浅田がすみれに移転提案 / べっぴんさん 第38話

連続テレビ小説(朝ドラ)『べっぴんさん』
2016年11月15日(火)放送
第7週 第38話「未来」

『べっぴんさん』第7週 第38話 あらすじと見どころ解説

帰らぬ紀夫を待つすみれの寂しさは募るばかりでした。そんな中、麻田がすみれたちに提案します。靴屋の並びにある家具店が店をたたむことになった。ベビーショップあさやをそこに移転させ、規模を大きくしてはどうかと。

店が広くなった分だけ夢も大きくなる。ベビー用品だけでなく、赤ちゃんの成長後も子供服を売り続けることが出来る。すみれたち四人は麻田の提案に乗り気になり、早速子供服のデザインづくりをはじめます。

その頃、潔はより良い商品を作るための工場探しに奔走するものの、納得のゆく工場を見つけることが出来ません。一方、五十八は復員省に足を運び紀夫の消息を調べるものの、手がかりはまったくつかませんでした。

ベビーショップあさや移転先の内見には勝二と昭一もやって来ました。各々の子供を抱き上げる勝二と昭一。自分にだけ父親がいない寂しさを感じるさくら。そんなさくらを抱き上げてあやす者がいました。すみれに想いを寄せる栄輔でした。

<<前回37話 | 次回39話>>

midokoro
ベビーショップあさやの移転の話が持ち上がります。

ベビー服を買ってくれたお客さんの赤ちゃんが成長すれば、今度は子供服も買ってくれるかもしれない。

店が大きくなれば取り扱う商品も増やすことが出来、子供服も売ることが出来る。麻田からの移転の提案にすみれたちは乗り気になります。

『べっぴんさん』第7週 第38話 事前発表あらすじのレビューと史実解説

劇中ではベビーショップあさやの移転話は順調にすすんでゆきますが、リアルの移転は劇中の描写とは異なる状況だったようです。

ベビーショップあさやの実在モデル、ベビーショップ・モトヤがモトヤ靴店の一角を間借りして商売をしていたのは劇中と同様です。

ところでリアルのモトヤ靴店は、店内に接客用の部屋を設置。ところが、靴を求めに来るお客さんのために準備したはずの部屋はいつしかベビーショップ・モトヤの女性たちの事務所として占拠されてしまったのだそうです。

そんな状況下、モトヤ靴店は移転を提案。

しかし、ベビーショップ・モトヤは移転を頑なに拒み続け、交渉の末にようやくベビーショップ・モトヤは靴店の並びに移転したのだそうです。

『べっぴんさん』第7週 第38話 観賞後の感想

ゆりちゃんの覚醒?

ゆりちゃんが生前のはなさんの強さを初めて知る。

五十八さんが坂東本家を出た当時の回想場面を除けば、はなさんが登場する場面は全て優しい妻、優しい母親の姿ばかりでした。

ゆりちゃんの知っているはなさんの姿も、これまでの登場場面のはなさんがすべてだったと思います。

しかも、はなさんが五十八さんを助けて働いていた話をおばあちゃんから聞かされたのはすみれちゃんだけだったはずです。

ゆりちゃんがそれまで全く知らなかったはなさんの一面。はなさんが優しい人というだけでなく強い人でもあったことを初めて知ったゆりちゃん。

もしかすると自分に足りなかったことを気づいたのかも知れません。

生前のはなさんも、ゆりちゃんには最後まで貫き通す粘りがないみたいなことを言ってましたからね。

一方、常に前向きな潔くんがさりげなく愚痴をこぼしたのは僕には衝撃的でした。あの潔くんが弱音を吐くくらいだから、よほど厳しい状況なのでしょう。

最愛の母親の新しい一面を知ったゆりちゃん。逆境に苦しむ潔くん。もしかして、これら一連のエピソードはゆりちゃんの覚醒のフラグのような気がしてなりません。

栄輔くんと桜の花

父親不在で寂しそうにしているさくらちゃんを栄輔くんが抱き上げて肩車する。栄輔くんの切ない物語がはじまった瞬間です。

さくらちゃん以上に寂しさを募らせていたのは他ならぬすみれちゃんです。

紀夫くんのご両親が息子のことは諦めてくれと告げに来て以来、すみれちゃんの孤独と不安をあおるような描写が積み重ねられて来ました。

そして、今回も引き続きそんな場面が描かれます。

店の移転を提案され、店舗物件の内見をしに昭一くんと勝二さんが来ました。

二人の親友の夫が揃ってやって来ただけでも今のすみれちゃんにはつら過ぎる、まぶし過ぎるはずです。

しかも、昭一くんと勝二さんは自分たちの子供をあやしているその横で、一人寂しそうにしているさくらちゃんの姿が、すみれちゃんの眼にはどれほど不憫に思えたことか。

内見の場面で、さくらちゃんを抱きしめるすみれちゃんの姿には泣かされました。

そしてすみれちゃんが寂しさのどん底にあったその時、栄輔くんがさくらちゃんの「父親」のように登場する。

栄輔くんに肩車してもらい笑顔を取り戻したさくらちゃん。

最愛の娘の笑顔はすみれちゃんの心も暖かくしたことかと思います。そして、栄輔くんの優しさが初めて心に沁みた瞬間かも知れません。

栄輔くん本人も、自分の気持ちのわずかでもすみれちゃんに伝わったのではないか。そんな気持ちであったかも知れません。

しかし前回、間もなく花を咲かせようとする桜のツボミが、涙を流すすみれちゃんを見守るように登場していました。

桜と言えば紀夫くん。

桜の花が咲いた時、栄輔くんの思いは散ってしまうのでしょうか。

<<前回37話 | 次回39話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

8 Responses to “浅田がすみれに移転提案 / べっぴんさん 第38話”

  1. 千菜(せんな) より:

    毎日心待ちにサイトを閲覧させてもらっています。
    今どうしても気になるのは、なぜ『傘のような男』からサブタイトルが変更されたのか。この方がテーマがクローズアップされていて趣があって、断然いいというか、むしろもったいないと思うのですが。最近の数々の有名人の、不倫騒動の助長への火消しですかね。
    毎日更新、本当に大変だと頭が下がりますが、どうか御無理されないでくださいね。いつも本当に楽しみにしています。ありがとうございます。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      励みになるコメントありがとうござます。

      > サブタイトルが変更

      同感です。元のサブタイトルの方が栄輔くんの切ない立場をこれ以上ないほど表現していたかなと思います。人を雨から守るけれど雨が止んだら要らなくなる。悲しい宿命です。

  2. サクラ&ゴン より:

    僕は靴磨きの少年と、花売りの少女を見て、宮城まり子さんの「ガード下の靴磨き」を思い出しました。 おいら貧しい靴磨き、夜になっても帰れない。誰も買ってはくれない花を抱いてあの子が泣いてゆく。この様な時代があったと言うことを忘れてはいけないですね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうござます。

      > ガード下の靴磨き

      こんな切ない歌が存在することをはじめて知りました。早速、Youtubeで探して聴きましたがこの歌を原作にしたような場面ですね。靴磨きの少年と、花売りの少女は。

  3. もんすけ より:

    「優しいな…」
    さくらちゃんを肩車する栄輔くんを見ながらの明美ちゃんの言葉。
    一人、紀夫くんの帰りを待ち続けるすみれちゃんを、家族が、仲間が見守り、そっと寄り添う姿にそう思ったのか、はたまた、気の利いた、さりげない気配りをする栄輔くんの人柄にそう思ったのか…。

    これは本当に限りない妄想です。
    プレゼントの刺繍糸を手渡そうとも、すみれちゃんがちょっとぼんやり風情になっているところへ、さっと「ありがとう!」と、横から受け取る明美ちゃん。
    どうすることもできない失恋をした栄輔くんに、明美ちゃんがちょっとぎこちない、ぶきっちょな優しい寄り添い方をするのかなと。できたら、遠い将来…、なんて。
    道端の子供からお花を買い、お店に飾る明美ちゃんをみる麻田さんの視線の中に、そんなことをぽちっと夢想しました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうござます。

      > 妄想

      素敵な妄想だと思います。前週の君枝ちゃん・良子ちゃん追い出し騒動を経て、明美ちゃんの優しさが心に沁みるようになってきました。

  4. よるは去った より:

    すみれちゃんたちの店の移転、更なる子供服の作製に勤しむ、その背景で路傍の靴磨きの少年、花売りの少女。今のところ二本の平行線にしか見えません。先週出てきた美幸ちゃんという少女にはまだお祖父ちゃんという育ての親がいる分、恵まれているのでしょうけど、靴磨きと花売りのあの子たちには・・・・・・という気にもなりました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうござます。

      > 靴磨きの少年、花売りの少女

      この二人の子供の存在は何を暗示してるんでしょうね。僕も気になりました。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ