花山が激怒し事務所去る / とと姉ちゃん 第102話

連続テレビ小説(朝ドラ)『とと姉ちゃん』
2016年7月30日(土)放送
第17週 第102話「常子、花山と断絶する」

『とと姉ちゃん』第17週 第102話 「常子、花山と断絶する」あらすじと見どころ解説

『あなたの暮らし』第5号発売日の朝、常子は花山に白状しました。資金難の窮地から脱するため、やむを得ず花山には黙って雑誌に広告を載せたことを。案の定、寝耳に水の話に花山は烈火のごとく激怒しました。

金のために魂を売るような真似をする常子とは、これ以上一緒に雑誌をつくることなど出来ない。花山は常子にそう言い放ちました。常子の釈明の言葉は花山の耳には入らず、常子の制止を振り切り花山は事務所を出て行ってしまいます。

花山を引き止めたいのは、花山に心酔していた美子も同じでした。どうしたら花山に戻って来てもらえるだろうか。気落ちする美子に君子が言いました。花山ともう一度話し合うきっかけをつくれないものかと。

その君子の一言に美子はヒントを得ました。一計を案じた美子は、花山があたためていた次号企画「小麦粉をつかった新料理」を常子に提案。美子が自分で考えたと主張するその提案を採用することを常子は決定するのでした。

<<前回101話 | 次回103話>>

midokoro
常子がとった内緒の行動が花山の知るところとなりました。

常子が自分の口で自分のやったことを花山に白状したのです。

『とと姉ちゃん』第17週 第102話 「常子、花山と断絶する」
 事前発表あらすじのレビューと解説

『あなたの暮らし』第5号にして広告収入に頼らざるをえない窮地。その窮地を脱するためにとった行動によって花山が出て行くというさらなる窮地を招いた常子。

そんな窮状を美子がなんとかしようと動き始めます。ただし、美子がどんな算段をするのかは本記事投稿時点では不明です。

ちなみに史実では大橋女史がはじめて手がけた『スタイルブック』は第6号で刊行を打ち切られています。

『スタイルブック』が大ヒットするや、現代では考えられないことですが他の出版社が『スタイルブック』という名の入った雑誌を次々に刊行。

書店の棚が『スタイルブック』であふれかえる中、本家の『スタイルブック』はパクリ『スタイルブック』の中に埋もれてしまったのだそうです。

また読者を職業婦人にターゲットを絞った『働くひとのスタイルブック』など、時代の先を行き過ぎたために企画がはずれるなどして、たちまち経営は火の車に。

思い出の詰まった『スタイルブック』に見切りをつけ、会社の存亡をかけて創刊したのが『美しい暮しの手帖』。現在も刊行が続いている『暮しの手帖』です。

『とと姉ちゃん』第17週 第102話 「常子、花山と断絶する」
 朝ドラ観賞後の感想

美子、花山を連れ戻す

出版社の経営を預かる常子ちゃんと、現実的で安定志向の鞠ちゃんの二人の姉が広告掲載はやむなしと考える中、花山さんの人物と仕事を心から尊敬しているよっちゃんが意外なほどに花山さんの立場を支持してねばる姿がとても新鮮でした。

よっちゃんの花山さんとの初の対面場面では、花山さんの毒舌にあやうく泣き出しそうになったものの、その後は少しづつ少しづつ花山さんに心酔。

今週に入ってからは、たとえ花山さんに怒鳴られても素直に聞き入れ、仕事道具にはこだわりを持てという花山さんの教えを愚直に実行。

よっちゃんが花山さんに心酔するまでの過程を今日まで丁寧に描き続けてきたのは、今回の常子ちゃんと花山さんのトラブル解決のためにあったのでしょうか。

広告は断固拒否という姿勢を貫き通す花山さんに理解を示したのは、出版社の中ではよっちゃんただ一人でした。

もし、よっちゃんまでもが広告はしかたないと考えていたら。もし、よっちゃんが花山さんにそれほど心酔していなかったとしたら。

もしそんな状況だったら花山さんは去ったまま。花山さんを連れ戻そうと算段する者は出版社の中には一人もいません。

「話し合うきっかけがあるといいんだけれど」

君子さんがなにげなく口にしたこの一言の中の「きっかけ」に反応したよっちゃん。

水田くんが花山さんのアイディアをパクろうとしたその行動にもよっちゃんは何かの着想を得たのでしょうか。

よっちゃんが提案した企画は花山さんのパクリ。それを自分のアイディアだと言い切るよっちゃんのしたたかな「算段」がはじまります。

幼少期、滝子さんとまつさんの心を巧みにとらえて犬猿の仲の二人からちゃっかりとおやつをせしめていたよっちゃんの、末っ子ならではのしたたかさが間もなく久しぶりに全開しそうです。

次週のサブタイトルは「常子、ホットケーキを作る」ですが、「美子、花山を連れ戻す」の方が当たっていそうなよっちゃんの活躍を期待せずにはいられません。

<<前回101話 | 次回103話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

19 Responses to “花山が激怒し事務所去る / とと姉ちゃん 第102話”

  1. エイスケの後輩 より:

    スポンサーが付くと表現内容に文句をつけられる危険性があるという点については、自分もそう思う経験が有るので理解できます。
    学生時代に音楽系のサークルに所属していたのですが、半世紀以上の歴史や、規模も大きかったにも関わらず、はっきりとしたOB会を組織していませんでした。これは、どうしてもOB会があると、サポートしたがり、そうなると見返り?に活動内容に口出しをされるようになるからとのことで、団体に能力があれば自力で何とかなると言っていました。
    確かに、OB会との繋がりが強かった同系列の別サークルは、OB会の支えで立派な発表会を開いたりされていましたが、時代的な環境の変化で部員が減り、結局廃部になってしまいました。これはOB会の口出しで、時代に合わせた部員勧誘方法が取りづらかったからと聞いており、また能力自体も衰えて魅力が乏しくなってしまったからだと感じていました。

    本作であれば、魅力的な内容であれば自力で何とか出来るけど、そこまでのネタがなくて、スポンサーに頼らなければ生き延びられない、でもそもそも魅力ある内容でなければどんなにスポンサーがいてもいつかは潰れてしまう、という事でしょうね。

    ただ、花山氏の場合、どうしてそこまで広告を毛嫌いするに至ったかの理由がまだ具体的には出てきておらず、引っ掛かるので、それが語られたらなと思っています。

    長々失礼しました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      これは出版でなくインターネットの世界の話ですが、数ある検索エンジンの中からグーグルが生き延びることが出来たのは広告の誘惑に負けなかったからと言われています。
      花山氏は学生時代から「編集長」の経験があるので、エイスケの後輩さんのようにOB会の圧力に難儀した苦い経験があるのかも知れませんね。

  2. えびすこ より:

    ストーリーとは直接関係ないのですが、大橋3姉妹は会話で西静岡地域の方言を使用していないのでは?
    遠江地域の方言を3姉妹の誰1人しゃべっていない…。
    4か月目終了の今日になって気づきました。
    あと今作は方言を使う人自体がほとんどいないかも。
    朝ドラのヒロインで東京周辺以外の地域出身の人で方言を使わないのは珍しいのでは?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      三姉妹はすでに人生の半分近く(よっちゃんは半分以上)を東京で過ごしているので、すっかり東京の人になってしまったのかも知れないですね。余談ですが、僕の周囲の人々を観察する限り、血液型がB型の人は方言が抜けない傾向があります。

      • はなはな より:

        そうですね。私も同じような違和感が生じていました。
        常子の口癖「どうしたもんじゃろのぉ」だけが浮いている印象を受けます。

  3. もんすけ より:

    広告を載せる、載せない…。
    印刷の質には、お金に糸目はつけない、つけられない…。
    立場による譲れない線引きの中、花山さんを巡っての常子ちゃんと美子ちゃんの反目は悲しいですね。
    その中で、常子ちゃんの「アイデアは花山さんの物。それを盗んでは決していけない」との強い言葉。
    その言葉は、編集者として、経営者として、雑誌の賛同者としての常子ちゃんの花山さんを尊重する姿勢、絶大なる信頼として、美子ちゃんの心に響き、姉妹の気持ちをつなぎとめたのではないかとも感じました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      花山さんにあんな形で去られても、花山さんの仕事を尊重する常子ちゃんの姿勢がきよらかで素敵でしたね。社長の風格をはじめて感じた瞬間でした。

  4. ともとも より:

    朝見て、昼見て、スタパの特集を見ました。
    駆け足でこれまでをまとめた合間に、出演者のお話があって、とても分かりやすかったです。
    生前のととの姿とか、運動会の爆走とか、おばあちゃんズの口喧嘩とか、懐かしかったです。
    あの人は元気かなぁ?と、いろんな登場人物を思い出します。
    叔父さん、星野さん、清さん、隈井さん、早乙女さん、お竜さん・・・今後また顔を見せてくれるといいなぁ。

    次週予告で水田さんがプロポーズしてましたね♪
    水田「結婚してください!」花山「断る!」の流れに笑いました。編集の妙ですね(笑)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      今週になって戦前編キャラ・東堂先生と森田屋夫婦が復活したことで、なおさらのこと戦前編を彩った人々が懐かしくなってしまいましたね。鉄郎叔父さんはまた出てくるような気がしています。星野くんは復活確定。隈ジイはすでに高齢なので難しいですが、まだ若い清くんや早乙女さんには再登場してほしいです。

  5. tonko より:

    東堂先生の女性らしい立ち居振舞い、話し方
    女学校時代と変わらず、背筋が伸びる思いでした
    片桐はいりさんの演技が素敵です

    今週は、「住」がテーマ
    今流行りのDIYリフォームに通じる所がありますね

    「食」がテーマの時は
    森田屋さんが活躍するのでしょうか?
    洋食の話をイキイキと話す宗吉さんの横で
    照代さんの目が泳いでいたのが
    何かのフラグかと心配になりました

    滝子さんとまつさんの話しは残念でしたが
    直接、亡くなる場面があるよりは良かったです

    欲を言えば、富江ちゃんに会いたかったなぁ…

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      東堂先生と森田屋夫婦。戦前編キャラの復活が、人々の暮らしが落ち着きを取り戻す様を暗示しているかのようで嬉しい週となりましたね。

      > 富江ちゃん

      洋食屋を開業するために宗吉さんが東京に戻って来る時に、富江ちゃんと長谷川くんはどうなるのか僕も気になっています。

  6. よるは去った より:

    今日の回から来週はかなり美子ちゃんの活躍ぶりが見れますね。次週予告を見たらcook do 父娘の再会も。食料事情がよくなり始めた時に・・・・・。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      次週はよっちゃん週確定ですね。
      サブタイトルの主語を次週は「美子」にしてほしいくらいです。

  7. エイスケの後輩 より:

    谷さんに対する考察が、深く、そして暖かく感動しました。
    さすが朝蔵さん。

    やっぱり常子の出版業全般における師匠は、谷さんなんでしょうかね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      谷さんは常子ちゃんにとって、いわゆる「若い頃に仕事の基礎を教えてくれた恩人」ですね。常子ちゃんの大切な人として最後まで登場してほしいなと思います。谷さん大好きです。

  8. うつ より:

    史実では花森安治は大橋鎮子に何だかんだ言っても、
    最後まで協力的であったとされるが、
    このドラマではどうなんだろうか?

    花山を怒らせてしまった以降、
    常子ひとりで会社を何とか出来るとは到底思えないし。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      このドラマでも常子ちゃんと花山さんは最後まで信頼し合いながら仕事をするものと思われますが、ドラマを盛り上げるネタとして二人の対立は何度か描かれるかも知れませんね。

  9. とんこねら より:

    こんにちは。
    実在の雑誌名は「暮しの手帖」です。(「ら」はありません)
    揚げ足を取るようなミスプリ指摘ばかりで、すみません。
    一応固有名詞なので。
    いつも楽しみに読ませていただいています。
    これからもよろしく。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      ご指摘ありがとうございます。
      訂正させていただきました。
      誤表記、かなりたくさんありました(汗)

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ