常子は高等女学校四年生 / とと姉ちゃん 第7話

連続テレビ小説(朝ドラ)『とと姉ちゃん』
2016年4月11日(月)放送
第2週 第7話「常子、妹のために走る」

『とと姉ちゃん』第2週 第7話 「常子、妹のために走る」あらすじと見どころ解説

昭和10年(1935年)春。竹蔵が亡くなってから四年。亡き父に代わって小橋家の戸主となった常子は高等女学校の四年生。鞠子は高等女学校三年生、そして美子は尋常小学校の四年生になっていました。

とと(父)の代わりになって家族を守って欲しい。そう竹蔵から言葉を遺された常子は、母の君子、次女の鞠子と力を合わせて暮らしていました。そんな中、美子が通う小学校の担任教師・渡辺が小橋家にやってきました。

戸主として応対に出た常子に渡辺は告げました。美子が学校で友達を作ろうとせず様子がおかしいと。早速、事情を尋ねる常子に美子が答えます。友達との会話の中で家族の話題が出るのがつらいのだと。そんな美子を、常子と君子は精一杯励まします。

その翌日。美子は尋常小学校で笑顔になろうとつとめていました。その頃女学校では、常子が美子の分の弁当を学校に持ってきてしまったことに気づいていました。美子のもとに弁当を届けようと常子は小学校に向かうのでした。

<<前回6話 | 次回8話>>

midokoro
ヒロイン・常子が最愛の父・竹蔵と死別してから四年の歳月が経過したところから第2週の物語がスタートです。

学校で様子のおかしい三女・美子を元気にしようと常子のとと姉ちゃんとしての活躍が今週から始まります。

『とと姉ちゃん』第2週 第7話 「常子、妹のために走る」
 事前発表あらすじのレビューと解説

ヒロインのとと姉ちゃんとしての活躍がスタートするのと同時に、ヒロインが子役の内田未来ちゃんから高畑充希さんにバトンタッチです。

高畑充希さんの『ごちそうさん』出演時、前半はヒロインに憧れる無口で内気な少女。それが後半は一転して、よくしゃべり時にヒロインをも叱りつける職業婦人に成長。

前半と後半とでギャップの大きなキャラクターを見事に演じきってしまったことが強く印象に残っています。

なお、一部の事前発表された情報によれば、今週もヒロインを演じるのは子役の内田未来ちゃんということになっているようです。

しかし、3月21日に放送された『もうすぐ「とと姉ちゃん」』では、第2週のヒロインを高畑充希さんが演じていました。

一部の事前発表情報は誤りかと思います。

『とと姉ちゃん』第2週 第7話 「常子、妹のために走る」
 朝ドラ観賞後の感想

美子ちゃんの思い出

「ととの思い出がなくなる」

小橋家の三姉妹の中では竹蔵ととと過ごした時間が一番短い美子ちゃんの寂しい言葉が泣かせます。

竹蔵ととが亡くなった時、美子ちゃんは5歳(?)。3歳くらいまでの記憶はおぼろげなはず。実質2年分の思い出しか持っていないことになります。

話したら思い出がなくなってしまう。

話しのネタが尽きてしまうという意味の言葉なのかも知れません。しかし、ネタが尽きるのと同時に思い出すらも失ってしまう。そんな気すらしてしまうのでしょう。

今回の冒頭の竹蔵ととの回想映像の効果もあって、前週の切なさが蘇ってきました。

玉置三兄弟

この三人の悪ガキだち、気に入りました!

小橋家の三姉妹と玉置家の三兄弟は同年齢。長男は長女に、次男は次女に、そして三男は三女にそれぞれ気があるのかな?

しかし、恋バナを予感させる空気が微塵もないところが笑えます。

ただ、なかなか味のあるキャラながら、登場するのは恐らく来週のはじめまで。もったいないキャラです。

参考までに三兄弟のそれぞれの名前は以下の通りです。

長男:茂雄
次男:正雄
三男:幹雄

今週いっぱいですが、おおいに笑わせてもらおうかと期待しています。

鞠子ちゃんのクールさが今回も際立つ

前回で「私がととになる」と宣言した常子ちゃんに対して具体的に何をするつもりなのかと冷静なツッコミを入れた鞠子ちゃんのクールさが今回も光ります。

「妖怪おはじきババア!」

常子ちゃんのやや外し気味のギャグを「つまらない」と一刀両断。鞠子ちゃんのこの手厳しさが大好きです。

追記:君子かかの「妖怪おはじきババア」も見てみたかった。

<<前回6話 | 次回8話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

8 Responses to “常子は高等女学校四年生 / とと姉ちゃん 第7話”

  1. エイスケの後輩 より:

    玉置三兄弟ですが、私は上2人が小橋姉妹に絡んでくる理由は、好きだからではなく、僻みなんではないかと、続く8・9話を見ていて思いました。

    「ととの癖に制服を来ている」と悪態をつかれますが、これは父親死後も援助を受けて学校に通える境遇を羨んでの台詞ではないかと思います。
    恐らく玉置兄弟の上2人は学校には通えず働いているかと思います。
    そして職は、小橋父に使われる側の立場ではないかと思います。
    自分達を使う立場だった人間の子供で、自分達は通えなかった学校に通える立場に対し妬ましく思うのは、自然なんでは無いかなと思います。
    穿った見方ですが…

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      鋭い洞察だと思います。玉置三兄弟の末っ子だけは小学校に通っていることが明らかですが、家に帰ったら遊ぶ間もなく仕事を手伝わされているのでしょう。末っ子ですらそれだから、長男と次男はやぐらの上にいた怖そうなお父ちゃんにこき使われているんでしょう。ヤッカミを持たないほうが不自然というものです。

  2. mizutamari より:

    いいところは、沢山あるんだけど。
    子役の子達が、出なくなり、ととも写真になり、コメントも少なくなり、とても寂しいです。
    女学校は、いいですね。楽しそうでした。
    それにくらべ、小学校は厳しい状況ですね。
    悪ガキが、いっぱいです。
    好きだから意地悪をする。困ったものです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      来週には小橋一家は移転するようですが、移転後にようやくメインキャラクターが一斉に登場しはじめます。その時は寂しさを感じる暇はないかも知れません。ただ女学校でも厳しさが増すかも知れません(汗)

  3. りくろう より:

    ええ~っ、、、と断るのか、と思いきや、

    「仕方ないわねえ、どうやるの?」

    ・・・って、君子かかは意外と何でも受け入れるんですね(笑)

    妖怪おはじきババア(君子Ver.)は無事完成したのか、私も気になって仕方ありません(笑)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      君子さん、これから何をしでかすのか楽しみでなりません。

  4. よるは去った より:

    別ドラマの話ですみませんが今日からBS2で石原さとみちゃん主演「てるてる家族」の再放送が始まりしたが、脇役でラサール石井さん登場!昭和23年頃の「一万円」を端金以下の扱いをする少々嫌味な相場師の役。萬屋金左衛門と大迫専務を足して2で割ったような役でした。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 足して2で割った

      ということは『てるてる家族』の相場師が萬屋と大迫に枝分かれした。萬屋と大迫のルーツはそこにあったのですね(笑)

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ