米一俵の賞品目指す常子 / とと姉ちゃん 第9話

連続テレビ小説(朝ドラ)『とと姉ちゃん』
2016年4月13日(水)放送
第2週 第9話「常子、妹のために走る」

『とと姉ちゃん』第2週 第9話 「常子、妹のために走る」あらすじと見どころ解説

美子からの信頼を取り戻すことが出来ずに悩む常子。その上、商売に失敗し食い詰めた鉄郎が小橋家に姿を表し、家に残っていたわずかな米を食べ尽くしてしまいました。お米を新たに買えば翌週の食費がなくなる。小橋家の家計の窮地です。

そんな窮地の常子に朗報が入ります。町内の運動会で行われる二人三脚競争で、一等賞を取れば商品として米一俵を手に入れることが出来るのです。競争で一等賞を取れば、美子からも認めてもらえるかも知れない。そう常子は考えました。

一等賞の米一俵を勝ち取り、美子からも「とと」として認められるべく、常子はおおいに奮起しました。そして常子と君子は二人三脚の猛訓練を開始します。しかし、そんな常子の様子に美子は関心を示そうとはしませんでした。

そして迎えた運動会当日。君子は怪我をしてしまい運動会に出場出来なくなってしました。君子に代わって運動会に出場してもらえないか。常子は次女の鞠子に懇願します。しかし、鞠子は運動神経が極度に鈍いという問題を抱えていたのです。

<<前回8話 | 次回10話>>

midokoro
残されたわずかなお米を日割りしながら少しづつ食べていた小橋家でしたが、フラリと立ち寄った叔父の鉄郎が貴重なお米を食べ尽くしてしまうところから騒動が始まります。

『とと姉ちゃん』第2週 第9話 「常子、妹のために走る」
 事前発表あらすじのレビューと解説

美子からの信頼の失墜に加えて家計のピンチが常子を見舞います。

しかも、家計のピンチを救う手立てすらもが母・君子のケガによって窮地に陥る。

試練に試練が重なる気の毒過ぎる状況ですが、物語前半の明るい試練は安心して楽しんでいられるのが救いです。

家計は火の車。そしてわずかなお米も食べ尽くされてしまった常子は果たして一俵の米を獲得出来るのか。

運動が大の苦手の鞠子との二人三脚でそんなことが出来るのか。

面白くなってきました。

『とと姉ちゃん』第2週 第9話 「常子、妹のために走る」
 朝ドラ観賞後の感想

家族を守る!

美子ちゃんから信頼されたい。お金を稼いで家計を支えたい。「とと」になろうとしてもなりきれない常子ちゃんの苦悩が続きます。

私が「とと」の代わりになる!家族を守る!と宣言した時も、「とと」として具体的に何をするのかという鞠子ちゃんの鋭いツッコミに即答出来なかった常子ちゃん。

その場は君子さんが上手にフォローしてくれましたが、あの日から今日まで、常子ちゃんはまだ「とと」の代わりがどうあるべきなのかが見えていないのかも知れません。

そもそも15歳の女の子が父親そのものになるのは無理(または困難)。でも、まだ15歳の常子ちゃんにはそれがわからない。

いつ、どこで、どんな答えを常子ちゃんは見出すのでしょうか。

鞠子ちゃんはやっぱり頭がいい!

美子ちゃんから「とと」と認められず、加えて想定外の家計の逼迫。

二つの問題を一挙に抱え混乱を極める常子ちゃんに、相変わらずクールな鞠子ちゃんが言いました。

まずは目先の米問題を解決しよう。

問題解決の優先順位を決めた上で、解決すべき一点の問題に常子ちゃんの関心を集中させる鞠子ちゃんはやっぱり頭がいい!

まだだいぶ先ですが、常子ちゃんが出版社を起業した時には様々な問題に直面するはず。

その時にも鞠子ちゃん持ち前の問題解決力は論理的思考能力が遺憾なく発揮されるのでしょうか。

平時には鋭いツッコミで笑わせてくれ、有事には大いに力になってくれる。

鞠子ちゃん、実に頼もしいキャラです。

君子さんの出自

君子さんが今回も素直です。

妖怪おはじきババアの時も「仕方ないわね」と意外なほど素直に常子ちゃんのおふざけに乗った君子さんの素直な性格が今回も全開です。

常子ちゃんによる二人三脚競争へのまさかの出場依頼も(半ば強引に押し切られる形で)素直に応じる君子さんが可愛すぎる。

素直でおっとりしていて天然なキャラが『カーネーション』ヒロイン・糸子の母、千代お母ちゃんに似ていると感じるのは僕だけでしょうか。

ちなみに千代お母ちゃんは神戸の裕福な家のご令嬢。

君子さんの出自は劇中では明らかにされていませんが、実在モデルは士族の家系で立派な家柄のご令嬢で、千代お母ちゃんに通じるものがあります。

君子さんも良家のお嬢様だったのでしょうか。来週には君子さんの実家が登場するので、どんな環境で育ったのか明らかになるはずです。

追記:工場敷地内での君子さんの転倒のしかたがなかなか豪快でした(笑)

チビ常子ちゃん

チビ常子ちゃんを演じた内田未来ちゃんが、新作映画『神様メール』の宣伝で来日したジャコ・ヴァン・ドルマル監督に花束を贈呈。

そんなニュースが昨日報じられていましたが、このジャコ・ヴァン・ドルマル監督のデビュー作の名は『トト・ザ・ヒーロー』。大好きなお父ちゃんを亡くした少年の喪失感とその後の人生を描く映画です。

<<前回8話 | 次回10話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

12 Responses to “米一俵の賞品目指す常子 / とと姉ちゃん 第9話”

  1. アーモンド より:

    ゲゲゲの水木しげるとして主役を勤めた向井理が、今回はどうしようもないおじさんの役柄ですね。
    このギャップがおもしろい。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > ギャップ

      残念過ぎる叔父さんがまたピタリとハマってすごいです(笑)

  2. よるは去った より:

    BS 2で視聴もしくは録画して見ることが多いんですが今日は再放送の「てるてる家族」と「とと姉ちゃん」のストーリーの対比が面白かったですね。前者はパン職人の修行始めた父ちゃん(岸谷五朗)が毎日売れ残りのパンをもらって来るので、1日3食パンばかりで母ちゃん(浅野ゆう子)はいささかうんざり。でも周囲には終戦直後の食糧難で空きっ腹を抱えた子供たちがいっぱい。後者は計画的に一家で食べていた米を定職につかない叔父さん(向井理)に全部食べられてしまい、一家はパニック。どちらも一家の主食事情」がひとつのテーマでしたね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > どちらも一家の主食事情

      僕も『てるてる家族』とセットで鑑賞してますが、主食事情対比という視線が新鮮です。終戦直後よりも主食事情が厳しいなんて、家計がどれだけ大変な状況か対比してみて良くわかりました。

  3. カッチ より:

    鉄郎おじさん、だめですね。
    兄がしっかりしていて弟がだめって、梅ちゃん先生を思い出します。
    それにしても常子の「どうしたもんじゃろの~」は決まり文句ですかね。
    君子の感じはゆうパックのCMの「松ちゃん」に近い感じがします。
    君子が怪我をして出られなくなった時、常子と君子が
    当然という感じで鞠子を見た時が絶妙でした。
    この前、鞠子が名前の事で「餅子でも良かった」と言われ
    あわてて「鞠子でいいです」と言った時の様に笑えました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 鉄郎おじさん、だめですね。

      今回、鉄郎叔父さんが廊下に寝そべって帰宅した常子ちゃんを迎える場面。久しぶりに観たお行儀の悪い庶民の姿がとっても新鮮でした。(前作はセレブで皆さんお行儀が良かったですからね)

  4. もんすけ より:

    二人三脚出場させんと、じりじりと迫る常子ちゃんと君子かか。
    出たくなくて出たくなくて出たくなくて…の身もだえ鞠子ちゃんの様子には、
    大笑いさせてもらいました。
    小橋家のささやかで屈託のない描写がとても心地よいですね。
    ついつい声を出して笑いながら、
    (あぁ~、こんなにさっぱりと笑えるっていいな~)と感じます。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 身もだえ鞠子ちゃん

      君子かかと常子ちゃんに追い詰められた鞠子ちゃん。明日の朝、どんなリアクションを見せるのか、とっても待ち遠しいです。

  5. 1013 より:

    鉄郎おじさんがトイレの小さい窓から苦労して侵入している様子を想像するだけで笑えますが、落ちた時の事を考えたらお勧め出来ませんよ。
    何せ当時は汲み取り式。木製の蓋など成人男性が落ちてきたらひとたまりもありませんからね(笑)
    因みに私も小橋家のような木造平屋建て・捩じ込み錠付きの引き戸・沓脱ぎ石のある三和土等の家で育ちましたが、あれ成人男性なら余裕で入れますよ?
    鉄郎さん知らないんでしょうね(笑)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      確かに木製の蓋はつくりがもろいので簡単に割れますね。ちなみに僕は、便所の窓と聞いて昔よくあった足元の小窓を想像してました。よくあんなところから入ったなと感心してました(笑)

  6. エイスケの後輩 より:

    君子お母さん、今回の最後に常子と一緒に鞠子に出場を促す時のややコミカルさも混じった表情や演技、最高でした(笑)

    演じられている女優さんが正直これまであまり好みでは無かったのですが、君子役は当たり役ですね!一気に好きになりました。
    今後は君子の出番が増えるとの事で、益々楽しみです!

    鞠子ちゃんも頑張れ!

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      君子さん、本当にいい味出してます。でも、これだけ天然で素直な人柄なのに、大きな問題を抱えているようでそれが次週以降に描かえるようです。その時、君子さんがどんな表情を見せるのか。楽しみ半分、怖さ半分です。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ