや、よのさんのあふれんばかりのお気持ちですね)。
    お父ちゃん自身の立派な着物も納得です。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 格では「京都>大阪、染物屋>両替屋」との強固な意識があったのでしょう。
      > また、豪華な嫁入り衣装もふゆちゃんの実家に少し気を遣ったのか…

      これは深い読みですね!それぞれの家、それぞれのキャラの絡み合った糸がほぐれ、ややこしい関係に整理がつきました。

  11. えびすこ より:

    この番組では3回目の婚礼の場面ですね。もうすぐ4回目もありそうです。朝ドラで4回以上・4組以上の結婚式の場面があるのは珍しい?ふゆちゃんも白無垢が似合いますね。
    14週目は明治12年ですが早くもカレーが店にあって、あさは抵抗なく食べていましたね。少々意外に見えました。
    あの当時のカレーは今と中身が少し違います。

    いまTBSの火曜ドラマの告知をしていたんですが、こちらでのディーンさんはあさが来たの五代友厚とは正反対の人物のようです。あさが来たの撮影終了後にTBSの方へ移ったようです。という事はあさが来たでのディーンさんの分の撮影は11月中で終わったのかな。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      カレーと言えば、この言葉を日本に初めて紹介したのは福沢諭吉先生なんだそうですね。あさちゃんは福沢先生の著書の愛読者なので、すでにカレーを知っていたのでしょうか。

      > ディーンさんの分の撮影は11月中で終わったのかな

      1月後半放送分だと、その頃には終わっているかも知れないですね。それにしても五代さま退場騒動はすごいですね。

    • tonton より:

      ディーン・フジオカさんの出演部分は11月13日(金)で撮り終わっています。

      彼が画面に登場するだけで番組が華やかになっていたのでセンセーショナルな退場になりそうです。

      今日のネットニュースでは再登場も?とある様ですが、飛ばし記事かもしれないし。

      • 朝蔵(あさぞう) より:

        コメントありがとうございます。
        五代さま退場の週はちょっとした騒ぎになりそうですね。その騒ぎを起こすためのメディア露出の仕方が実に巧みです。

  12. SOX より:

    色々大変であろう九州行きをポジティブに考えているおふゆちゃん、頼もしいです。普段は頼りない亀助さんをいずれ尻に敷くかもしれません。おふゆちゃん、今後出番はあるのでしょうか?
    最近五代ロスがニュースネタになっていますが、私的にはふゆロスの方がちょっと心配です。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > ふゆロス

      加えて亀ロスも心配です。

      しかし、榮三郎くんのかいらしいお嫁さんはじめ、チビあさちゃんの「生まれ変わり」など新キャラでロスを癒そうと思います。

  13. tonton より:

    何度もしつこいですが(笑)第13週から大森さんが蘇った事が第14週で確信できてめでたいと思えた新年でした。

    今後のふゆはセリフのみの登場なのか?ゲスト扱いでキャストを交代させるのかは不明ですが、清原果耶ちゃんが今日で退場してしまいました。
    オンエア当初から比べて誰もが目を見張る程の進歩を見せてくれた彼女。
    悲しい退場ではくこれからの活躍が楽しみな余韻を残しながらの前向きな印象に、経験を積んだ暁には今度は是非とも土屋嬢や高畑嬢の様に主演でTV画面に登場する日を心待ちにしています。

    そして入れ替わるように栄三郎の奥方「さち」さんが登場して
    今月は目まぐるしい展開になりそうですね。

    ところで7日(水)のNHK新春会見で後半のポスターが公開された様ですけど
    終盤の要になるはずの今井家チームが外れて、外れると思った雁助が残留しているのには驚きでした。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      清原果耶ちゃんは、正直言ってはじめの頃はヒヤヒヤした時もありましたが、とりわけ今週は心を奪われっぱなしでした。朝ドラでのヒロイン・リターンを期待せずにはいられません。そして、彼女を抜擢した方の慧眼、恐るべしです。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ