エイミーから注文受ける / べっぴんさん 第21話

連続テレビ小説(朝ドラ)『べっぴんさん』
2016年10月26日(水)放送
第4週 第21話「四葉のクローバー」

『べっぴんさん』第4週 第21話 あらすじと見どころ解説

ある日、ジョンがすみれを訪ねて来ました。再び体調を壊したエイミーがすみれに会いたがっていると言うのです。ちょうどその時、すみれが栄輔に頼んでいた西洋式のオシメをつくるための生地も手に入れることが出来ました。

すみれはその生地の一部を明美に譲り、自分の身の上を打ち明けました。今は家もお金も失い、娘と生き抜かなければならないのだと。すみれの身の上話に無関心を装いつつも、明美は西洋式オシメの作り方を教えてくれることになりました。

明美に教わりながら仕上げたオシメはエイミーを満足させることが出来ました。ほどなくしてエイミーは女の子を無事に出産。エイミーは改めてすみれに注文しました。娘だけでなく、娘が母親になっても着続けることが出来るドレスを作ってもらいたいと。

エイミーの頼みを快く引き受けたすみれは覚悟を固めました。母のはなが自分に遺してくれたウェディングドレスを解いてドレスをつくろうと。すみれの覚悟に心を動かされた良子と君枝はすみれのドレスづくりに今回限りで協力することにするのでした。

<<前回20話 | 次回22話>>

midokoro
すみれに対して無関心を装いながらも、明美は二度にわたってすみれの求めに応じて自分の持つ知識と技術を提供します。

良子と君枝も、今回限りという条件つきですみれのドレスづくりに協力。将来の四人の創業メンバーの心が少しづつまとまってきました。

『べっぴんさん』第4週 第21話 事前発表あらすじのレビューと史実解説

今回は、将来の四人の創業メンバーが心を一つにして行く様子が描かれます。

ところで、史実の四人の創業メンバーがチームを組むまでのプロセスは、劇中のそれとは大きく異なります。

劇中の創業メンバーのうち、すみれを除く三人は初めのうちは商売をはじめることに決して乗り気とは言えません。

しかしリアルの創業メンバーは、中心人物の坂野惇子さんは当然のこととして、他の三人のメンバーも初めから大いにビジネスをはじめることに乗り気でした。

またリアルでは、当の本人たちだけでなく、四人の女性のそれぞれの夫も(一人を除いて)妻たちがビジネスをはじめることに賛同し、積極的に協力。

後年には、四人の夫はいずれもファミリアの取締役や監査役に就任しています。

『べっぴんさん』第4週 第21話 観賞後の感想

明美ちゃんの屈折した感情

明美ちゃんがついにすみれちゃんの願いを聞き入れました。

知らず知らずにうちに傷つけてしまったと心から詫びたことが明美ちゃんの心を動かしたのか。それとも母親として娘を守り抜くすみれちゃんの覚悟が響いたのか。

すみれちゃんの願いを聞き入れたのは、口ではオシメの生地の御礼だと言ってましたが、誰の目から見てもあれは照れ隠しの言い訳なのは明らか。

すみれちゃんに対して意固地になっている明美ちゃんですが、その照れ隠しする様子が本当は心優しい明美ちゃんの真の姿を際立たせていました。

今にして思えばすみれちゃんと明美ちゃんの少女時代。

その直前にはすみれちゃんの好意を踏みにじるようなことをしながらも、神戸の商店街で道に迷ったすみれちゃんを麻田さんの店までこころよく案内した明美ちゃんが見せた心根の優しさが今回のフラグだったのでしょうか。

ただし、すみれちゃんに少しだけ心を開いたからと言って、子供の頃に受けた心の傷から生じた屈折した感情はそう簡単にはなおらないかも知れません。

明美ちゃんの心の屈折がどのようなプロセスを経て癒されてゆくことになるのか。僕はこの明美ちゃんのドラマの今後の展開をとても楽しみにしています。

良子ちゃんと君枝ちゃん

良子ちゃんと君枝ちゃんがすみれちゃんの協力をこころよく引き受けた決定的な理由はやっぱりすみれちゃんの涙でしょうか。

そしてすみれちゃんのこの言葉も心に響いたはず。

「エイミーが娘に残したい想いは、このドレスを残してくれたお母様と同じ想い」

良子ちゃんも君枝ちゃんも子を持つ母親として、この言葉に心を動かされないわけがない。これを言われてしまっては願いを断る選択肢はもうないかと。

つづいてすみれちゃんが口にしたこの一言も二人の心に刺さったのではないでしょうか。

「遠く離れた外国で何十年も大事にされる」

お金を稼ぐだけのただの仕事でなく、未来に、しかも遠い異国の地に宝物を残せる価値ある仕事に携わることが出来る貴重な機会。

「これだけ二人に協力してもらえたら」

と二人に頼み込むすみれちゃんの言葉の端々に、価値ある仕事をする時間を大切な親友と共有したいというすみれちゃんの思いが見え隠れしていました。

そして親友想いのすみれちゃんの優しさが二人にも伝わったのかも知れません。

エイミーちゃん

今週のサブタイトルは「四つ葉のクローバー」。

四つの葉は言うまでもなくすみれちゃん、良子ちゃん、君枝ちゃん、そして明美ちゃんの四人です。

今回、その四人の心が初めて一つの方向に向き始めました。

そして、そのきっかけをつくる役割を担ったのはエイミーちゃん。彼女のキャスティングにサプライズゲストを起用した理由が良くわかりました。

これだけ重要な役どころです。ここで「大物女優」を起用していなければ、インパクトの小さな場面になってしまったかと思います。

余談:『マッサン』でのエリーちゃんの流産場面があまりにも悲痛だったので、エイミーちゃんの妊婦姿が切なくて直視出来ませんでした。あの時は本当につらかった。

<<前回20話 | 次回22話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

4 Responses to “エイミーから注文受ける / べっぴんさん 第21話”

  1. ふかがわ より:

    いつもこちらのブログを楽しみにしています。
    昨日の解説で劇中のキアリスの名前に納得がいきました。
    創業メンバーのひらがなの頭文字を並べたのですね。
    「そうゆうことか!」と
    また、楽しみに朝ドラを見続けられる気合も入ってきました。

    分かり合える場面や成功してみんなが元気になっていく場面を早く見たいものです。

    また、セリフ少な目のすみれちゃんですが、言葉(セリフ)の一言一言が深~い感情が伝わってくるようで、すみれちゃんには心ひかれています。
    前々回の時計屋さんでのすみれちゃんの、
    良子ちゃんの名前を徐々に引き出す場面、
    時計屋のご主人が思い出すたびのすみれちゃんの「わっ」という表情が重い空気を少し明るくさせてくれた気がします。

    また、あさださんの言葉や話し方も優しさがにじんでいて人間味が出ていて素敵ですよね。

    これからも、毎日「朝ドラPLUS TOP」を楽しみにしています。
    ありがとうございます。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうござます。

      > 分かり合える場面

      今回は、この先ですみれちゃんと一緒に力を合わせてゆく三人が、すみれちゃんと心を通い合わせる記念すべき場面が描かれたのでいよいよこれからですね。

      冒頭に暗い時代を持ってきたので、この先はずっと明るい時代が描かれます。その頃がどんなドラマになるのか楽しみです。

      今後とも当ブログをよろしくお願い致します。

  2. よるは去った より:

    すみれ「お母さま・・・・ええ?」 菅野N「すみれ・・・・ええよ。」 ほとんど何も残らなかったのではと思われる焼け跡に奇跡的に残ったと思われる母の形見のドレス。それがすみれちゃんの再スタートに役立とうとは。見えない誰かが見えない力で支えてくれているのかなという想いで見てました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうござます。

      > 見えない誰かが見えない力

      すみれちゃんのために、あのドレスをはなさんが守ったとしか思えない瞬間でした。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ