ゆりと潔が結婚式挙げる / べっぴんさん 第8話

連続テレビ小説(朝ドラ)『べっぴんさん』
2016年10月11日(火)放送
第2週 第8話「しあわせの形」

『べっぴんさん』第2週 第8話 あらすじと見どころ解説

清との結婚を望んだことで五十八を怒らせてしまい外出を禁止されたゆりに代わって、すみれは潔の本心を聞き出しました。潔もゆりに惹かれていました。しかし潔は言いました。結婚は諦めてくれとゆりに伝えて欲しいと。

潔は跡取りに恵まれなかった野上家に養子に入った身でした。だから、坂東家の婿としてゆりと結婚することが出来なかったのです。お互いに気持ちを通わせるゆりと潔の二人に思いがけない援軍があらわれました。潔の父・正蔵です。

正蔵はゆりと潔の気持ちを察した正蔵が五十八に結婚を願い出ました。正蔵の誠意に心を動かされた五十八はついに二人の結婚を認めた上に意外なことを言い出し皆を驚かせます。ゆりを野上家に嫁に出すと五十八は決めたのです。

数日後、潔の出征までに、ゆりと潔の結婚式が執り行われました。式には五十八の母・トク子と兄の長太郎も参列。貴族院議員の田中も息子の紀夫を連れてやって来ました。紀夫はその時緊張していました。紀夫の初恋の相手はすみれだったからです。


<<前回7話 | 次回9話>>

midokoro
五十八がゆりと潔の結婚を反対したのは、潔が野上家の跡取りで、一方のゆりは坂東家の跡取りとして婿養子を迎えるはずの身だったからです。

しかしその二人が結婚。

五十八がゆりと潔の結婚を認めるや、その数日後には二人の結婚式。スピード結婚の理由はその時すでに潔は召集され戦地への出征が決まっていたからでした。

『べっぴんさん』第2週 第8話 事前発表あらすじのレビューと史実解説

ゆりのモチーフとなった人物である佐々木智恵子さんが、劇中のエピソードとは異なり華族の家に嫁いだことは前回の本欄に記した通りです。

「ゆり」「潔」「正蔵」「坂東営業部」の劇中名を使って史実をご紹介します。

史実では「ゆり」は「潔」とは結婚せず、子爵の爵位を持った華族と結婚。

「潔」は日本が英米との戦争に突入する前年の昭和15年(1940年)に、小菅喜子さんという女性と結婚。

ちなみに小菅喜子さんは、伊勢丹百貨店の初代社長・小菅丹治さんの長女です。

また「潔」の父「正蔵」は「坂東営業部」の実質的な経営者で、息子の「潔」の結婚の直後に亡くなっています。

「ゆり」佐々木智恵子
「潔」尾上清(レナウンの初代社長)
「正蔵」尾上設蔵
「坂東営業部」佐々木営業部(レナウンの前身)

『べっぴんさん』第2週 第8話 観賞後の感想

わずか15分の間で、以下のことがらが一気に描かれる濃厚な回となりました。

・結婚断念
・潔くんの養子の事実判明
・正蔵さんが息子を坂東家に婿入りさせる決意固める
・五十八お父様がゆりちゃんを嫁に出すことを決定
・すみれちゃんの初恋の終わり
・結婚式
・紀夫くんの初恋

深い信頼関係で結ばれた二人の男

坂東家あっての野上家。坂東家のために大事な跡取りを婿として差し出すという正蔵さんの覚悟と誠意に泣かされました。

その覚悟と誠意を真正面から受け止め、ゆりちゃんを嫁に出すと瞬時に決断を下す五十八さんが男前過ぎて・・・

「お国のために立派に働いて来い。ただし生きて帰って来い。必ず帰って来い」

そして、正蔵さんと潔くんに「娘をよろしく頼む」と深々と頭を下げる五十八さん。ここで涙腺決壊です。

深い信頼関係で結ばれた二人の男の姿に朝から泣かされてしまいました。

人を亡くすと悲しくなる理由

五十八さんがゆりちゃんの結婚を認めたその夜にゆりちゃんが言いました。

人を亡くすと悲しくなる理由が今ならわかる。亡くすのが悲しいほどに大事な人がいるのが幸せなのだと。

潔くんとの結婚を認められ「大事な人」を手に入れることが出来たゆりちゃんですが、「大事な人」を得た幸せを実感したのは「大事な人」が死と直面しているから。

深くて悲しい言葉でした。

白蛇はんを思い出させる紀夫くん

すみれちゃんが初恋相手の紀夫くん。紀夫くんの頭の中はすみれちゃんのことでいっぱいなのでしょう。

しかし感情を表に出さない上に、傍から見たら何を考えているのかまったく読めない上に挙動不審な点も少なくない。

少なくとも今のすみれちゃんからはかなり変わった人にしか見えないはず。

そんな紀夫くんのキャラクターを観ていて『あさが来た』の白蛇はん、はつちゃんと結婚した前後の頃の白蛇はんを思い出したのは僕だけでしょうか。

白蛇はんも「白蛇はん」なんていうニックネームを付けられてしまうことだけのことはあって、初めの頃は何を考えているのかわからない。

わからないというより不気味なほどでした。

その白蛇はんが途中からは視聴者の心を一番引きつけるキャラクターの一人にまでなるまさかの展開が忘れられません。

『べっぴんさん』の紀夫くんも、白蛇はんほどではないですが今のところかなりあやしい。

それだけに今後の大化けの展開が楽しみになってきました。

<<前回7話 | 次回9話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

6 Responses to “ゆりと潔が結婚式挙げる / べっぴんさん 第8話”

  1. サエモン より:

    潔は妹となったすみれを
    まだお嬢ちゃんと呼んでましたが
    今後はなんと呼ぶか気になりました

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 今後はなんと呼ぶか

      義理の妹ですが仕えている家のご令嬢でもある。
      どっちを取るんでしょうね。

  2. さーや より:

    2週目にして怒濤の展開!潔(高良)さんが戦地に赴く自分の今後を考えて、一度は結婚を断る下りが「おひさま」と被って仕方なかったです(笑) 猪突猛進のゆりちゃんはいかにも朝ドラ主人公タイプですね~。でも今回は、日影の花タイプのすみれちゃんが主人公として成長していく姿を楽しみにしたいと思います。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > ゆりちゃんはいかにも朝ドラ主人公タイプ

      典型的なヒロインタイプを脇に据えたところ、本当に新鮮です。

      > 「おひさま」

      あさイチでも同様の受けがありましたね。

  3. 実穂 より:

    朝蔵さんご無沙汰しております。
    ドタバタしておりましたが前作とと姉ちゃんもすべて見終わりまして、
    今月からはべっぴんさん、録画で観ています。

    個人的には主人公にいろいろと指針を与えてくれる存在である、あさやさんの大ファンです。市村さん渋いですね。

    まだまだ深い読みができていないので僭越ですが、
    自由奔放でのびのびと自分のしたいことを述べ、しあわせを自らつかんでいく勢いのある姉ゆりとは対照的に、控えめな妹すみれ。
    ちょっとおねえちゃん自由すぎないか?なんて
    ひがんだ目線で見てしまった部分もありましたが、
    潔さんには無事生還してゆりと幸せな家庭を築いてほしいものです。

    不器用な紀夫くんも、今後どのようにすみれと仲を深めていくのか
    楽しみです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。お久しぶりです!

      > あさやさんの大ファン

      僕もあさやさんが大好きです。もっと出番が欲しいと思うほどです。

      > 不器用な紀夫

      白蛇はんの時と同様、不器用ゆえに本当の姿が見えてきた時の感動は大きなものになりそうです。本当に楽しみなキャラです。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ