すみれが大阪のゆり訪問 / べっぴんさん 第15話

連続テレビ小説(朝ドラ)『べっぴんさん』
2016年10月19日(水)放送
第3週 第15話「とにかく前に」

『べっぴんさん』第3週 第15話 あらすじと見どころ解説

戦後の物資不足や預金封鎖などで暮しに行き詰まったすみれは、姉のゆりを頼って大阪に足を運びました。焼け残った雑貨を潔に買い取ってもらいお金をつくろうと考えたのです。しかしゆりの暮しも決して楽ではないと知ったすみれは断念。

そんな中、すみれは女学校時代の同級生・悦子と再会します。悦子はキャバレーで働いていました。プライドの高かった悦子が、子供を育てるために過去の自分を捨てて生きている姿は、すみれに強い印象を与えました。

すみれは再びゆりのもとを訪れました。すみれが持参した雑貨は潔が現金に換えてくれることになりました。しかし、潔はすみれを諭します。これからは自分で働いて食べてゆかなければならない時代になったのだと。

数日後、すみれは嫁入り道具の靴を売ろうと麻田が営む靴屋・あさやに足を運びました。麻田はすみれの頼みを断ります。しかし、麻田はすみれに提案しました。すみれ手製の写真入れはとてもよく出来ている。靴屋の一角で手作り雑貨を売ってみてはどうかと。

<<前回14話 | 次回16話>>

midokoro
空襲で焼かれずに済んだ服や雑貨などの生活日用品をゆりに買い取ってもらい、日銭を稼ごうとするすみれでしたが、ゆりの暮し向きも楽ではありません。

その上、すみれは潔に説教されてしまいます。すみれもこれからは働かなければならない。自分の力で生きてゆく時代になったのだと。

『べっぴんさん』第3週 第15話 事前発表あらすじのレビューと史実解説

潔がすみれに説教するのは、史実にあるエピソードを参考にしたものと思われます。そのエピソードを、劇中キャラの名を用いながら解説します。

昭和21年(1946年)春。「すみれ」はその頃京都に住んでいた父の「五十八」の邸宅を訪ねました。

「五十八」を訪ねた目的はひとつ。暮しをどう立て直したらいいのか相談するためです。

「すみれ」が「五十八」を訪ねた時、偶然にも「潔」がそこにいました。(史実では「潔」は「ゆり」とは結婚していません)

生活の窮状を訴える「すみれ」に「潔」は言いました。

時代は昔とは違う。お嬢さんのままではだめだ。仕事をして自分の力で生きてゆかなければならない。労働者になれ、と。

「すみれ」と「潔」の会話を聞いていた「五十八」は、「潔」の言葉に賛同し、この時の会話がきっかけとなり、「すみれ」の創業の物語が少しづつ動き始めるのでした。

『べっぴんさん』第3週 第15話 観賞後の感想

悦子さまの自信と優しさ

悦子さまが実はお優しい!

女学校時代、一部の同級生たちから悦子さまが「悦子さま!」と呼ばれ慕われていた理由がよく理解出来ました。

普通の女性なら、かつての同級生からあの姿を見られたら慌てて姿を隠すか、意固地になった悪態の一つや二つもつくところです。

ところが悦子さまは違いました。

再会したすみれちゃんに対して、自分から「悦子さま」と名乗った時の笑顔はてらいのないものでした。

卑屈さを微塵も感じさせない明るさには、一人生き残った娘を養ってゆくという固い決意を感じずにはいられません。

前作『とと姉ちゃん』の同様の境遇となった綾ちゃんが自らの職業を初めのうちは恥じていたのに対して、悦子さまは職業への恥じらいを自分の生き方への自信が跳ね返す。

しかも、キャバレーの求人チラシに見入るすみれちゃんに対して「ここに来るのは最後の最後やで」と釘をさす気づかい。

この自信と優しさ。

悦子さまが「悦子さま」と呼ばれていた理由はここにあるのかも知れません。

ところでちょっとネタバレになりますが、悦子さまは後々にすみれちゃんが始める事業に合流する展開が準備されています。

その頃に悦子さまが見せてくれるかも知れないご活躍のお姿が楽しみになってきました。

ハイヒールを売ることを拒んだ理由

大好きな麻田さん、戦後初の登場です。

革を手に入れることが出来ずこよなく愛する靴づくりが出来なくなる中、そんな状況を悲観せず今出来ることに粛々と取り組む麻田さんの姿勢が立派です。

それだけに、すみれちゃんの嫁入り道具としてつくったハイヒールを見て古き良き時代の仕事を思い出し、その思い出を捨てきれない麻田さんの気持ちが切な過ぎました。

ところで、今回描かれた嫁入り道具のハイヒールを売って欲しいと頼むすみれちゃんのエピソード。それを拒む麻田さんのエピソード。いずれも史実に基づいています。

この当時、ハイヒールを買うような女性は限られていました。悦子さまが言った「最後の最後」。その最後のさらに一歩先にまで踏み込んでしまった女性です。

靴屋の麻田さんの実在モデルの方には思い出の詰まったハイヒールが、そのような女性の手に渡ることが耐えられなかった。

それが、嫁入り道具のハイヒールを売ることを拒んだ理由だったと言われています。

<<前回14話 | 次回16話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

16 Responses to “すみれが大阪のゆり訪問 / べっぴんさん 第15話”

  1. かえで より:

    いつも先取りであらすじを読んでいます。
    まだ放送されていない時点だったと思うのですが、すみれがエイスケが好意を寄せていることに気づいて大阪に出入りするのをやめた、というような内容が書いてあったと思うのですが。
    今探してもそのあらすじが見当たりません。
    放映内容が変わって書き換えられたのでしょうか。
    すみれも案外敏感なんだな、と読んだときに思ったのですが・・・

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうござます。

      > 大阪に出入りするのをやめた

      記憶にないのですが、すみれちゃんは最初から最後まで栄輔くんの気持ちには気づかないままのようです(悲)

  2. haru より:

    いつも楽しみに拝見させていただいています。
    潔さんが「いつまでも小嬢ちゃんのままじゃ…」
    と言っていた時のゆりさんの表情が気になっています。
    ・今、すみれにそんなことを言わなくても…
    ・私にはそんなこと言わないくせに…
    どちらの表情だったのでしょう。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうござます。

      > ゆりさんの表情

      するどい観察眼ですね!僕の予想では「私にはそんなこと言わないくせに…」かと思います。

  3. すかんぴんさん より:

    すみれの同級生・悦子はキャバレーで働いていました。
    前作「とと姉ちゃん」でヒロイン小橋常子の同級生・綾は「カフェー」で働いていましたね。
    「カフェー」と「キャバレー」違いは何なのか?
    東京では「カフェー」で大阪では「キャバレー」?
    つまらないことですけど、ちょっと気になりました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうござます。

      > 「カフェー」と「キャバレー」違い

      現代では「カフェー」と「キャバレー」は法律で区分けが出来ているようです。スナックやキャバクラが「カフェー」。ダンスフロアを設置し、ダンスをしながら客の接待をするのが「キャバレー」なのだそうです。

  4. 実穂 より:

    今日の放送は、潔を訪ねてきた後輩?(松下優也さん)の
    すみれちゃんをじっと見つめる視線が気になってしまいました。
    紀夫さんとかかわりがあった人なのかとも思いましたが、それとも
    すみれちゃんに目を奪われたのか‥?
    家事をしつつ見ていたのでセリフを聞き洩れて解釈が誤っていたらご教示ください;

    潔さんの厳しい言葉ももっともだとは思うのですが、この時点で紀夫さんの生死もわからない、子供を元気に育てたい、いろいろな不安がある状態でのすみれに対してはちょっと酷かなと思いましたが、その後あさやさんを訪ねた段で麻田さんから、物を作って
    売ってはどうでしょうと言う提案があり、良かったと思います。

    麻田さんのお店が綺麗に残っていてとても嬉しかったです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうござます。

      > 潔を訪ねてきた後輩?

      一目惚れの顔してましたよ。彼はこれからしばらく要注目キャラになるかと思います。

  5. よるは去った より:

    潔「こじょうちゃんのままでいたらいかん。」麻田「作られたらどうです?」ドラマがスタートして三週目半ばでヒロインのライフワークのスタート。これだけ早いのはこの数年間の間にあったでしょうか?過去の作品で「梅ちゃん先生」が医師を志すのも早かったような気がしますけど、何週目だったかな?まあ今回はヒロインが再スタートしてからの成功の過程、試行錯誤に比重が置かれるんでしょうね。私的には大いに賛成。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうござます。

      > 三週目半ばでヒロインのライフワークのスタート

      第3週にして主人公の「本題」スタートのフラグ。本当に早いですね!

      前作『とと姉ちゃん』と時代がかぶる本作『べっぴんさん』。前作同様、戦中戦後の困難な時代を物語を盛り上げるツールとして用い「本題」に入るのは物語の中盤前後から。

      そんな構成を予想していたので(そしてそんな構成がこれまでの鉄板でもあったので)第3週という早いタイミングで物語が「本題」に入ってゆくこの展開の早さが新鮮です。

  6. もんすけ より:

    「堪忍してください」
    麻田さんの、自身が丹精込めて作った靴をお金に換えて欲しいとすみれちゃんからお願いされた時の言葉。
    以前、結婚式の折に紀夫君も「あの時は言い過ぎました。【堪忍してください】」と言っていたかと思いますし、他のシーンでもたびたび登場している言葉かと思います。

    辞書をみると、「堪忍」は、相手側が許すことに重点に置いた言葉。相手に(怒りを忍んで、どうかとがめだてないでください)との、許しを乞う表現なのだそうです。
    私の周りではこのような時、「すみません」などを使うように思います。「ごめんなさい」でも「勘弁してください」でもなく、相手側に重点を置いた言葉、台詞の数々に、麻田さんら登場人物たちの、美しい品性を感じずにはいられません。

    あの悦子さまも! 「ここは最後の場所…」の言葉裏に、旧知の同級生に、できうるなら同じような思いをさせたくないとの思い、そこまで堕ちてしまっても他人を思いやる品性を感じました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうござます。

      > 「堪忍してください」

      今回も深い洞察です!

      前々作『あさが来た』では、登場人物たちのお互いを深く思いやる人間関係術の巧みさが、いつ観ても心地よいものでした。

      お寄せ頂いたコメントにある、悦子さまや麻田さんの気づかいにも前々作で描かれた巧みな人間関係術に通じるものを感じずにはいられません。

      長い歴史を積み重ねて来た関西人の文化の重厚さというものでしょうか。

  7. エイスケの後輩 より:

    子供を抱えて、戦後の焼け野原の中で奮闘する、前作の綾ちゃんが被りますね。
    これからは女も働かなくては…というのは、前々作→前作→本作と繋がっているように感じます。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 前々作→前作→本作と繋がっている

      さらにその次の『ひよっこ』も時代がかぶりますので、そこまでバトンが受け継がれるといいですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ