君子の噂に三姉妹が動揺 / とと姉ちゃん 第12話

連続テレビ小説(朝ドラ)『とと姉ちゃん』
2016年4月16日(土)放送
第2週 第12話「常子、妹のために走る」

『とと姉ちゃん』第2週 第12話 「常子、妹のために走る」あらすじと見どころ解説

鉄郎が告げた事実が常子と鞠子を驚かせました。苦しい家計を救うため、君子が誰かの目掛けになるかも知れないと言うのです。君子が目掛けにならずに済むために、常子と鞠子は自分たちもお金を稼ごうと仕事を探しをはじめました。

しかし、まだ少女の常子と鞠子を相手にする者はなく、二人は仕事を見つけることは出来ませんでした。そんな中、鳩の肉を食べる人が増えているという話を叔父の鉄郎から聞かされた三姉妹は、早速、公園で鳩を捕まえました。

その鳩を肉屋に持ち込み売ろうとする常子たち。しかしその肉屋は、買い取るのは雉鳩だけだと土鳩の買い取りを拒否しました。鳩を売ることに失敗し落胆して家路につく三姉妹は、君子がよそ行きの着物を着て出かけたことを察し動揺します。

三姉妹は街中を走り回り君子の姿を探し回りました。やっと見つけた君子が口にした言葉は三姉妹にとって意外なことでした。東京に住む自分の母のもとに厄介になるつもりだと言う君子。しかし三姉妹は、君子の母はすでに亡くなったものと聞かされていたのです。

<<前回11話 | 次回13話>>

midokoro
亡き竹蔵の勤務会社からの経済的援助を失い、小橋家の家計がいよいよ苦しくなって来たその頃、ショッキングなウワサ話が飛び込んできます。

一難去ってまた一難。その一難もようやく去ったところで最強レベルの困難が三姉妹を待っていました。

『とと姉ちゃん』第2週 第12話 「常子、妹のために走る」
 事前発表あらすじのレビューと解説

君子が誰かの目掛けに?

果たして君子は誰に囲われそうなのか。そもそもこのウワサ話の出どころはどこなのか。このページを投稿時点で詳細は不明です。

わずか二週目にして困難に次ぐ困難。

美子をめぐる騒動、底をついた米びつ。困難を乗り越える度に新たな困難に見舞われる三姉妹が、極めてショッキングなウワサ話を耳にしたところで今週のお話はおしまいです。

ところで、当ブログはグーグル社のガイドラインを遵守しながらブログ運営をしているため、差別用語とも言われる「立」に「女」と書く漢字を用いず、江戸時代以前に一般的な表記だった「目掛け」という漢字を用いています。

『とと姉ちゃん』第2週 第12話 「常子、妹のために走る」
 朝ドラ観賞後の感想

まだまだいくわよ

最終的に誤解(早とちり)という形で収まりましたが、君子かかを目掛けの窮地から救おうと奔走する常子ちゃん、鞠子ちゃん、そして美子ちゃんのかか愛に時に泣かされ、そして笑わせてももらいました。

鼻歌交じりの家計簿をつける君子かか。

家計は火の車なのに何故鼻歌?といぶかしく思っていたら、その理由を常子ちゃんと鞠子ちゃんはお見通しでした。

鼻歌を歌うのは不安なとき。

母親のことをしっかり観察し深く理解する二人の娘の親孝行が心地よい。そして、鼻歌のその奥にある本心を案じているだけでなく行動にまで出る生活力がすごい。

残念ながら仕事はどこからももらうことが出来ませんでしたが、それなら鳩を売ろうと作戦をただちに変更する柔軟性。

「鳩と私たち三姉妹の決闘よ」

目標をロックオンしたら脇目もふらずに突っ走る常子ちゃんの性格が、この宣戦布告とも言うべきセリフとそのセリフを口にする口調にたっぷりと含まれていました。

しかも、一羽獲っただけでは満足しない。

「まだまだいくわよ」

最終的に10羽!常子ちゃん最強です。

君子かか

三姉妹と鳩の決闘のその時、君子かかが書く手紙に散らばる言葉の数々が悩ましい!

「生活」
「ご援助」
「どうかお願い」

これら言葉に加えて目掛けに突っ走るかのような君子さんの行動の積み重ね。

「よそ行きの着物」
「髪飾り」

ハラハラさせてくれます。

結局、目掛けは回避されたものの、君子かかの隠し事が来週にはいよいよ明らかになるみたいです。

<<前回11話 | 次回13話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

8 Responses to “君子の噂に三姉妹が動揺 / とと姉ちゃん 第12話”

  1. mizutamari より:

    土曜日、録画出来てなくてガッカリしていました。
    そういうことだったのですね。
    私は、茨城県なので、あの地震は怖かったです。
    もう一回、7が来たら我が家はなかったかも。
    九州地方、落ち着く事を祈っています。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      余震つづきで現地の方の心労は相当なものかと思います。
      早く落ち着いてもらいたいものですね。

  2. よるは去った より:

    このサイトに記されているあらすじを読むと次週は重い話になりそうだなあって気になるだけど、実際にドラマ観るとそうでもないんですよね。あの母姉妹のやり取りは聞いてて楽しいですね。常子ちゃんと鞠子ちゃんもツッコミとボケみたいな感じだし。以前の「マー姉ちゃん」の母姉妹のやり取りもあんなだったかな?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      悲劇と喜劇は紙一重と言いますが、あらすじにすると悲劇になってしまうエピソードの数々もキャラクターたちの軽妙洒脱な会話が明るい喜劇にしてくれて、本当に楽しいです。

  3. えびすこ より:

    「鳩を捕まえてお金を稼ぐ」と言う事で鳩を捕まえましたが、中国では鳩を食べますね。あえてうなぎではないのがミソかも。
    3週目の途中で上京しますが、浜松にいったん戻ることはありますかね?

    熊本・大分での地震は収まりません。16日分は総合では放送がなかったのですが、18日に2回分続けて放送、の予定ですが今の時点ではまだ流動的かも。
    民放局でも新ドラマの1回目が途中打ち切り・最初から放送順延になっています。改めて別の日に放送するようです。

    ところで2週目で「~だに」という言い回しが出ました。
    愛知東部・静岡西部の方言です。
    ドラマ・映画にもなった「みんなエスパーだよ!」でも「~だに」と言っています。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      イギリス料理にもピジョンパイというのがあったはずです。なかなか美味しいらしいですよ。

      この先の展開で、浜松の人々が東京に来ることはあるようですが、常子ちゃんたちが浜松に行くかどうかは微妙なところですね。浜松に戻る理由がありそうでないですからね。

  4. エイスケの後輩 より:

    噂の出所も、そのきっかけもおじさんでしたね(苦笑)
    大家さんもよかれと思っての事だったんでしょうが…(^_^;)
    当時の事は現在の常識と比べられないですね。

    さて、今日の地上波の放送は月曜日に延期になりましたね。
    朝蔵さんも、昨日の更新が遅れたとのことでしたが、お知り合いの方など被災された方がいらっしゃったり、お仕事に影響が出られたりしたのでしょうか。
    熊本の地震に私も心を痛めております。
    こちらのサイトを楽しみにされていた方の中にも被災された方がいらっしゃるかと思います。
    不幸にも亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。
    また、被害に遭われた皆様にお見舞い申し上げます。
    早く余震も収まりますように…

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      東日本大震災の時は何日も続く余震が何より不安でしたが、今回は余震の規模も頻度もその時の比ではない。しかも屋内にいることすら出来ない。その心痛を思うと胸が痛みます。心よりお見舞い申し上げます。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ