手芸教室は失敗に終わる / べっぴんさん 第18話

連続テレビ小説(朝ドラ)『べっぴんさん』
2016年10月22日(土)放送
第3週 第18話「とにかく前に」

『べっぴんさん』第3週 第18話 あらすじと見どころ解説

ゆりや潔たちに励まされ、立ち直ったすみれは再び手芸教室を開きました。そこですみれは西洋式のオシメの話を聞かされます。西洋式のオシメは日本のオシメの半分のカサしかないため洗いやすく家事が楽になると言うのです。

西洋式のオシメの作り方を教わろうと、すみれはエイミーのもとに足を運ぶもののエイミーにもその作り方はわかりませんでした。しかしエイミーの話を聞いて、すみれは思い立ちました。外国人を対象にした育児教室を開いていた明美ならわかるかも知れないと。

すみれは西洋式のオシメの作り方を明美を探し始めます。明美が看護婦だと知ったすみれは神戸のすべての病院を訪ねる覚悟で探し回ります。そしてついにすみれは、明美の居場所を探し当てることが出来ました。

ようやく再会することができた明美にすみれは懇願します。贅沢品を売るのはやめ人が必要としているものを売ることにした。だから西洋式のオシメの作り方を教えてほしいと。しかし、明美はすみれの願いを拒否するのでした。

<<前回17話 | 次回19話>>

midokoro
今回まで、すみれの中では坂東家の女中の娘・明美と、ベビーナースとして活躍する明美は一致しません。別人です。

今回ようやく、すみれの中で両者が一致。しかし、すみれに反発心を持ち続けている明美はすみれに対して心を開こうとはしません。

『べっぴんさん』第3週 第18話 事前発表あらすじのレビューと史実解説

幼少期、坂東家にあった洋菓子を食べたそうにしていた明美は、洋菓子をすみれから手渡されるものの、プライドの高い明美はその施しに傷ついてしまいました。

数年後、戦時下の不況の中。五十八はやむなく女中のマツを解雇。その日から、恐らく極貧生活を強いられたであろう明美は、すみれのことを恨んでいました。

しかし、そんな明美の気持ちをすみれはまったく気が付かないばかりか、すみれは幼少期の明美とベビーナースの明美は別人と思い込んでいる始末。

今回、ようやく二人の別々だった明美がすみれの中で一人となり、すみれと明美の物語がはじまります。

尚、明美のエピソードはオリジナル・ストーリーです。

リアルの坂野惇子さんに大きな影響を与えたベビーナースは実在しますが、その生い立ちは劇中に登場する明美とはまったく異なります。

『べっぴんさん』第3週 第18話 観賞後の感想

次週以降につながる土曜日放送回ということもあってのことなのか、今後の人間模様のフラグがいくつも見えたような気がします。

心が疲れている

ゆりちゃんが一人でやって来ました。

特にこれという用もなく、いつもなら一緒にやってくる潔くんが出張中のため、めずらしいことにたった一人ですみれちゃんのもとにやって来ました。

ゆりちゃん自身が口にしていたように、ゆりちゃんがやって来た理由はさくらちゃんの顔を見に来た

実際にゆりちゃんは自分がすみれちゃんを訪ねた理由をそれくらいにしか自覚していないのかも知れません。

しかし、喜代さんは言いました。

子供の顔を見たくなるのは心が疲れている時なのだと。

ゆりちゃん本人にはまだ自覚がないのかも知れません。しかし喜代さんが鋭く洞察したようにゆりちゃんはかなり心が疲れているはずです。

前回描かれた、闇市で暮しを続けることのストレス。

結婚する前は坂東営業部を継ぐつもりだったのに、その坂東営業部はすでになく、坂東営業部を復活させるための商売では粗悪品ばかり扱うストレス。

しかもその商売に自分は深く関わることが出来ないストレス。

喜代さんは、そんなゆりちゃんの状況はまったく知らないはずです。でも、子供の顔を見たがる行動から察するゆりちゃんの心の疲れ。

このゆりちゃんの心の疲れが次週以降に表立ってくるのでしょうか。

栄輔くんとサイドカー

病院めぐりをするすみれちゃんをサイドカーの座席に乗せながら栄輔くんが言いました。

「青春やな」

この一言で栄輔くんの本心は確定でしょうか。

本心とはもちろん栄輔くんがすみれちゃんに寄せる想いのことです。

すみれちゃんと栄輔くんの初対面の場面、すみれちゃんに心を奪われたかのような栄輔くんの表情がさりげなく描かれていました。

その後、栄輔くんが登場する度にそれとなく栄輔くんがすみれちゃんに特別な感情を持っていることを暗示するような表情を積み重ねる。

そんな場面は今回のすみれちゃんの家の玄関先でも描かれました。

その積み重ねの末の栄輔くんの「青春やな」発言。しかし、その栄輔くんの言葉がすみれちゃんには聞こえない。

二人の今後の関係のフラグとでも言うべきサイドカー場面でした。

明美ちゃんの屈折

今後の人間模様を暗示するフラグのうち、最も重要なのは明美ちゃんのフラグでしょうか。

これまで明美ちゃんがすみれちゃんに対して屈折した感情が繰り返し描かれてきましたが、今回の描写はこれまでになく深く強いものでした。

幼少期、クッキーを投げ捨てた思い出。その数年後、母親のマツさんが坂東家の女中を解雇された時の冷たい雨が降る日の思い出。

二つの苦い回想を差し挟むことで、明美ちゃんの屈折した心を強調する。

この確執の片思いの回収が次週以降の大きな見どころになりそうな気がします。

<<前回17話 | 次回19話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

9 Responses to “手芸教室は失敗に終わる / べっぴんさん 第18話”

  1. あかり より:

    シャーロットさんの「すみれ」は、「マッサン」とは違いました。
    広島訛りで家族が呼んでいたのと、アメリカから直接来た方との違いでしょうか?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうござます。

      > 広島訛り

      微妙なイントネーションの違いを聞き分けられていて流石です!

  2. くじら より:

    いつも朝ドラplus 楽しみにしています。
    べっぴんさん、すみれちゃんの目のしたの隈が気になります。
    うまくいくようになったら 改善されるのでしょうか。
    五十八さんが 早く復活してほしいです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうござます。

      > 目のしたの隈

      そこまでは気が付きませんでした。商売が軌道に乗り始めたらよくなるといいですね。

  3. koji より:

    そして今回は初めてアバンタイトルなしのオープニングとなりましたが

    冒頭のカーテンのオープンも印象的でした。

  4. koji より:

    シャーロットが「すみれ」と言うと

    早見あかりちゃんに呼び掛けているような気がして・・・

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうござます。

      > シャーロットが「すみれ」

      既視感の由来がどこにあるのかがやっとわかりました。また名前が重なりましたね。

  5. 明美「嫌や・・・・・あんたほんまにお嬢さんやな・・・・・・。」菅野N「再会出来たというのにその距離は遠すぎました。」その距離をどう縮めるかもすみれちゃんの試練の1つとなるんですかねえ。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうござます。

      > 距離をどう縮めるか

      明美ちゃんの心の屈折は深そうなので大きな試練となりそうですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ