あさが来た 102話 加野銀行開業/雁助去る

連続テレビ小説(朝ドラ)『あさが来た』
2016年1月30日(土)放送
第17週 第102話 「最後のご奉公」

『あさが来た』第17週 第102話 「最後のご奉公」あらすじ

1888年(明治21年)満を持して加野屋が創業した銀行、その名も加野銀行が開業する日を迎え、あさは初めて洋装に身を包みました。そんな中、誰にも見送られず一人静かに加野屋を立ち去ろうとする男の姿がありました。雁助です。

「働く母親の後ろ姿に学べ」雁助は店の者たちには会おうとはせず、千代にだけ言葉を残しました。そして、もはや両替屋として栄えた頃の面影を失った加野屋の建物に深々と頭を下げると、一人寂しく思い出の詰まった加野屋を去ってゆくのでした。

ほどなくして銀行の営業が本格的に始まりました。あさは顧客からの信用を得るために身を粉にして働き続けます。一方、仲間たちとともに創業する紡績工場の建設を進めていた新次郎は、新たに発足する紡績会社の初代社長に就任することとなりました。

そんな中、渋沢栄一の助言に心を動かされたあさは銀行の従業員教育を真剣に検討。従業員たちが商売を学ぶことができる教場を作る計画を練り始めていました。そして数年が経過。あさと千代は親子喧嘩を繰り返す日々を過ごしていました。

<<前回101話 | 次回103話>>

midokoro
いかにも雁助さんらしい去り方をして、雁助さんが加野屋を去って行きます。

雁ロスが心配な2月以降ですが、気になる点が一つあります。

『あさが来た』後編に出演するキャラクターを集めた新ポスターに、雁助さんが相変わらず登場しているのです。

まさかの再登板はあるのか。気になるところです。

ちなみに後編新ポスターに、正吉さんはもちろんのこと、五代さまとふゆちゃんの姿はありません。亀助さんは洋装姿で雁助さんの隣にいます。

『あさが来た』第17週 第102話 「最後のご奉公」
 事前発表あらすじのレビューと解説

加野屋がついに悲願の銀行を開業。祝祭ムードに包まれる中、雁助が加野屋を去る日をついに迎えてしまいます。

長きにわたって視聴者の心をつかみ続けてきた雁助の退場により、加野屋の銀行開業によるお祭り気分を素直に喜べない切ない回になりそうです。

長年の加野屋への功績を労われることなく、労いの言葉を求める素振りすら見せず、千代にだけ言葉を残し皆が気づかぬ間に一人静かに姿を消す雁助。

実に雁助らしい孤独且つ潔い去り際ですが、一方でうめが心配です。

そして雁ロスがもっと心配です。

話し変わって、史実においても加野屋の実在モデル・加島屋は劇中と同じ1888年(明治21年)に加島銀行を創設。

初代頭取には、劇中の榮三郎の実在モデルに当たる広岡久右衛門正秋(広岡家9代当主)が就任します。

ちなみに加島銀行は昭和恐慌の渦中に経営危機に陥り、1937年(昭和12)に廃業。広岡浅子死去後のこと故、劇中で加野銀行廃業は描かれないものと思われます。

『あさが来た』第17週 第102話 「最後のご奉公」
 朝ドラ観賞後の感想

さようなら雁助さん

昨日のうめさんの悲恋の余韻が残る中を雁助さんが静かに去って行きました。

雁助さんが長年愛した加野屋の建物には、両替屋として盛えた往年の加野屋の面影は最早なく、去り際の雁助さんが深々と頭を下げた対象は目の前の建物ではなく、目には見えない正吉さんをはじめとする加野屋の人々への恩。そして思い出の日々。

千代ちゃんにだけ言葉を残し、その他の加野屋の面々の誰にも挨拶をせずに去って行ったのは、前回ご本人が口にしていた通り最後まで加野屋に仕え切ることが出来なかったことへの後ろめたさからでしょうか。

また、あさちゃんが苦手だったが楽しかったと最後の最後に吐露した雁助さんの本音。時代の波に翻弄されながらの仕事は苦手だったが楽しくもあった。そんな風にも聞こえました。

さようなら雁助さん。前週の五代さまロスに続きて雁助さんロスに悩む週末となりそうです。

加野銀行開業

前回に引き続き大人のほろ苦さを感じさせる雁助さんの場面が終わると、一転して躍動感あふれるカットの積み重ねに心が躍りました。

あさちゃんも(第1回の女子大学校の場面を除けば)初の洋装。ついに大股で闊歩出来る時代の到来です(笑)

加野銀行開店からはじまり、加野商店、加野炭鉱の成長。そして加野商店の社長に加えて、新次郎さんは阪神紡績の社長に就任。

前週同様、金曜日回まで満たされた切なく悲しい空気が土曜日回には一掃され、明るく楽しい空気が次週以降への期待を持たせる。

そして次週の予告映像。

この流れ、このリズムがたまらなく好きです。

その他もろもろ

【金魚鉢】千代ちゃんと加野屋のご婦人たちが鑑賞していた金魚が泳ぐ金魚鉢。もしかするとこの金魚鉢は『マッサン』鴨居の大将が社長室で金魚占いをする時に使っていた金魚鉢?

【同志社の新島さま】日の出女子大学校の創立者・成澤泉が初登場。奥様の口から「同志社の新島さま」という言葉が飛び出す。さて同志社の新島さまは出て来るでしょうか。

<<前回101話 | 次回103話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

30 Responses to “あさが来た 102話 加野銀行開業/雁助去る”

  1. AYAKA より:

    雁助さんが去ってしまいました。
    寂しくなりそうですが、来週には女性従業員も多数入ってくるようで、楽しみです。
    あささんの洋装も素敵でしたね。
    いつかまた雁助さんの登場があるのではないかと密やかに期待したりもしているのですが。
    洋装になるという喜助さんの活躍も楽しみです。

    「新島さま」の名前とともに出た「澤山さま」は母校の創始者、澤山保羅先生じゃないかなと。
    成澤さんのモデル、成瀬仁蔵先生は澤山先生と同郷の後輩でした。
    アメリカ留学から帰ってから母校の教師や校長をされたそう。

    余計なお話ですが、母校に入る前学校見学に一緒に行った私の父が、澤山先生の像を見て「たくさんほら」って呼んで、笑いました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      成澤ご夫妻の会話中に出てきた「澤山さま」は、会話の中身から言って僕も澤山保羅先生ではないかと思います。

      > 「たくさんほら」

      思わず吹きました。特に「澤山」を「たくさん」にしたところが見事です(笑)

  2. よるは去った より:

    あさちゃんのエレガントな洋装と雁助君の粋な旅姿が妙に対称的でしたね。前者は新時代の到来の象徴とするなら、後者は時の流れ去りゆくものと言ったら雁助君が可哀想かな?あさちゃんと千代ちゃんのにらみ合い、そして新次郎君の仲裁ははなんだか笑えるシーンにもなりそう。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      洋装と旅姿の対比に垣間見る新時代の到来と去りゆく時代への郷愁。その通りかも知れません。雁助さんは散切りにこそしたものの最後の江戸時代世代を象徴していたような気がします。江戸時代に栄えた両替屋としての加野屋がなくなり雁助さんもいなくなる。そして、銀行の開業と本格的な文明開化。そんなことを表す回だったのでしょう。

  3. koji より:

    たしかに、あの金魚鉢は、マッサンでも使われてたかもですね。

    明治大正時代の金魚鉢は、あの形が主流だったのですかね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      改めて『マッサン』の金魚鉢を確認したところ、色が異なりましたが形と大きさはほぼ一緒です。色を塗りなおして使ったみたいです。

  4. うみがめ より:

    雁助さんが去っていきました。加野銀行が日陰、雁助さんが進む道が日向。明るい道を行くのが救いでした。一生奉公もうめさんのことも叶わなかったから、せめて今までできなかった父親らしいことをたくさんして、娘さんに「ありがとう」って言われてほしいと思います。

    あさちゃんが洋装になった場面、あさちゃん、またやっちゃったな、と思いました。千代ちゃんがドレスに憧れていたのを全否定して一蹴したのに、あさちゃんが先に洋装になって、新次郎さんに褒められて…。千代ちゃんのドレスも一緒にあつらえてあげれば母娘関係はちがっていたでしょうに。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 千代ちゃんのドレスも一緒にあつらえてあげれば

      この指摘にハッとさせられました。一緒にドレスの仕立てに行ってれば、母親を少しは見直していたかもです。色恋と(娘との)親子関係があさちゃんの弱点ですね。

  5. tonton より:

    この記事ズッシリ来るかもです

    NHKあさが来た 山内圭哉演じる「雁助ロス」の影響大

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160129-00000016-pseven-ent&p=1

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      記事を読みました。確かにドラマ史に残る「名脇役」と言っても差し支えない雁助さんでありました。

  6. Alison より:

    雁助さんの静かなツッコミが もう聞けないと思うと、
    すごく寂しいです。
    「相変わらず 大きな縫い目だすなぁ」とか
    「へぇさん、ようしゃべらはりますがな」などなど
    大好きでした。

    千代ちゃんは鹿鳴館のドレス姿の絵を見て、
    「ええなぁ」と言っていたのに、
    黒で、華やかさがなかったとはいえ、
    あさちゃんの洋装は、褒めませんでしたね。
    「ええなぁ」は、千代ちゃん自身が初めてドレスを着た時に
    聞けるのでしょうか。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      雁助さんのツッコミ、僕も大好きでした。それが聞けないのが寂しいです。
      ところで、雁助さんの一番の思い出の場面は、嫁いだばかりのあさちゃんが縫い付けてくれた猫ちゃんの肘当て(?)を真剣に喜んでいたところです。あの瞬間から雁助さんファンになりました。

  7. もんすけ より:

    雁助さんの、長年勤めた愛する加野屋に深々と頭を下げるシーン。
    顔には淋しくも、清々しい表情が。
    定年退職、退職経験のある方なら、さらにじーんときてしまったのはないでしょうか。
    ドラマを見ているはずなのに、自身と重ねてしまう不思議な瞬間。
    来週からは、あさちゃん、千代ちゃんのどちらに感情移入してしまうのか、
    別の意味でも楽しみです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 淋しくも、清々しい表情

      長年勤め上げた満足感と思い出の詰まった場所を去る寂しさ。二つが混ざり合って、絶妙の表情でした。そして去って行く後ろ姿は希望を感じさせるものでしたね。

  8. misty より:

    今日は文明開化といった感じでしたね
    それと、雁助さんの江戸風旅姿は対比でした
    時代がどんどん進む力強さとなくなってしまう江戸を感じました

    あささん、金魚はだめでも商売道具の洋装には金かける実業家ですね
    千代ちゃんに躾けようとしても理解できないし周りもちやほやするし
    反抗したい年頃だし、大きくならないとわからないでしょう
    恋バナが一段落したらこっちですか(笑)

    成澤さんが出てきて「同志社の新島」さんと言ってたような
    八重さん元気かな~

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      成澤夫妻の会話の中で確かに「同志社の新島さま」と言ってました。八重さんがまさかの登場を果たすかもしれないですね。副長の時のように。

  9. たるたる より:

    千代ちゃん 洋装のあさお母ちゃんを見て、本当はきれい!と言いたかっただろうに、全然似合ってへんと憎まれ口
    引っ込み思案で、なかなか本音が言えない、周りの顔色を見るところなどはみかんのおばちゃんはつちゃんとそっくりかも。

    そう言えば、はつちゃんもなかなか本音を言わず、言いかけてやめる、言葉を飲むってシーン 10年振りの再会の時もありましたね。

    藍之介くんとはつちゃんの確執も見え隠れする次週以降さらに楽しみです!!

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      千代ちゃんは憎まれ口の直後に逃げ出してしまいましたが、キレイになった母親の姿への感動とそれを素直に言えないことのギャップで混乱してしまったんでしょうね。そんな複雑な心の動きを子役ながらよくぞ見せてくれたと思います。

  10. anne より:

    雁助さんが伊予に行っちゃいましたね(涙)
    雁助さんは、うめがあさに「いつまでもお側にいさせてください」というのを聞いて決心を固めたような気がします。
    しかし、これは私の想像(希望?!)ですが、お嬢さんが病の末に亡くなって、又大阪に帰ってくるのではないか⁉と。
    熟年になっても、うめと上手くいってほしいなと、淡い期待を抱いてしまいます。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      雁助さんのお嬢さんが何らかの形で落着して大阪に帰還。
      そんな展開を僕も期待しています。うめさんの幸福が諦め切れません。

  11. 千秋様ファン より:

    あささん、お帽子かぶったまんま、お店に入ってもすが、それでよろしいのか、気になってしまいました。
    誰か教えておくれやす。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      女性の正装時の帽子は服装の一部とみなされるらしいです。だから室内での着用も問題ないのだそうです。

  12. tonton より:

    正吉の死から始まった怒涛の退場ラッシュも今日で終わり、
    中盤からは来週へ向けての展開が明るく描かれロスを吹き飛ばす
    勢いだったのは
    さすが篤姫の時に家定ロスによる失速を防いだどころか勢いを増した
    (話の内容は前半分の方が優れてましたが)
    佐野Pの強さが出ているなと思いました。

    退場していくキャラの去り方は同じ描かれ方をされた物が、今のところ
    一つも無いですね。
    雁助の場合はゲスト状態での復活が見込まれるレギュラー出演としての
    退場なので、一部の人達を除いて誰にも見送られずひっそりと・・・。というのは
    明かに終盤に含みを持たせて視聴者に気を持たせる作りにしてますね。

    ディーンさんほど目立ちませんでしたが、実は雁助を演じている
    山内圭哉さんの2015年も池井戸作品の「民王」とこの「あさが来た」で
    ブレイクを果たした年になったんですよね。
    当たりの作品は色々な役者さんが育って色々な所での活躍が見受けられるのが
    嬉しいです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      朝ドラの登場人物たちの去り方のパターンを熟知しておりませんので、『あさが来た』の去り方分析、とても参考になりました。雁助のゲストリターンを願ってやみません。

  13. atsu より:

    いよいよあさが洋装になりました。結婚式のお色直しでロングドレスを着た経験を持つ友人たちは「前を蹴とばすように歩かないと長いドレスと(その下に重ねてスカートを膨らます)ペティコートの裾が足にまとわりついて動けなくなる。蹴飛ばし歩きは結構キツイ」と口をそろえて言っていました。いつも着物で小またに歩いていた女性にはさらにハードだったと思うのですが、それが「楽」という言うあさは、着物のときから蹴飛ばし歩きの達人だったのでしょう。
    千代は母親とは違い女らしい趣味のようですが、あれだけ強い母親に口答えできるのなら大丈夫。子供は「ないものねだり」をし、「(同性の)親のようにだけはなりたくない」と言う生き物です。親を元にして自分の生き方を探っていくのでしょう。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      あさちゃんは、幼い頃から蹴飛ばし大股歩きをお父はんに叱られていたほどなので、蹴飛ばし歩きを必要とされる洋装はむしろ快適なのかも知れないですね。
      母娘対立が本格化しはじめましたが、陰湿さ皆無の明るいサッパリとした対立になりそうなので少しだけ安心しました。

  14. きゅうぽん より:

    がんすけさん、どうなるんでしょうね。
    あさ家族をみて、
    うめと歩んでと詰め寄ったものの呆気無くあきらめて
    実家に帰った家族と元サヤに収まるのか…
    まさか自分で逆に銀行を起こすと言ったのか…(これはないだろうけど(^_^;))
    色々浮かんでは消えております。
    今朝はもう今年放送がないことをすっかり忘れていて
    ガックリでした〜。
    紅白と3日のを是非みようと思います!
    五代さま糖尿だったんですね。
    あさと結ばれたいでも、人妻…心で結びき…もどかしさが
    なんとも言えないですね。
    ところどころ気前のいい事を言って、陰で凹んでいる新次郎はんが面白いですね。なかなか上手い演出だと思います。
    ついつい昨日の番組でお父ちゃんこと近藤さんががUFO談義していたので、つい生きてる!なんて思ってしまいました(^_^;)
    と、とりとめもない話でした(^_^;)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      加野屋を去る雁助さんはそのまま去りっぱなしなのか。
      何らかの形で再登場させてくれるのか。
      出来たら結末までにもう一回会いたいなと切に願っています。

      一方で五代さまとのお別れは辛すぎる最後になりそうです。

  15. ※※真美 より:

    いつも楽しく拝見しています。ありがとうございます~。
    来年はどうなるのかな?と気をもんでいましたが落ち着いて受け止められそうです。3月までの物語ですからいよいよ佳境に入り結末へと向かっていくのが寂しいような気さえします。雁助さんより五代さまロスになりそう。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      五代さまとの別れは雁助さんとの別れよりも数段悲痛なものになりそうなので、ロスも深刻になるかもしれません。心配です。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ