とと姉ちゃん 第5週 常子、新種を発見する

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『とと姉ちゃん』
2016年5月2日 〜 5月7日放送
第5週「常子、新種を発見する」

『とと姉ちゃん』第5週「常子、新種を発見する」あらすじ

鞠子の女学校の制服の盗難騒動が勃発しました。ほどなくして鞠子の制服は、宗吉と照代の娘・富江の部屋で見つかります。幼い頃より家業を手伝ってきた富江は、鞠子が着ていた女学校の制服に憧れていたのです。

その気持ちを汲んだ常子は、一日だけ富江に制服を貸し一緒に外出することになりました。しかし、富江は家業が気になってしまいお出かけを楽しむことが出来ません。一方、富江の行動に怒り心頭だった宗吉と照代も、富江の本心を知って胸を痛めるのでした。

一方、新種の植物の発見を夢見る星野は植物観察に明け暮れる日々を過ごしていました。星野の熱心さにほだされた森田屋の面々も、いつしか星野を心から応援するようになっています。そんな中、星野がついに新種の植物を発見しました。

しかし、星野よりも一足早く、その新種の植物は他の者によって発見が報告されていたのです。ショックと栄養不足から倒れてしまう星野でしたが、常子や森田屋の面々に励まされ、決意も新たに研究を続行するのでした。

<<前週 第4週 | 次週 第6週>>

『とと姉ちゃん』第5週「常子、新種を発見する」各回あらすじとレビュー

第25話 5月2日(月) 鞠子の制服が消え失せる
第26話 5月3日(火) 青柳商店のミシンで修繕
第27話 5月4日(水) 常子が富江を遊びに誘う
第28話 5月5日(木) 星野の新種植物発見の夢
第29話 5月6日(金) 星野が新種の植物を発見
第30話 5月7日(土) 新発見とならず星野落胆

『とと姉ちゃん』第5週「常子、新種を発見する」
 事前発表あらすじレビューと歴史・時代背景の解説

幼い頃から家業の手伝いばかりで、経験したことのなかった娘らしい時間の過ごし方に憧れる富江。一方で、新種の植物を発見し、その植物に両親の名前をつけて自分を進学させてくれた両親に恩返しをしたいと切望する星野。

富江と星野が騒動を起こしながらも一生懸命に自分の生き方を模索する姿を見ているうちに女学校卒業後の自分の進むべき道について真剣に意識し始める常子の姿が描かれます。

第5週のレビューと見どころ

宗吉と照代夫婦と娘の富江の親子間に走る一瞬の緊張とその後に続く親子の絆の確かめ合いが涙腺を刺激する今週の見どころの一つになるかも知れません。

盗難騒動の主が自分の娘だっという青天の霹靂とも言える事態に宗吉は怒り心頭。しかし、そんな騒動の原因は、家業に熱心な富江に甘え富江に娘らしい時間を与えてあげられなかった自分たち親にあった。

一方で、娘らしい時間を経験したことがない富江にとって、女学校に通っている常子や鞠子の暮らしは羨望の対象でした。しかし、そんな娘らしい時間を過ごしてわかったことは、自分がどれほど家業を愛しているかということでした。

そしてもう一つの見どころは星野の夢。

前週までちょっとばかり怪しい存在だった星野が、自分の夢を語ることで視聴者の彼への好感度は急上昇するものと思われます。

そしてこの好感度急上昇の追い風を使って常子と星野の恋バナがそろそろ本格的に始まるかもしれません。

歴史・時代背景

昭和10年(1935年)
昭和10年(1935年)5月、量産型の国産車としては初の「ダットサン」が日産自動車横浜工場で製造。11月には豊田自動織機(現トヨタ)が同じく国産初のトラック「G1型」の販売を開始。また現在のパトカーの前身「無線自動車」を警視庁が導入。

自動車業界の国産初が続いたこの年は、鉄道業界でも新機軸が打ち出されました。

小田急線が新宿・小田原間を90分で結ぶ「週末温泉特急」の運行を開始。この特急のコンセプトは戦後のロマンスカーに発展。(現在運行されているロマンスカーの新宿・小田原間の所要時間は80分)

また、東京・下関間を結ぶシャワーバス付き「お風呂列車」の運行も開始されるものの、評判は思わしくなく営業開始2か月で廃止となりました。

『とと姉ちゃん』第5週「常子、新種を発見する」一週間のエピソード観賞後の感想

富江ちゃんと星野くん。

前週まで深く踏み込まれていなかった二人の脇キャラが今週の「主役」となりました。

富江ちゃんと、常子ちゃん・鞠子ちゃんの姉妹は恐らく同年代。にも関わらずお互いに打ち解けることもなく、富江ちゃんが一定の距離を保とうとしているかのようなよそよそしさが気になっていました。

距離を保ち小橋家の姉妹と仲良くしようとしなかったのは、富江ちゃんには常子ちゃん・鞠子ちゃんがまぶし過ぎたのかも知れません。

そして自分でも気づかないうちに封印した女学校への憧れの、その封印が解かれることを恐れていたのかも知れません。

しかし、封印は解かれてしまいました。

封印は解かれてしまったものの、その中に閉じ込めていた女学校への憧れは実はそれほど根強いものではなかった。

それよりも家業が好きだと改めて認識出来た。当たり前の日常が自分にとって一番大切なのだとわかったことが富江ちゃんにとって幸福な落着の仕方でした。

寝食を忘れて植物観察に没頭していた星野くんも、寝食を忘れることで健康を損なうかも知れない。健康を損なえば、親孝行どころか親を嘆かせることになりかねない。

そのことに気がつけた星野くん、富江ちゃん同様に一番大切なことが改めてわかってめでたしめでたしな一週でした。

今週は連休中にも関わらず『とと姉ちゃん』の視聴率が頗る良好であったことが話題になっていますが、見失いがちな一番大切なことを静かに思い出させてくれる本作の安心感も人気の秘訣の一つかも知れません。

<<前週 第4週 | 次週 第6週>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ