あさが来た 136話 啓介が千代に会いに来阪

連続テレビ小説(朝ドラ)『あさが来た』
2016年3月10日(木)放送
第23週 第136話 「大番頭のてのひら」

『あさが来た』第23週 第136話 「大番頭のてのひら」あらすじと見どころ解説

夏のある日、加野銀行にやって来た思いがけない客が千代を感激させました。やって来たのは啓介です。啓介は兄との旅行で大阪まで来た折、駅で目にした加野銀行の看板を頼りに千代を訪ねて来たのです。

啓介が千代の初恋の相手だと察したよのは、大喜びで啓介を家に迎え入れました。喜びに顔を輝かせた千代が啓介に自己紹介しようとしたその時、大きな怒鳴り声が千代と啓介の耳に飛び込み二人を驚かせます。

怒鳴り声の主はあさでした。寄付金が思うように集まらず弱音を吐く成澤をあさが大声で一喝していたのです。あさは実家の今井家が東京目白の土地を寄付してくれるという申し出を初めて打ち明け、弱気になる成澤を叱咤激励するのでした。

一方、和歌山の眉山家では養之助と節の結婚式が行われていました。式が和やかに進む中、養之助宛に届いた郵便物が式に集まっていた面々の喜びに水を差します。その郵便物は養之助を兵隊として召集する「新兵召書」だったのです。

<<前回135話 | 次回137話>>

midokoro
啓介が千代に会うためだけに加野銀行にやって来ます。

千代は突然の啓介の来訪を心から喜ぶものの、その時のあさには娘の意中の人を歓迎する心のゆとりがありませんでした。

『あさが来た』第23週 第136話 「大番頭のてのひら」
 事前発表あらすじのレビューと解説

女子大学校設立資金を獲得するための寄付金集めは相変わらず難航し、先の見通しがまったくつかない。

それに加えて女子大学校の設立を主張するあさに対して、成澤の主張は女子大学校を開く前に高校を作ることの方が先決だという考えです。

二人の意見の対立の落着点が見出せない中、あさが成澤に切り出します。東京に土地が確保されている。そこに女子大学校を建てたいと。

喧々諤々の議論をあさと成澤が戦わせている一方で、千代と啓介はラブラブです。

しかしそんな若い二人の姿を、新次郎は父親として素直に喜べません。愛する娘を手放すことができないのです。

新次郎の父親としての葛藤がはじまります。

『あさが来た』第23週 第136話 「大番頭のてのひら」
 朝ドラ観賞後の感想

突然やってきた啓介くんへの加野屋の面々の反応がいちいち面白い!

よのさんの反応

見ず知らずの突然の来客に文句を言いながら挨拶に出るよのさんが、啓介くんのキレイな顔を見たその瞬間に表情が一変!

「新次郎とあささんを呼んできなさい!」

よのさんが啓介くんのキレイな顔を見たと同時に口に出たこの言葉。啓介くんを否が応でも千代ちゃんの婿に迎えようという決意の表れでしょうか。

この言葉を口にした時のよのさんの目つきもいつになく本気で怖いほど。そして狙った獲物は逃さないとでも言いたげな、千代ちゃんの強烈な売り込み。

見送る時には啓介くんの腕を借り、しっかりと距離を縮めながら強引なまでにお土産を持たせる。足腰はずいぶん弱ってきたにも関かわらず、行動の敏捷さは神レベル。

千代ちゃんの恋バナスタートと同時に、よのさんのライフワークとなる愛孫の結婚に向けての活躍がはじまりました。

新次郎さんの反応

新次郎さんのお茶目な苦悩が再びはじまります。

最愛の娘を手放す寂しさに耐えきれない新次郎さんですが、しかし目の前に現れた啓介くんは避けては通れない娘の結婚相手としてはこれ以上望めないほどの好青年だった。

思わず気圧されるほどの好青年ぶりに動揺を隠すことが出来ず、焦って口に出た自己紹介の言葉もまたかいらしい。

「お父ちゃんの白岡新次郎だす」

これ以上望めないほどの好青年だからこそ、娘の結婚も現実味を帯びる。

そのギャップをわかってくれるのは三味線だけというところがまた可愛い。そしてそんなギャップを直視出来ない苦しさがあさちゃんの質問への「内緒!」にたっぷりと込められていました。

あさちゃんの反応

千代ちゃんの初恋の相手に加野屋の面々が揃って浮き立つ中、成澤先生の弱音を聞かされたことで頭に血がのぼってしまい、加野屋の面々の空気がまったく読めないおあさ様の鈍さが今日もまた全開です。

あさちゃんの反応もさることながら、面々が注目するような来客がありながらそんなこと気にも留めていないあさちゃんの暴走ぶりに、開いた口はふさがらず目を白黒させるばかり啓介くんの反応もまた楽し過ぎです。

啓介くんにとっては衝撃の出会い。しかし千代ちゃんにはいい迷惑でした。

宜ちゃんの反応

「小説みたいな出来事!」と感嘆し、新次郎さんの耳元では「いい男」とささやく。

メガネ女子・宜ちゃんの明晰な頭脳とかいらしいキャラがほどよく混ざり合ったツッコミもいちいち楽しい。

これほど面白いのに物語後半の期間限定キャラというのが惜しい気がします。

<<前回135話 | 次回137話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

12 Responses to “あさが来た 136話 啓介が千代に会いに来阪”

  1. らんぼるぎーに より:

    こんにちは!
    とうとう最終回まで掲載されてしまいましたね。
    残り1カ月を切ってますます話が面白くなってきました。
    さて、よのさんとかのさんは啓介君とは病院で会ってますよね。
    千代ちゃんが花瓶を落としちゃった時に。
    今朝、啓介君を見た時のよのさんのうなづきは「ああ、あの時の!」と言っているように思えたのですが‥
    それから、新次郎さんの三味線の答えはきっと「非の打ち所がない」だったんではないかと思います。
    ほんとにね「いい男」ですもんね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      頂戴したコメントで、よのさんが啓介くんと一瞬とは言え面識があることを思い出しました。千代ちゃんの初恋は知らされていたはずなので、この男の子が初恋の相手か!と、察しのいいよのさんのこと。すぐにわかったんでしょうね。

  2. よるは去った より:

    めでたく結婚式を挙げた新郎に赤紙が・・・・・なんて話は他のドラマや芝居でも観たことはありますが、その度に軍部とかいう組織はそんな幸せそうな人に的を絞って召集令状を出す、嫉妬深い輩で出来上がったのかしらとすら思ってしまいますね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      もうしばらくすると日露戦争の時代に入りますが、『カーネーション』の善作お父ちゃんが日露の戦役の武勇伝を自慢げに語っていた姿が忘れられません。我々戦後世代が知らない、「戦勝国の国民の感覚」にはいい意味でも悪い意味でも度肝を抜かされました。

  3. たむら より:

    この間、あさは「もう一生チヨと口きかん」とか言ってたし、今日の新之助様は、「内緒!」とか言うし・・・。もうっ、この夫婦は。可愛らしいことこの上ないですね。
    きっと、説明すると褒め言葉になってしまうのがヤだったんだと思います。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      なるほど!「内緒!」と言った理由がよくわかりました。
      「内緒!」に「イケズ!」と返したあちゃんもまたかいらしかったです(笑)

  4. カッチ より:

    昨日は少ししか見れませんでしたが、今日は千代ちゃんの嬉しそうな顔がたっぷり見れましたね。本当に嬉しそうでしたね。乙女になってましたね。宜ちゃんはすぐ千代の初恋の相手とわかったようでしたが、よのはいつ知ったのでしょうか?よのは啓介を気にいったようですが、新次郎は困ってましたね。啓介はまだ千代の気持ちを知らないんでしょうね。これからが楽しみです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      啓介くんが千代ちゃんの初恋の相手だということをよのさんが知っているのはもしかするとかのさん情報かも知れませんね。啓介くんを見つめる千代ちゃんの乙女な表情もかいらしかったですが、よのさんまで乙女になってしまうとは(笑)

  5. まゆ より:

    いよいよ千代ちゃんの恋バナが始まるとワクワクする回でした!
    そしてあさちゃん、なんと間の悪い(泣)
    これでまた母娘の仲が拗れないといいのですが。

    藍之助からの養之助への手紙に泣かされました。
    「時々有田のミカン畑を懐かしく思う」
    「大阪はどんどん発展してるから是非養之助、せっちゃんの2人で遊びに来て欲しい」

    この文を読んでいたらミカン畑のために有田へ帰るのもイヤイヤでは無いんじゃないかなと思えるようになりました。
    明日からの展開が楽しみです。

    そしてあさちゃんたちのご祝儀の太っ腹な事!
    50円なら今でいう20万程度でしょうか。
    明治30年頃の小学校の先生の初任給が8〜9円だった事を考えてもかなりの大金ですね!
    流石セレブ商家だとあさからびっくりぽんです!(笑)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > あさちゃん、なんと間の悪い

      啓介くんの驚きっぷりが忘れられません(笑)

      > 20万程度

      加野屋夫妻のご祝儀、現代の金額に換算するとそんな額になるんですか!
      はつちゃんが固まってしまうはずですね。

  6. atsu より:

    雁助の見舞いの際も、生命保険会社を買い取るという話し合いの際も、新次郎のさりげないが行き届いた言葉と洗練された物腰にほ~っとなっていました。各々の立場を思いやり、心を解きほぐし、話をまとめていく。後見人・相談役は名ばかりという場合もあるようですが、新次郎のそれは理想的ですよね。そこへtonton様の「いつか和歌山へ」に関する鋭いご指摘を見て、「嫌だ~、全然心の準備できてない!」と叫んでおりました。今日の啓介&千代の初々しい笑顔を思いっきり苦い顔で見る新次郎に、「ああ、当分は大丈夫」と胸をなでおろしました。よのの積極的なとりもち(ちゃっかりと啓介に腕を借りていましたね)に大笑い。正吉という素晴らしいご主人を持ったよのにしても”及第”だったんですね。
    養之助の羽織袴が結婚式というより七五三に近いイメージだと微笑ましく見ていたら、いきなり新兵証書!ドッキリです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > よのの積極的なとりもち


      啓介くんによのさんも一目惚れしたみたいですね。啓介くんを見る前と見た後の、わかりやす過ぎるくらいの態度の違いがいかにもよのさんらしい。千代ちゃんの売り込みに、千代ちゃん本人以上に熱心なのもよのさんならではと思いました。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ