水田の求婚を鞠子は保留 / とと姉ちゃん 第109話

連続テレビ小説(朝ドラ)『とと姉ちゃん』
2016年8月8日(月)放送
第19週 第109話「鞠子、平塚らいてうに会う」

『とと姉ちゃん』第19週 第109話 「鞠子、平塚らいてうに会う」あらすじと見どころ解説

昭和25年7月。水田からプロポーズされたものの鞠子は答えることが出来ないまま二週間が経過。求婚を断られたと思い込み、自信を喪失した水田は深く落ち込んでしまいました。美子は心配します。水田は鞠子との結婚をあきらめてしまうのではないか。

その頃、鞠子は迷っていました。作家を夢見て大学にまで入れてもらったものの、作家にはなることが出来ず大学で学んだことも仕事に何一つ活かせていない。何もやり遂げず家族の役にも立てないまま結婚など出来ないと。

迷いに迷った鞠子は恩師の東堂チヨのもとに足を運び相談しました。仕事を続けるべきか結婚するべきか迷っていることを。そんな鞠子にチヨが告げます。何か一つのことをやり遂げてみれば自ずと答えは見つかるのではないと。

そんなある日「あなたの暮し出版」にトラブルが発生します。原稿を依頼していた作家が締め切り直前になって執筆を断ってきたのです。代替案を探せと怒り心頭の花山に鞠子が提案しました。平塚らいてうに執筆を依頼してみてはどうかと。

<<前回108話 | 次回110話>>

midokoro
前週末についに水田は鞠子にプロポーズしました。

そのまますんなりとゴールインかと思いきや、鞠子は答えを保留にし、水田は鞠子との結婚をあきらめかねないほどに深く落ち込んでしまいます。

『とと姉ちゃん』第19週 第109話 「鞠子、平塚らいてうに会う」
 事前発表あらすじのレビューと解説

君子のように結婚し、家庭を守る生き方を選ぶべきか。それとも常子や美子たちとともに出版の仕事を続け、家族を支え続ける生き方を選ぶべきか。

鞠子は迷いに迷います。

そんな迷う鞠子を導くのは恩師の東堂チヨ。チヨが鞠子に助言します。

何かひとつでもいいから大きな仕事をやり遂げることが出来れば、結婚への迷いも消えてなくなるのではないかと。

さて、チヨの助言を受けた鞠子に大きな仕事をやり遂げるチャンスがまわってきます。

次回あたりで、前作『あさが来た』にも登場したある歴史上の人物が登場します。

『とと姉ちゃん』第19週 第109話 「鞠子、平塚らいてうに会う」
 朝ドラ観賞後の感想

よっちゃんの優しさ

今日は夏休みを利用して8月後半のエピソードの編集に当っていたのですが、その頃のエピソードと合わせてよっちゃんのお姉ちゃん思いが心に沁みる回でした。

常子ちゃんが東堂先生のもとに鞠ちゃんのことで相談に行ったのも、もとはといえば常子ちゃんがよっちゃんに背中を押されたからです。

水田くんが鞠ちゃんに気があるらしいと誰よりも早く察したよっちゃんのこと、誰よりも二人の幸せ、鞠姉ちゃんの幸せを願っていたのでしょう。

ちょっとネタバレになりますが、よっちゃんは常子ちゃんの幸せに対しても真剣なところを見せる場面が用意されています。

今日、そのあたりのエピソードを編集していたのですが、よっちゃんの一貫してブレない優しさがまぶしい回でした。

鞠ちゃんの名前がサブタイトルに初登場

よっちゃんの優しさも心に沁みますが、今週は鞠ちゃん週。サブタイトルにも「鞠子」の名前がはじめて登場しました。

子供の頃、三姉妹の中で図抜けて秀才だった鞠ちゃん。

三姉妹の中で唯一大学にまで進学、将来の夢も明確に持っていた鞠ちゃんでしたが時代があまりにも悪過ぎました。

大学を卒業後は作家になる夢を断念。

ここまでは仕方ないとしても、戦後になってやっとめぐって来た文筆家として活動の機会も、天才の前では秀才の能力などかなうわけがありません。

自分の居場所、活躍する場所がありそうでない鞠ちゃん。

三姉妹の中で一番秀才だった過去とプライドがあるからこそ、今の状況はかなり苦しいはずだと思います。

東堂先生に励まされやっと前に進みはじめた時の鞠ちゃんの明るい表情。その直後、花山さんからまたしても全否定されてしまいすっかり落ち込む鞠ちゃん。このギャップがつら過ぎました。

何一つやり遂げることが出来ず、その度に目標を変えるのは情けない。才能がないから諦めて結婚なんて、そんな失礼なことは出来ない。

鞠ちゃんの真面目さ、けなげさが泣かせる週になりそうです。

余談

執筆ドタキャンで激怒するあまりに受話器を放り投げる花山さん。その宙を舞う受話器をみごとにキャッチする男性社員。もし、受話器を取りそこねていたらあの場面は撮り直しになっていたんでしょうか。

<<前回108話 | 次回110話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

10 Responses to “水田の求婚を鞠子は保留 / とと姉ちゃん 第109話”

  1. わかな より:

    余談についてです。
    唐沢さんがスタジオパークに出演された際、撮影中に受話器を投げ飛ばして壊してしまい、お詫びで後日スタッフ全員にお弁当を差し入れしたとおっしゃっていました。もしかしたら、今回の収録分でかもしれませんね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      そんなことがあったんですか!受話器を壊したということは一度はキャッチに失敗して撮り直してるんですね。

  2. いも姉ちゃん より:

    今週は鞠子が主役の一週間のようですね。

    今週だけ番組タイトル「まり姉ちゃん」
     ヒロイン 小橋 鞠子(相楽 樹)に変えてもいいくらい?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      本当にそう思います。しかも今週の演技は主役レベルの難しさです。

  3. もんすけ より:

    (自分には文才がないことを思い知らされる…)
    仕事の悩みで事務所を飛び出す鞠子ちゃんを追ったのは、「とと」姉ちゃんではなく、水田さん。
    可愛かった娘がいよいよ親から彼氏へと巣立つ過程に、親世代から見るとググーッと切なく、ほろ苦く。

    東堂先生、鞠子ちゃんから相談を受けたことを、一輪挿しの向日葵にも負けないくらいの飛び切りの笑顔で常子ちゃんに話されていましたが、今回は鞠子ちゃんから口止めされなかったのでしょうか。少々心配に。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      そう言えば、かつて鞠ちゃんが進路のことで東堂先生に相談にのってもらった時も内緒にしてほしいとお願いしてましたね。今回は忘れてたんでしょうか。

  4. 美鳥 より:

    片桐はいりさんが演じる東堂チヨ先生、素敵です。
    昭和の時代の、凛とした女性の持つ品と美しさが醸し出されています。
    こんなに素敵な女優さんだとは知りませんでした。
    朝ドラは配役が素晴らしいですね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      昔の教え子をいつまでも自分の子供のように大切にする古き良き時代の先生像を、片桐はいりさんがみごとに観せてくれたと思います。

  5. よるは去った より:

    平塚らいてう先生への執筆依頼。あこがれの平塚らいてう先生との出会い、そして原稿をもらったということが鞠子ちゃんの「やり遂げた。」ていう自信につながっていくわけですね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      やり遂げた!と満足そうな鞠ちゃんの明るい笑顔を早く観たいですね!

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ