商品テストに社運賭ける / とと姉ちゃん 第119話

連続テレビ小説(朝ドラ)『とと姉ちゃん』
2016年8月19日(金)放送
第20週 第119話「常子、商品試験を始める」

『とと姉ちゃん』第20週 第119話 「常子、商品試験を始める」あらすじと見どころ解説

星野が森田屋にやって来たその日から月日は流れ昭和31年(1956年)11月。常子は商品テストの実験室としてビルの一階を新たに借りることにしました。社員総出で行う実験室の設置準備には、鞠子も手伝いに来ました。

新たに設置された実験室で花山は社員たちに熱弁します。この実験室でこれから行う商品テストは、人々の暮らしを守るための戦いになるのだと。そして、実験室での商品試験の第一号に選ばれたのは歯ブラシでした。

花山が指揮を執る中、商品テストが開始。三ヶ月にも及ぶテストでは、歯ブラシの毛の本数と密集度の調査。毛先の形状の顕微鏡での精査。実際に使用して耐久性をテストするなど、いかにも花山らしい厳しいテストが繰り返されました。

その歯ブラシの試験結果と、かねてより取材を重ねてきた台所特集の二つの目玉企画を載せた『あなたの暮し』最新号は評判を呼び、売り切れ店が続出。常子は最新号ではじめた二つの新企画に大きな手応えを感じるのでした。

<<前回118話 | 次回120話>>

midokoro
「あなたの暮し出版」が実験室を社内に設置することで、史実にもある商品テストが本格的に開始されます。

商品テストはやがて『あなたの暮し』の代名詞のようになってゆきます。

『とと姉ちゃん』第20週 第119話 「常子、商品試験を始める」
 事前発表あらすじのレビューと解説

常子が商品テストの着想を得たのは、星野の娘の服をよごしてしまった粗悪品の赤い傘。そして社員の一人がケガをしたミシン。

この時の常子のアイディアを花山は大絶賛。

花山が大絶賛したことで、常子のささやかなアイディアはやがて社運をかけるような一大事業へと発展します。

花山も情熱のすべてを商品テストに注ぎ込むような勢い。

実験室のために新たに一階を借りるための費用。テスト対象となる歯ブラシを大量に買い集める費用。そして顕微鏡などの設備を購入する費用。

これまで劇中で様々な企画が描かれてきましたが、これほど大掛かりな企画は初めてかも知れません。

『とと姉ちゃん』第20週 第119話 「常子、商品試験を始める」
 朝ドラ観賞後の感想

商品試験、受難のフラグ

実験室の設置が完了する中、家電製品の商品試験を行ってゆく将来構想を述べる花山さん。その構想をいきなり始めるのはリスクが高いと異を唱える水田くん。

その水田くんの意見に間違いはないと常子ちゃんが賛意を示し、花山さんも常子ちゃんと水田くんの考え方を真摯に受け止める。

自分の理想をひたすら追求するタイプの花山さん。花山さんとは正反対のリアリスト水田くん。そして、まったく異なる方向を見ている花山さんと水田くんを一つにまとめあげる常子ちゃん。

三人のチームワーク、そして絶妙な息の合い方。10年近く一緒に仕事を続けてきた時間の重みを感じずにはいられません。

三人ともいい時間の過ごし方をしてきたに違いありません。

商品試験企画は来週あたりから受難の日々を迎えますが、今回の三人の結束の描写は三人の絆の太さが試される試練のフラグでしょうか。

そして受難の日々のはじまりが早くも次回には描かれるようです。

商品試験を継続するか、それとも撤退するか。常子ちゃんがそんな決断を迫られるところまで追い詰められる事態が発生するようです。

何が起こるんでしょうか?

追記:常子ちゃんが初の自社商品試験で歯ブラシを思いついたのはたまきちゃんの虫歯がきっかけだったんでしょうか?些細なことですが気になりました。

リトルよっちゃんのフラグ

戦前篇で描かれた常子ちゃんの星野くんの恋。

僕の記憶が正しければ、鞠ちゃんは姉と星野くんの間に流れるただならぬ空気に気づいてはいない様子でしたが、リトルよっちゃんはまだ幼いながらも何かに勘づいているような表情を幾度か見せていました。

それもあってか、常子ちゃんと星野くんの15年ぶりの再会への反応の、鞠ちゃんとよっちゃんの姉妹の間に微妙な温度差があるところが気になります。

鞠ちゃんは懐かしい人と再会したのか程度の驚き。ところが、よっちゃんは常子ちゃんの結婚問題にまで言い及ぶ前のめりぶり。

次週以降、よっちゃんは常子ちゃんと星野くんの二人の関係のことを真剣に案ずる展開となるようですが、そんなよっちゃんの行動のフラグがリトルよっちゃん時代に既に立っていたとは!

とあるネットニュースで、あるライターの方が『とと姉ちゃん』にはフラグもなければ、フラグらしきものがあっても回収すらしない、みたいなことを記事に書いていたのを記憶しています。

フラグの回収がない!という判断、早とちりでしたね。

<<前回118話 | 次回120話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

12 Responses to “商品テストに社運賭ける / とと姉ちゃん 第119話”

  1. ア※ラッキー より:

    朝蔵さんがー朝ドラ鑑賞後の感想ーで、鞠子ちゃんと美子ちゃんの温度差を書かれていましたが、あくまでも、私おばちゃん的目線ですが、結婚しているか、してないかに・・・と思われます。鞠子ちゃんも、もしかして独身だったら応援するかも・・・しれません。それで、なんかモヤモヤしてるのかも・・・。そのモヤモヤは、なんでそこで、星野さんが出てくるの・・・って。私だったら、応援しちゃうなあ。とと姉ちゃんの復活LOVE。

    ところで、姪っ子さんに(ごめんなさい。役名忘れちゃいました)常子ちゃんのこと、とと姉ちゃんおばちゃんって、呼ばせるなんて、じゃあ美子ちゃんは、なんて呼ばせているのかしら・?「よっちゃん」かしら?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 結婚しているか、してないか

      なるほど、その違いは大きそうですね。既婚か未婚かで他人の恋愛事情への関心の持ち方は変わってきますからね。

      > 美子ちゃんはなんて呼ばせているのかしら・?

      よっちゃんおばちゃんでしょうか?でも、よちゃんの年齢から言ってそれはちょっと気の毒なような・・・

  2. とん より:

    あら、金曜は感想なしだったんですね

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      金曜日回の感想、投稿したつもりになってすっかり忘れていました。
      投稿を完了しましたのでご笑覧ください。

  3. エイスケの後輩 より:

    他の方もコメントされているかもしれませんが…

    歯ブラシと言えば歯みがき粉。
    こちらは史実通りの、女学生時代に歯みがき粉を販売したエピソードと、脚本はリンクさせたのでしょうかね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      実際に行われた商品試験のアイテムはたくさんあるはずにも関わらず、わざわざ劇中で歯ブラシをチョイスしたのは、ご高察の通り戦前のエピソードとリンクさせたのかも知れません。

  4. ともとも より:

    星野さんとの再会を、鞠ちゃんだけが知らなかったんですね。
    意味ありげに常子さんを見る視線が、恋バナへの矢印のようです。
    とはいえ、鞠ちゃん、子連れでのお手伝いは、ちょっとお邪魔になってませんか?(笑)みんなが重たい荷物を持っている足元を走り回る元気な環ちゃんには、はらはらしました。
    そして、やっぱり花山さんにも、誰かさんに似て見えるようですね♪

    新しい実験室に、常子さん・花山さんはじめ皆さんが期待に胸ふくらませ、また、人々の暮しを豊かにするための使命感に燃えている時にも、一人冷静に判断し、そして熱気に水を差すことになろうとも言うべきは言う水田さん、素敵です。
    (もしかしたら名前の「水」にはこういう意味があるのかも)

    歯ブラシの品質試験、とっても地道です。
    仕事とはいえ、家族そろって、1、2、3・・・と号令かけて磨く様子は、どこのお宅も仲良し一家に見えて微笑ましいです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 名前の「水」にはこういう意味

      鋭い指摘ですね!鞠ちゃんの「ネタ」としてだけ付けられた名前だと、水田くんがあまりにも気の毒です(笑)

  5. もんすけ より:

    「一日三回、毎食後!」
    少女時代、練り歯磨きの生産販売していたのを、往年の森田屋の面々のセールストークと笑顔とともに思い出しました。
    家族で手作り商品を売っていた時とは逆転し、今度は商品の良さを会社規模で徹底検査する。その石けんに続く対象商品が歯ブラシなのがいいですね。歯槽膿漏に悩む世代、妙齢なご婦人達を新しい形で救ってくれるのでしょうか。

    鞠子ちゃんも知らなかった星野さんとの再会。
    前回の「生きてやがった」「夢じゃないのよね」の言葉とは裏腹に、無事に復員できた星野さん話。常子ちゃんもかかも美子ちゃんには伝えず、また、鞠子ちゃんにも伝えていなかったのは、それだけ常子ちゃんは仕事で、美子ちゃんは仕事とデートで、鞠子ちゃんは育児や家事で忙しく、会話する機会が少なかったということなのでしょうか。それとも今やシングルファザーの身というのが、なんとなくデリケート? 無事と偶然の再会はビックニュースなのに…、星野さん。。。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      鞠ちゃんは、たまきちゃんを連れて君子かかのもとにちょくちょく足を運んでいることが考えられるので、そんな中鞠ちゃんが星野くんのことを全く知らなかったというのは、常子ちゃんの複雑な胸中を察した君子かかが、騒ぎにならぬよう黙っていたのかも知れませんね。

  6. よるは去った より:

    水田「ナイロン製と豚毛では耐久性が違う。」 思えば「豚毛」と肩書きのついた歯ブラシと他とどう違うのか、あまり気にも留めずにいたような気がします。しかし最初に手がけた事業が「練り歯磨き」で「,あなたの暮らし」で「歯ブラシ」の商品試験を取り上げるようになるとは。ひとつ間違えたら今頃自分達が叩かれる立場だったかも知れないのに。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > ひとつ間違えたら今頃自分達が叩かれる立場

      戦前の歯磨き粉事業が失敗に終わったのは、不幸中の幸いだったのかも知れませんね(笑)

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ