星野が常子を抱きしめる / とと姉ちゃん 第129話

連続テレビ小説(朝ドラ)『とと姉ちゃん』
2016年8月31日(水)放送
第22週 第129話「常子、星野に夢を語る」

『とと姉ちゃん』第22週 第129話 「常子、星野に夢を語る」あらすじと見どころ解説

青葉からの助けを求める電話を受け、常子が星野の家に駆けつけると熱を出しているはずの大樹は元気にしていました。その日は青葉の誕生日で、常子に来てもらいたい一心の青葉が嘘をついたのです。

大樹のことを真剣に心配していた常子は、大樹が元気にしている様子に安心し目に涙を浮かべます。そんな常子の優しさに感激した星野は常子に本心を告白しました。もっと常子と会いたい、もっと一緒にいたいと。

常子も星野に応えました。自分も星野や二人の子供たちと会いたいと願っていたが、亡くなった妻の加奈子を愛し続けている星野に迷惑をかけてはいけないと考えていたと。二人の気持ちは通じ合い、星野は常子を抱きしめるのでした。

一方、アカバネ電器の社長・赤羽根は「あなたの暮し出版」の次なる商品試験が電気釜を対象としている情報を入手。その商品試験に自社の電気釜が含まれていることも知った赤羽根は、その商品試験を阻止しようと一計を案じるのでした。

<<前回128話 | 次回130話>>

midokoro
常子と星野の大人の恋の物語の行方がいよいよわからなくなってきました。

義父から再婚を勧められた星野は、ついに自分の本心を常子に対して隠し続けることが出来なくなってしまいます。

『とと姉ちゃん』第22週 第129話 「常子、星野に夢を語る」
 事前発表あらすじのレビューと解説

常子が受けた青葉からのSOSの電話は青葉がついた嘘でした。

星野が繁忙期の間、毎週一回通ってきてくれた常子に青葉はすっかりなついてしまい、自分の誕生日のお祝いに常子にどうしても来て欲しかったのです。

常子が毎週一回通うようになったのは大樹が熱を出したことがきっかけでした。

大樹が熱を出したことにすれば常子はきっと来てくれるはずだ。そう考えた青葉が嘘をつき、青葉の言葉を信じた常子が星野の家に駆けつけます。

しかし、常子が星野の家を訪れたその時、星野の心は揺れていました。直前に義父から再婚を勧められたからです。

星野にとってはこの上ないタイミングでの常子の訪問ですね。

『とと姉ちゃん』第22週 第129話 「常子、星野に夢を語る」
 朝ドラ観賞後の感想

常子ちゃんの手

前回描かれた弓岡さん来訪時の言葉が、星野くんの常子ちゃんに対して抱き続けていた感情のタガをはずしてしまった模様です。

星野くんは何度か亡き妻・加奈子さんへの後ろめたさを口にしていたと記憶していますが、後ろめたさを感じずにはいられないほど常子ちゃんへの感情が高ぶっていたのでしょう。

その後ろめたさから星野くんは解放されてしまいました。

常子ちゃんを抱きしめる星野くん。その星野くんの背中にまわる常子ちゃんの小さくて白い手を見て思いました。

自分の生きがいは会社と雑誌の成長みたいなことを口にしていた常子ちゃんの言葉は、やっぱり強がりだったのかなと。

強がりを言って自分の本心をごまかしながらも、心のどこかではこんな日が来るのを望んでいたのかも知れません。

帰宅後の喜びを隠せない顔。青葉ちゃんになつかれて嬉しいと言っていたものの、嬉しかったのはもちろんそればかりではないでしょう。

よっちゃんは常子ちゃんの嬉しそうな顔をまじまじと見ていましたが、よっちゃんはもしかすると何かを勘づいたかな?

しかし・・・

この先、ちょっとネタバレです。

心のどこかで望んでいたこんな瞬間は、文字通り「瞬間」で終わってしまうことになりそうです。

そう思って見ると、星野くんの背中にまわした手が切ない。

常子ちゃんは再び、会社と雑誌の成長に喜びを見出す生活に戻ることになるのでしょう。そして最終回までそれが続くことになるのかと。

でも、最終回には夢の中に竹蔵ととが出てきて常子ちゃんのこれまで歩んできた道を褒め称えてくれるとの由。

竹蔵ととが最後には、これから描かれる切ない日々を回収し癒してくれることに期待しています。

赤羽根社長:いい加減目障りだな

前回の終わりに登場した赤羽根社長の激怒顔はすごかった!

赤羽根社長の顔を赤く照らしていたのは工場の非常灯でしょうか。その赤い色が赤羽根社長の怒りの深さを表現していました。

しかし、別の言い方をすれば赤羽根社長はただ単に怒っていただけした。

さて、今回の赤羽根社長は怒っていただけでは済まされません。なにしろ社員を二人も使って「あなたの暮し出版」の情報収集をはじめたくらいですから。

いよいよ実力行使に出るということでしょう。

次の「あなたの暮し出版」の商品試験の対象が電気釜であることをつかみ、試験対象の中には自社製品が含まれていることを知った瞬間の赤羽根社長のひと言が怖い。

「いい加減目障りだな」

静かな口調で語られたこの言葉。前回の怒りを爆発させる姿よりもよほど恐ろしく感じたのは僕だけでしょうか。

<<前回128話 | 次回130話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

10 Responses to “星野が常子を抱きしめる / とと姉ちゃん 第129話”

  1. いも姉ちゃん より:

    今日の常子と星野とのシーンはなにか昼のメロドラマを見るような感じでした。
    民放だと、あの後キスシーンまでいっちゃうのか。
    そのかわりに常子の感情を手の動きで表現する。
    それはそれでいいシーンでした。
    また帰宅後の鏡の前での姿も「とと姉」でも「会社社長」でもない、今までみたことのない常子でした。
    でもこの幸せの瞬間が本当に「瞬間」で終わるらしい・・・・。
    そう思ってみるとこれらのシーンはすべて切ない。
    あまり先がネタバレするのは考え物ですね。
    (と言いながらネタバレ記事があればつい見てしまうのですが)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 常子の感情を手の動き

      すべて観る者の想像にゆだねる描写が品があって心に沁みましたね。忘れられない名場面のひとつとなりました。

  2. 1013 より:

    夜更けにお互いの気持ちを確かめ合い男女を優しく見守る美しい月。
    「月が綺麗ですね」と星野さんはまた言ったのでしょうか。
    今度はI love youの意味で。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 月が綺麗ですね

      夜空の月、そんな意味があったんですね。戦前の「月が綺麗ですね」をすっかり忘れていました。

  3. ともとも より:

    青葉ちゃん、嘘はいけませんね、嘘は(笑)
    あー、大樹くん無事でよかった♪常子さんと同じ気持ちです。
    きちんと謝って、許してもらってからの4人は、まさに家族。
    楽しい場面からの、寂しい帰宅・・・かと思いきや!!!
    素敵な告白と抱擁シーンでした。うっとり(#^.^#)
    朝蔵さん・・・ネタバレが・・・あぅぅ・・・
    ラストに竹蔵とと・・・それは嬉しいけど。

    赤羽根社長、静かな方が怖い!本当にそうですね。
    怒りに任せた言動よりも、冷静な采配のほうがきっと残酷。

    赤羽根社長の部下の一人、野間口徹さん、好きなんですよ。
    あまちゃんでは胡散臭いTVプロデューサーでしたね。
    フツーの会社員だったり、スパイだったり、バス旅したり、
    個性がなさそで実はいろんな役ができちゃう器用な方です♪

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      青葉ちゃん、言い訳せずに素直にごめんなさいと言うあたり、やっぱり星野くんの娘だなと思いました。

      ネタバレ失礼しました(反省)

  4. もんすけ より:

    「黒髪の千すじの髪のみだれ髪…」
    おさげでも、後ろまとめ髪でもなく、ぱらりと下した黒髪に櫛梳る姿が写る鏡。与謝野晶子の句を彷彿とさせてような、なまめかしいシーン。
    「とと姉」でもなく、会社の社長でもない、素の自分を日常にさらけ出せる瞬間は、今までほとんどなかったのでしょうね。
    感情を抑えている分、内に秘めた熱量がひりひりと伝わり、痛いほどでした。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 素の自分

      戦前、常子ちゃんが星野くんと会う日の描写以来かも知れません。
      その頃と対にした描き方がみごとですね。

  5. よるは去った より:

    「(電気釜)これで4500円。」「大卒の初任給の半分。」この時代のドラマの面白いのはこういう話ですね。あの場面から一転して社長室で一人ビーフステーキにパクつく赤羽根社長という対比が面白い。自由化よりはるか昔で牛肉が高価だった時代に。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > ビーフステーキにパクつく赤羽根社長

      『とと姉ちゃん』初の肉食野獣系キャラを表現したのでしょうか?(笑)

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ