とと姉ちゃん 第16週 “あなたの暮し”誕生す

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『とと姉ちゃん』
2016年7月18日 〜 7月23日放送
第16週「“あなたの暮し”誕生す」

『とと姉ちゃん』第16週「“あなたの暮し”誕生す」あらすじ

昭和21年(1946年)12月。花山伊佐次を編集長に迎え、常子は出版社の起業と新雑誌の創刊の準備を開始。一方で、鞠子と美子は三姉妹で立ち上げる出版社が入居する事務所探しのため、花山が希望する銀座界隈を奔走します。

常子と花山による雑誌の企画づくりがはじまりました。常子は新橋のカフェで男性客相手に働く綾や店員たちに取材。一方の花山は洋裁学校を取材し、世の中の女性が求めていることを見きわめ、それを新雑誌創刊号の企画にまとめてゆきました。

そんな中、調査を重ねた花山は手持ちの反物から誰もが簡単にワンピースをつくることが出来る「直線裁ち」という手法を考案。そして、直線裁ちのワンピースづくりが新雑誌創刊号の誌面を飾る目玉企画に決定します。

そして迎えた新雑誌『あなたの暮らし』創刊号発売当日。花山の企画は当たり、雑誌は飛ぶように売れました。世の女性たちの注目が集まる「直線裁ち」の講座も開講。しかし、その講座を面白く思わない者がいました。洋裁学校の校長です。

<<前週 第15週 | 次週 第17週>>

『とと姉ちゃん』第16週「“あなたの暮し”誕生す」各回あらすじとレビュー

第91話 7月18日(月) 常子たちが創刊準備開始
第92話 7月19日(火) 綾の姿に呆然となる常子
第93話 7月20日(水) 常子と花山、取材に歩く
第94話 7月21日(木) 反物から洋服つくる提案
第95話 7月22日(金) 新雑誌「あなたの暮らし」
第96話 7月23日(土) 直線裁ちワンピース講座

『とと姉ちゃん』第16週「“あなたの暮し”誕生す」
 事前発表あらすじレビューと歴史・時代背景の解説

生涯のパートナーである常子と花山伊佐次の二人三脚で雑誌をつくってゆく、本作の主題とも言うべき物語がはじまります。

第16週のレビューと見どころ

上に記した今週のあらすじからは省きましたが、今週は綾が再び登場。困窮を極めた姿で常子と再会します。綾はまた、食べてゆくために銀座のカフェ(現代のキャバクラみたいなもの)で働き、厚化粧をして派手な衣装を身にまとった姿が常子を驚かせます。

ところで綾の実在モデルと思われる人物は、戦後になって大橋女史の出版事業に参画しています。恐らく綾にもそのような展開が用意されているものと思われます。

しかし、常子と綾が一緒に働く日を迎えるまで二転三転ありそうです。

裕福な家の令嬢だった綾が家賃も払えぬほどのどん底に陥り、そこから這い上がってついに常子の協力者になるまでの物語は、常子と花山の協業が描かれる物語と並んで『とと姉ちゃん・戦後編』の最大の見どころとなりそうです。

歴史・時代背景

昭和21年(1946年)
史実では今週の劇中で描かれる昭和21年(1946年)、大橋鎮子女史は「衣装研究所」という名の会社を設立。事務所は東京の銀座八丁目にある日吉ビル3階。現在、リクルートビルが建っているあたりと言われています。

「衣装研究所」の社長に就任した大橋女史は、花森安治氏を編集長に迎えてファッション誌『スタイルブック』を創刊。この雑誌の誌面で花森氏考案の「直線裁ち」を紹介したエピソードが今週一週間にわたって描かれる物語のモデルです。

ちなみに『とと姉ちゃん』劇中で、常子が花山を迎える前に刊行した雑誌が大ヒットするものの他社に真似され窮地に陥るというエピソードは、『スタイルブック』の実話が参考になっているものと思われます。

さて『スタイルブック』の創刊は大評判となり、これとそっくりな雑誌が40種近くも刊行されてしまったため、ニセモノ『スタイルブック』の中で本家本元の『スタイルブック』が埋もれてしまい売り上げが急減したということが実際に起こったそうです。

『とと姉ちゃん』第16週「“あなたの暮し”誕生す」一週間のエピソード観賞後の感想

いわゆる「ツンデレ」キャラを下手な人が演じると、「ツン」が「デレ」になった直後からそれまでの「ツン」キャラは影をひそめてしまい、登場人物が生まれ変わったかのごとく「デレ」キャラになりきってしまいがちです。

さて、唐沢演じる花山伊佐次という人物は「ツン」という表現では納まりきれないほどの極端なほどの「ツンデレ」キャラです。とりわけ初登場をはたした内務省の場面での「超」がつくほどの「ツン」演技は、その後の「デレ」への展開など想像もつかないほどの強烈さでした。

物語の後半・戦後編に入ってからも、その「超ツン」キャラは健在でした。

しかし、相変わらずの「超ツン」キャラで花山伊佐次を描きつつも、知られざる意外な一面を少しづつ少しづつ明らかにしてゆく演出は秀逸。

妻や娘、戦友とそのお父上、亡き母や市井の人々に向けられた「デレ」な一面、もう一つの花山伊佐次の顔が今週はついに常子ちゃんたちにも(少しだけ)向けられました。「ツン」が「デレ」に転じる瞬間でした。

しかし「ツン」が「デレ」に転じながらも、初登場場面で見せた「超ツン」キャラの強烈さは失われることなく、直線裁ちワンピースの写真撮影の場面では絶叫に近い怒鳴り声で常子ちゃんたちを「笑えっ!!」と恫喝する「超ツン」ぶり。

損なわれない「超ツン」キャラ。そんな中で時おり見え隠れする「デレ」キャラ。この絶妙なバランスは神レベル。ただただ唐沢さんの仕事に圧倒されっぱなしの一週間でした。

唐沢さんの超絶演技の影響もあってか、視聴率も絶好調。今週には各回平均視聴率が自己ベストを更新し、好調だった『マッサン』の最高記録も突破。

なんだかすごいことになってきました。

<<前週 第15週 | 次週 第17週>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ