五反田に召集令状が届く / とと姉ちゃん 第75話

連続テレビ小説(朝ドラ)『とと姉ちゃん』
2016年6月29日(水)放送
第13週 第75話「常子、防空演習にいそしむ」

『とと姉ちゃん』第13週 第75話 「常子、防空演習にいそしむ」あらすじと見どころ解説

甲東出版でただ一人残された男性社員、五反田にも召集令状が届きました。出征間際、甲東出版の社判を託しながら五反田は常子に告げました。甲東出版の蔵書で貸本業を営みながら営業を続けるように。そうしていれば勤労動員に招集されずに済むはずだ。

甲東出版は廃業するわけではない。休刊するだけだ。編集長の谷たちとともに自分は必ず生きて帰って来る。その日まで、戦争が終わったらどんな雑誌にしたいかを考えておいてほしい。そう常子に言葉を残すと、五反田は旅立ってゆくのでした。

昭和20年(1945年)1月。食料はますます乏しくなり小橋家も苦しい日々が続いていました。そんな中でも明るさを失わず、花を活けささやかなオシャレを楽しむことを忘れない常子たちを面白く思わない人物がいました。組長の三宅です。

防火演習の際の三宅の理不尽な物言いに常子は猛然と抗議しました。それがきっかけとなって三宅は常子たちに小橋一家に監視の目を光らせはじめます。そんな中、隣近所の親切すらも信じることが出来なくなる常子たちでした。

<<前回74話 | 次回76話>>

midokoro
ミッチー演じる五反田にもついに赤紙が届けられます。

甲東出版の最後の男性社員、五反田が出征します。

『とと姉ちゃん』第13週 第75話 「常子、防空演習にいそしむ」
 事前発表あらすじのレビューと解説

出征間際、五反田は常子に誓います。必ず生きて戻ってくる。編集長の谷とともに一緒に生きて帰ってくる。その日まで甲東出版は休刊する。廃業するわけではない。

五反田が常子との約束通りに無事に復員することが出来るのかどうか、本記事を投稿した時点では不明です。

ただし、五反田の実在モデルとなったらしき人物は、戦後、生還しています。

また、史実通りに物語が展開するのなら、常子が出版社を創業する際、天才編集者・花山伊佐次を常子が発刊する雑誌の編集長に推すのは五反田の役割です。

よって、五反田は誓い通り、生きて帰ってくるかも知れません。

ところで、かつて常子が恋した星野も出征するようです。星野についても生還するかどうかは今のところ不明です。

『とと姉ちゃん』第13週 第75話 「常子、防空演習にいそしむ」
 朝ドラ観賞後の感想

三宅組長と近所のおばちゃんは癒着している?

三宅さんは息子さんが出征してから変わってしまった。三宅さんのあの感じの悪さの裏側には知られざる悲哀がある。居丈高な態度をとるのには理由がある。

前回に語られた近所のおばちゃんの話は組長の三宅さんという人物への想像力をひろげてくれました。少しの同情とともに。

しかし今回、息子さんが出征したことの同情が少しだけ吹っ飛び、三宅さんという人物への想像力が別方面にひろがりました。

その器でない人物になまじ大きな力を与えると人間はどこかおかしくなってしまうのかも知れません。事実、戦時下ではない現代であっても良くある話です。器の小さな人物が組織内で力のあるポジションを得たとたんに少しおかしくなってしまう場合が。

三宅さんは、戦前は近所の人から人の良い男性と好かれる物静かな人だったのでしょう。しかし、組長という国の看板を背負ってから勘違いがはじまった。看板を背負っただけで三宅という人物は昨日までと変わらないはずなのに、ご本人にはそれがわからない。

そして三宅さんに同情を寄せているかにみえる近所のおばちゃんは、実は女の鋭い勘で三宅さんの勘違いを洞察しているのかも知れません。

三宅さんに取り入っていれば配給食料を増やしてもらえるはず。三宅さんに協力していれば自分の「正義感」を満足させることも出来て一石二鳥だ。

近所のおばちゃんが三宅さんに同情を寄せたのは、あのおばちゃんの優しさもあるのでしょうがどうやらそれだけではなさそうです。

そのおばちゃんが小橋家に卵を持ってきました。

劇中で語られていた通り、あのおばちゃんはもしかすると人の良さそうな顔をして小橋家を監視しているのかも知れません。あのおばちゃんを経由して、小橋家の家の中の様子が三宅さんに筒抜けになっているのかも知れません。

明日にはすべてがわかるのでしょうか。

五反田さん出征

「泣きたいなら僕の胸をかそうか」

五反田さんは出征間際の悲壮な場面でも五反田さんでした!

毎回必ずと言っていいほど口説き文句を聞かされてくる五反田さんが、こんな悲しい別れの場面でも五反田さんらしさを忘れない。

第2週以来となる常子ちゃんの「妖怪おはじきばばあ」と並んで、つらい時代を描いた今回の貴重な癒やしとなりました。

<<前回74話 | 次回76話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

12 Responses to “五反田に召集令状が届く / とと姉ちゃん 第75話”

  1. えびすこ より:

    今週で前半が終わりますね。主人公周辺に男性が少ない状況です。
    梅ちゃん先生が蒲田、花子とアンは品川あたり、とと姉ちゃんでは目黒と、戦時中に3作の主人公のいた場所が近い範囲になります。
    後半・終盤で浜松の場面が再び出るのでしょうか?
    加藤諒くんは「役作りのため髪を短くしている」と、少し前にテレビで言っていました。しばらくすると再び彼が出るのかな?先ごろ終わった民放ドラマではかつらを付けての出演だったようです。

    ところで先ほど来年上半期の朝ドラ「ひよっこ」が制作発表となりました。次はいよいよ2018年大河ドラマの発表ですね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      『とと姉ちゃん』史実では大橋氏は大井町にお住まいだったとの由。史実通り大井町の設定にしていれば『花子とアン』が大森で『梅ちゃん先生』が蒲田。同じ京浜東北線の沿線で至近距離でした。

  2. ケーキ大好き より:

    細かい事ですが、
    「組合長」ではなく、「組長」ですよね?
    隣組の組長さんのはずです。

  3. よるは去った より:

    組長の三宅氏の役の有薗芳記さんは現在BS で再放送している「てるてる家族」にも出演していた俳優さんですね。岸谷五朗氏演じるパン屋の大将(ヒロインの父親)に怒られながらもパン工場の職人たちをたまにはギターを弾きながら活気づけようとしているベテランの職人の喜介さんの役です。今回の役とはエラい対照的です。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      三宅氏の役の有薗芳記さん、そういう方でしたか!
      詳しい解説ありがとうございました!

  4. エイスケの後輩 より:

    星野くんも出征ですか。
    今週のエピソードには出てこないでしょうが、森田屋の長谷川君も、年齢的には徴兵されていそうですね(涙)
    組合長の三宅さんも、息子さんは徴兵されていそうですね…それ故に、愛国活動が過激化しているのかもしれないと思うと、なんだかせつないです。
    誰も兵に取られる心配がない小橋家が目の敵にされるのは、分からなくも無い気がしますね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      年齢的には、すっかり忘れられた存在となった浜松時代に小橋三姉妹につきまとっていた残念な三兄弟も召集されている年頃ですね。あのおバカさんたちまでが今となっては懐かしい思い出です。

      • エイスケの後輩 より:

        三宅さんの息子さんは徴兵されていると、前回お話されていたのですね。
        まだ見れていなかったので、既知の内容を失礼致しました。

        「妖怪おはじきばばあ」、久々で笑わせて貰いました。

        コメント下さった様に、浜松の三兄弟も徴兵されていそうですね。
        もしかしたら清くんも?
        この時代、本来であればとと姉ちゃんやとと母ちゃんが沢山いるはずですが、彼らが力強く生活を営むまで、もう少しかかりそうですね。

        • 朝蔵(あさぞう) より:

          コメントありがとうございます。
          清くんもそんな年齢ですね。宗吉大将の東京凱旋で長谷川くんも一緒であることを祈るばかりです。

  5. よるは去った より:

    組合長の三宅っておっさんの役は誰なんだか興味湧いてしまいましたね。予告を見たら顔ははっきりわからなかったけどあの声の甲高さから「天うらら」「ゲゲゲの女房」「梅ちゃん先生」にも出演した徳井優氏を連想しましたが。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      徳井優さんで思い出すのは『ちりとてちん』の「あわれの田中」です。「あわれの田中」という絶妙なネーミングとキャラがマッチして、思い出すだけで笑えます。

      追伸:『ごちそうさん』の「天神祭の小さな巨人」も楽しませてもらいました。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ