青柳商店が暖簾を下ろす / とと姉ちゃん 第72話

連続テレビ小説(朝ドラ)『とと姉ちゃん』
2016年6月25日(土)放送
第12週 第72話「常子、花山伊左次と出会う」

『とと姉ちゃん』第12週 第72話 「常子、花山伊左次と出会う」あらすじと見どころ解説

一度は軍の下請けになると決めたものの、軍から請け負う質の低い仕事に滝子が耐えられるはずもなく、滝子は青柳商店の暖簾を下ろす決断を下します。滝子は青柳商店を軍の宿舎として貸し出し、自分は清を伴い木曽の療養地に転居することになりました。

滝子は、常子たち小橋一家には目黒の借家を手配しました。別れを惜しむ美子は、縫いかけの浴衣が完成した暁には滝子に着て欲しいと懇願。そんな美子に、滝子は一年後の再会を約束します。しかし滝子は、自分の死期が近いことをその時すでに悟っていました。

一ヶ月後、滝子が自らの手で青柳商店の暖簾を下ろす日を迎えました。滝子は常子たち小橋一家に別れを告げると清と隈井を伴い木曽に旅立ちました。その別れは、常子が滝子の姿を見る最後の機会となりました。ほどなくして深川の木材問屋はすべて廃業します。

常子たちは滝子が手配した目黒の借家に移り住みました。四度目の引っ越しで再び家族四人だけになった小橋一家。常子は別れぎわの滝子の姿を胸に、家族を守る「とと姉ちゃん」として新たな一歩を踏み出すのでした。

<<前回71話 | 次回73話>>

midokoro
一度は軍の下請けに甘んじたものの、滝子のプライドがそんな立場を許しませんでした。

青柳商店は解散。ともに苦楽をともにした面々との涙の別れが描かれます。

『とと姉ちゃん』第12週 第72話 「常子、花山伊左次と出会う」
 事前発表あらすじのレビューと解説

質の低い軍の下請け仕事などこなしていては二百年続いた暖簾の伝統に傷をつけ、自らの晩節をも汚しかねない。

そんなふうに考えたのでしょうか。滝子は青柳商店の暖簾と看板を自らの手で下ろす苦渋の決断を下します。

青柳商店の廃業はまた、そこでともに暮らした面々がこれから離れ離れになることを意味していました。

青柳商店の廃業を決意した滝子はその時、あることを悟っていました。

あることとは自らの死期。そして、滝子が自分に死期が近いと感じていることを、常子と鞠子、そして君子も察していました。

しかし、もう幼くないとは言え、人の心を深く洞察するにはまだ若い美子には滝子が胸に秘めた思いに気が付きません。

お祖母ちゃん子として育ち、戦争が終わったら大好きな祖母と再会出来るものと信じて疑わない美子の姿が涙を誘う回となりそうです。

『とと姉ちゃん』第12週 第72話 「常子、花山伊左次と出会う」
 朝ドラ観賞後の感想

最後にひと芝居つきあってくれないか

隈じいと清さんの、住み慣れた深川の地での、愛し続けた青柳商店での最後のご奉公は女将の「ひと芝居」に付き合うことでした。

形のある青柳商店での奉公は終わりましたが、形がなくなった「青柳商店」に最後まで仕え続けようとする隈じいと清さんの心意気に泣かされました。

お母さんにほめられためだけに生きてきた。今さら生き方を変えられるわけがないと自分のせいにしながら女将を立てる清さんの忠義。

自分の立場を低くして相手を立てるこの清くんの心遣いは滝子さん譲りでしょうか。

滝子さんが隈じいに言いました。

「隈井だって解放してあげないと」

あたかも隈じいと長年にわたって拘束していたような物言いで、隈じいが遠慮なく青柳から旅立てるように仕向ける心遣いが繊細で優しい。

そんな滝子さんの心遣いを察したのか、青柳の番頭として最後まで仕えさせてほしいと返す隈じいの女将への愛情と職業への誇りにも泣かされました。

勘違いしないでおくれ、ほんのいっとき軍に貸すだけ

「戦争が終わったらまたこの青柳をやる。また一緒に暮らせる」

滝子さんの「ひと芝居」が悲し過ぎました。また一緒に暮らせることはまずないだろうと滝子さんは考えていたはずです。

この滝子さんの言葉を聞いて顔色が変わった常子ちゃんの反応から察して、常子ちゃんもこれが「ひと芝居」であることに気がついたようです。

鞠子ちゃんも、常子ちゃんにまして勘の良い子なので言葉通りには受け取らなかったかと思います。君子さんはすでにすべてお見通しでしょうか。

隈じいと清さんは滝子さんの「ひと芝居」に力を貸し、常子ちゃん、鞠子ちゃん、君子さんとは暗黙の了解。

しかしよっちゃんだけは滝子さんの言葉を素直に受け取る。

幼い頃からずっとお祖母ちゃん子だった愛孫を悲しませないためには、滝子さんとしてはこれが精一杯の「ひと芝居」だったのでしょう。

「ひと芝居」打っている時の滝子さん。リトルよっちゃんがお菓子をせしめる時のかわいらしい表情が脳裏をかすめたに違いない。心の中では泣いていたに違いない。

滝子さんの「ひと芝居」という名の「嘘」を責めることは出来ません。

しかし、滝子さんの言葉をそのまま受け取り、来年の夏には浴衣を着てもらえる、一緒にお祭りに行ける、そして一緒に暮らせると信じきっているよっちゃんが不憫過ぎる。

ちょっとネタバレになりますが、よっちゃんはお祖母ちゃんに関わる悲しい思いを次週に重ねることになります。

次週もまた、よっちゃんに泣かされそうです。

<<前回71話 | 次回73話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

6 Responses to “青柳商店が暖簾を下ろす / とと姉ちゃん 第72話”

  1. もんすけ より:

    せつな過ぎる回でした。
    浜松、森田屋、そして、青柳商店の家からの引っ越し風景。
    ささやかな日常が大きな濁流にのみ込まれていくようで
    ぎゅーっと胸を掴まれるような、息苦しい気持ちが湧いてきます。

    もし…、
    青柳商店を閉めなかったら、目黒に移転することがなかったら…。
    滝子さんの決断は、ある意味、家族の命を守ったのですね。
    隈井さんも清さんも、どこかで息災にしていて欲しいと思うばかり。。。
    清さん、一芝居打った「お褒めの言葉」を滝子さんにもらったでしょうか。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 一芝居打った「お褒めの言葉」

      清さんへの優しさに満ちたコメントに思わず涙しました。

  2. よるは去った より:

    滝子「次に生きる人の事を考えて暮らしておくれ・・・・・。」これが三姉妹にとってお祖母様からの心の遺産になって行くわけですね。大地真央さんお疲れ様。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 心の遺産

      形ある青柳商店の二百年の伝統は終わり間もなく焼失してしまうのでしょうが、形のない青柳商店の二百年の伝統はしっかりと孫の世代に受け継がれたようですね。

  3. 日赤太郎 より:

    朝蔵さんのネタバレサイトは興味本位ではなく、作品を本当に楽しもうとの目的で作られているので上品で素敵なサイトだと思います。
    以前、再生不良貧血の事を少し書いた日赤太郎ですが再生不良貧血は現在でも国が難病指定をしている難しい病気です。治療法としては薬物療法、骨髄移植等がありますが症状の重さによっては簡単な病気ではありません。病名に貧血と付いているのでレバー等を食べれば良いのになんて思われる方もいらっしゃるかもしれませんが赤血球、白血球、血小板等が全て足りなくなるので、例えば白血球が減り感染症で亡くなる場合もあるのです。
    私は大地真央さんと同世代、深川とやるかと大地さんが言ったから様になったので他の女優さんではなかなか表現できなかったのではないかと思います。常子さん達と別れてすぐに亡くなるなんて悲し過ぎます。しかし、空襲で焼け野原になる深川を見なくて良かったかな。
    朝蔵さん、これからもよろしくお願いします。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      当ブログをお楽しみ頂き幸甚に存じます。滝子さんの美しさは毎度毎度心を洗われる思いでした。間もなくお別れですが、おっしゃる通り思い出の詰まった深川の惨状を滝子さんが見ずに済んだのは不幸中の幸いかも知れませんね。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ