窮地の常子に五反田助言 / とと姉ちゃん 第84話

連続テレビ小説(朝ドラ)『とと姉ちゃん』
2016年7月9日(土)放送
第14週 第84話「常子、出版社を起こす」

『とと姉ちゃん』第14週 第84話 「常子、出版社を起こす」あらすじと見どころ解説

『スタアの装ひ』の大ヒットに気を良くし雑誌を増刷した三姉妹はたちまち窮地に陥ってしまいます。『スタアの装ひ』を真似た雑誌が次々と販売されはじめた影響で、『スタアの装ひ』の増刷分が大量に売れ残ってしまったのです。

一方の鉄郎もジーンズのビジネスに頓挫し舞鶴に旅立ってしまいます。鉄郎は去り際に常子に告げました。諦めないでもう一度挑戦してみろと。鉄郎の言葉を受け、常子は決意しました。もう一刷つくってみようと。

もはや失敗が許されない常子は甲東出版に足を運び、二刷目をつくるうえでの助言を求めます。女性誌を出版した経験がない谷たちが答えに窮する中、五反田が常子に言いました。花山伊佐次に相談してみてはどうかと。

五反田は続けます。花山は元帝大新聞の編集長をつとめ、絵や文章に加えて編集者としての才能に秀でているのだと。花山に助言を求めるべきか常子が迷っている頃、闇市で『スタアの装ひ』を買い求めた花山は、常子たちの雑誌を食い入るように読んでいました。

<<前回83話 | 次回85話>>

midokoro
雑誌『スタアの装ひ』初版の300部を発売初日に完売することに成功し乗りに乗っていた常子たちでしたが、またたく間にピンチに陥ります。

そんなピンチを打開すべく、あの人の名前が登場します。

『とと姉ちゃん』第14週 第84話 「常子、出版社を起こす」
 事前発表あらすじのレビューと解説

史実とは異なり、外部から編集長を招き入れずに三姉妹だけで雑誌を創刊した常子たちでしたが、途端に窮地に陥りプロの仕事に頼らざるをえない状況に追い込まれます。

プロとは花山伊佐次。

五反田が常子にすすめます。編集者として非凡な才能を持っている花山伊佐次に相談してみてはどうかと。

しかし、五反田は承知しているはずです。花山伊佐次は出版のすべてから手を引いたことを。しかも、あの気難しい花山が簡単に前言を撤回するはずなどないことも。

にも関わらず、何故、五反田は花山に相談してみろと常子にすすめたのか。

以下、管理人の予想です。

五反田も花山の才能に頼りたかった。しかし、花山は頑なにそれを拒む。そこで、かつて花山をみごとに攻略した常子を使い、花山の気持ちを動かそうと算段した。

五反田が花山に相談してみろと常子に告げた理由はそんなところでしょうか。

『とと姉ちゃん』第14週 第84話 「常子、出版社を起こす」
 朝ドラ観賞後の感想

鉄郎叔父さん、次こそは成功してい欲しい

鉄郎叔父さんの商売がまたしても失敗に終わりました。

これまで繰り返してきた鉄郎叔父さんの失敗の数々はいずれも鉄郎叔父さんの残念なキャラを際立たせるためのネタとして劇中に仕込まれていたのでしょう。

そのせいもあってか、どれほど失敗を繰り返しても何故か明るくて笑える。

しかし、今回の失敗はとても笑えるものではありません。鉄郎叔父さんの落胆する表情がこれまでになく沈痛であることに加えて、悲壮感たっぷりの劇中音楽が鉄郎叔父さんの心の痛みを強調していました。

前回、小橋一家にジーンズを自慢げに披露する鉄郎叔父さんの姿が描かれました。

鉄郎叔父さんの商売ネタが劇中に登場するのはこれがはじめてだったこともあり、これは鉄郎叔父さんの成功のフラグではと僕は期待してしまいました。それだけになおさらのこと鉄郎叔父さんの落胆した表情が観ていてあまりにもつら過ぎます。

そんな失意の中でも、常子ちゃんの二度目のチャレンジを促すために、常子ちゃんに貸したお金の返済を求めない鉄郎叔父さんの去り際の姿が格好いい!

鉄郎叔父さんに惚れました。

ところで、鉄郎叔父さんは旅立ち際に常子ちゃんに言葉を残しました。

「あきらめないでもう一度(雑誌を)出せ」

あきらめないでもう一度チャレンジせよとの鉄郎叔父さんのアドバイスは常子ちゃんに向けての言葉ですが、半分は自分に言い聞かせたものだったのかも知れません。

しばらく東京に戻れないとのことですが、次に東京に戻ってくる時には成功を収めていてほしいと願わずにはいられません。

花山伊佐次、間もなく

雑誌の第一号で手痛い失敗をしたものの、鉄郎叔父さんの言葉と気持ちを受け取り第二号の出版に踏み切る常子ちゃんが花山伊佐次と合流する。

その記念すべき瞬間のフラグがついに立ちました!

今回、常子ちゃんと花山伊佐次の将来の協業を暗示するエピソードの数々が丹念に描かれました。

その一連のエピソードの中で気になるのは、出版の一切から身を引くと決めた花山伊佐次が何故、わざわざ常子ちゃんたちの雑誌『スタアの装い』を買い求めたのか。

しかも家に帰って食い入るようにその雑誌を見つめていた動機は一体何なのか。

今回描かれたこれら花山伊佐次の一連の謎の行動が、次週ではどのように回収されてゆくのか。これほど翌週を待ち遠しく思ったのは『とと姉ちゃん』始まって以来です。

戦前戦中よりも厄介さが増したようにも見える花山伊佐次を説き伏せて、常子ちゃんが花山伊佐次と力を合わせるまでのドラマがどのように描かれるのか。

次週、盛り上がりそうです。『とと姉ちゃん』全編を通して最も重要な一週になるような気がします。

<<前回83話 | 次回85話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

6 Responses to “窮地の常子に五反田助言 / とと姉ちゃん 第84話”

  1. そら より:

    浜松の時はうなぎの養殖に手を出してましたね。
    うなぎもジーンズも、時代を先取りしている感じなので、いつかは大成功して欲しい!

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      そう言えばうなぎにも手を出してましたね。すっかり忘れてました。うなぎの前にカブト虫で失敗したとか、そんな話もあったようだ。再び画面に登場する際は成功していてほしいものです。

  2. 1013 より:

    今までもお金を持ち逃げされたとか、鉄郎叔父さんはパートナー選びで失敗している感じですよね。
    期を見る目はあるのだから人を見る目も養ってほしいですね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      鋭い指摘です。誰でも信じてしまうお人よしなんでしょうね、鉄郎叔父さんは。

  3. よるは去った より:

    あのパクりの雑誌が並ぶ態はアジア大陸の中にある某国に来たような錯覚を呼び起こします。それはそれとして米軍のモノを売っていくのも簡単ではなかったようですな。せめて舞鶴では成功してほしいものです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      米軍の横流し品で儲けた人も少なくなかったようなので、鉄郎叔父さんはよっぽど運が悪かったんですね。でもブラックなビジネスに手を染めないで済んだという点では幸運かもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ