小橋三姉妹の学費の秘密 / とと姉ちゃん 第32話

連続テレビ小説(朝ドラ)『とと姉ちゃん』
2016年5月10日(火)放送
第6週 第32話「常子、竹蔵の思いを知る」

『とと姉ちゃん』第6週 第32話 「常子、竹蔵の思いを知る」あらすじと見どころ解説

ある日、綾が常子に相談を持ちかけてきました。その頃、綾は両親から結婚するように言われ、そのことを常子に相談したのです。綾のまわりには父親くらいしか男性がいなかったため、どのような男性と結婚したら幸せになれるのか綾は迷っていたのです。

一方、常子は隈井に念を押しました。滝子が学費の援助をしてくれていることは、君子には内緒にしておいてほしいと。常子の頼みを聞き入れたものの、隈井は気に病んでいました。滝子と君子の関係が決裂したままであることを。

隈井が常子から相談を受けた日は、君子が隈井に学費の一部を返済する日でした。その日の夜、森田屋の仕事を終えた君子は隈井が待つ居酒屋に学費返済のために足を運びました。しかし君子が到着した時すでに、隈井は泥酔状態です。

君子からお金を受け取った隈井は酔った勢いですべてを話してしまいました。預かったお金は滝子に返しておくと。君子は常子と鞠子に真実を問いただすと、意を決して滝子のもとに足を運ぶのでした。

<<前回31話 | 次回33話>>

midokoro
君子と滝子をめぐる物語がにわかに動き始めます。

隈井が貸してくれていたはずの小橋家三姉妹の学費は、実は滝子のお金でした。しかし、まだ君子はその事実を知りません。

『とと姉ちゃん』第6週 第32話 「常子、竹蔵の思いを知る」
 事前発表あらすじのレビューと解説

君子が三姉妹を連れて青柳商店を飛び出した際、君子ひとりの力ではまかなえきれない三姉妹の学費を貸してくれたのは隈井でした。

しかし、隈井はどうやら滝子の命で動いたようです。

隈井の背後には滝子がいました。

滝子は自分のお金を君子は受け取るまいと考えました。最愛の孫たちの学費を隈井が貸すということにして君子の眼をごまかしたのでしょう。

そこまでしてでも孫たちのこと、そして娘のことを案じる滝子の愛に打たれます。

そんな滝子の本心に君子が気がつくことになるのはあと少しです。

『とと姉ちゃん』第6週 第32話 「常子、竹蔵の思いを知る」
 朝ドラ観賞後の感想

仕事出来そうな清くん

清くんが仕事ちゃんとやっている!

200年続いた青柳商店の女将として人物を見抜く眼力が磨き抜かれているはずの滝子さんが跡取りに選んだ男の子だから間違いないのだろう。

とは思うものの清くんが心配でした。

可愛い女の子を見るとたちまち条件反射的に「参ったな〜」がはじまってしまうあの軽さ。そんな彼に老舗材木店の跡取りがつとまるのか。荒くれ男たちをまとめあげられるのか。

滝子さんが常子ちゃんを清くんの嫁にと熱望したのもそんな不安があったから?

でも、今回劇中ではじめて披露された凛々しい仕事ぶりに安心出来ました。人もまとめられるし仕事も出来るみたいなので。

清くんが焚き火に「新種」のキノコを放り込みそうになった場面では、清くんは青柳商店の男衆から好かれている様子だったので、少なくとも働き手の心はつかんでいそうだとは思ってましたが、今回でやっと安心しました。

卵焼きで町内の喧嘩をなくす志

自慢の焼きサバで喧嘩を仲裁することが趣味だった『ちりとてちん』の順子ちゃんのお父ちゃんへのオマージュでしょうか。

宗吉大将の卵焼きの味にかける想いが熱い!

普通の仕出し弁当屋なら卵焼きの美味の追求が最終目標となるところ。ところが宗吉大将にとって美味しい卵焼きも手段に過ぎない。

宗吉大将の目指すところは至高の卵焼きを使って町内の喧嘩をなくすこと。宗吉大将の志が男前過ぎてしびれます。

そしてそのことを常子ちゃんに「素敵♡」と言われ、喜びを隠そうともしない宗吉大将の素直さが可愛くて手に負えない!

日に日に宗吉大将が好きになってきます。

でも、町内の喧嘩をなくす志を果たす前にまずはご自分の喧嘩っぱやさ、瞬間湯沸かし器みたいな性格を何とかしないとね(笑)

80年続いた老舗の先祖伝来の江戸っ子気質、そう簡単にはなおらないかも知れませんが。

参考までに宗吉さんのようなタイプ、馴染みのない方には違和感炸裂かも知れません。しかし、宗吉さんのあの性格は決して誇張されたものでなくあのタイプは少なくありません。

最初怖いですが、根が素直すぎるくらいに素直なので慣れると案外扱いやすいです(笑)可愛いところもあるし、僕はこのタイプの江戸っ子が大好きです。

鶴ちゃんの酔っ払い演技が神レベル

鶴ちゃん演じる隈井さんの居酒屋場面の一連のお芝居が神レベル。

君子さんが来るまで酒は飲まないと威勢よく啖呵を切りながらもその表情はまったく別のことを語っている。

そして、次のカットでは表情が語った通りの展開に!

それでも自分はそれほど飲んだ自覚がない。いや、ちょっとは自覚があるけれどそれを必死に隠そうとしているところが誰の眼にも明らか。

内緒話をあらいざらい話してしまってそのことに全く気付いていない能天気な演技も芝居臭皆無でツボにはまりました。

名演中の名演でした。さすが鶴ちゃんです。

<<前回31話 | 次回33話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

8 Responses to “小橋三姉妹の学費の秘密 / とと姉ちゃん 第32話”

  1. カッチ より:

    常子と綾さんあんなに仲良くなっていたんですね。
    それにしても清くんびっくりしました。
    ただのあほボンと思っていたのに。
    虫くいだと指摘するあたり、たいしたものだと思いました。
    清くんがだめだから常子を嫁にしたいと言いだしたと
    思っていたのですが、滝子さんはそれ以上を考えていたのですね。
    それにしても鶴ちゃんはだめですね。
    絶対飲まないと言っておきながら、酒を見つめる目は真剣でしたね。
    しかし酔っ払いの役が本当に似合いますね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      清くんは性格に残念な面がありながらも、残念な面を補って余りある実務能力を持っているのかも知れませんね。将来が楽しみです。

  2. もんすけ より:

    常子ちゃんの、学校でのその後が少々気になっていたのですが、
    綾さんと「放課後に~」と話している姿を見て、ちょっとホッとしました。
    勉強もとてもできるお嬢様の綾さんが、今までクラスで孤高の人だったのは、
    思春期真っ盛りの、幼い意地悪な面も少々もつクラスメートを敬遠していたのでしょうか。
    常子ちゃんへの素直な相談事に、ほっこりしてしまいました。

    今日は清くん、宗吉大将、隈井さんと様々な殿方の側面が登場し、
    綾さんならずも「殿方観察」にもついつい目がいってしまいました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 殿方観察

      殿方に不慣れた綾ちゃんが、現場を仕切る清くんの姿に素直に惚れ惚れするところが実に愛らしかったですね。

  3. まるなか より:

    宗吉さんは江戸っ子気質というんでしょうか、とても上手く演じてくださってとても楽しく拝見しています
    仕事を仕切っていた清さんに惚れそうです

    とと姉ちゃんというお話は喜劇を見ているようで本当に面白いです
    朝蔵さんの感想も毎回楽しみにしています
    これからも頑張ってください

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 宗吉さんは江戸っ子気質

      宗吉さんと顔も性格もそっくりな「江戸っ子」を一人知っているので、宗吉さんの演技がリアル過ぎて笑わずには観ていられません。本当に上手です。

      激励の言葉、ありがとうございます!

  4. よるは去った より:

    後の番組でイノッチーが「鶴ちゃんが悪い。」と言ってだけど、私的には先に一升瓶を差し出した飲み屋の大将もせめたいな。と言ってもおそかれはやかればれるんだるうけど

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      お酒の誘惑と格闘する鶴ちゃんの芝居、絶妙でしたね。
      格闘と言ってもすぐに負けましたが(笑)

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ