紀夫の言葉にすみれ苦悩 / べっぴんさん 第47話

連続テレビ小説(朝ドラ)『べっぴんさん』
2016年11月25日(金)放送
第8週 第47話「止まったままの時計」

『べっぴんさん』第8週 第47話 あらすじと見どころ解説

坂東営業部が開催するオライオンのファッションショーの日が間近に迫った頃。ファッションショーのモデルを神戸の商店街の女性たちやキアリスの面々にやってもらおうと潔が発案しました。終戦後、苦労を重ねた女性たちを輝かせることが潔の願いでした。

その話を聞きつけた常連客のレイコもモデルに名乗りを上げました。そしてレイコが連れてきた女性がすみれたちを驚かせます。その女性とは女学校時代の同級生、悦子でした。いい場所を見つけることが出来たという悦子の言葉にすみれは強い印象を受けました。

ファッションショーの準備が進められる中、ファッションショー会場でキアリスの宣伝をしようとすみれは発案。宣伝のためのショップカード作りに夢中になる中、すみれは確信します。キアリスこそが自分の居場所だと。

一方、潔は紀夫を坂東営業部の社長に据えようと考えていました。紀夫と自分が力を合わせれば、かつての五十八と正蔵のような関係を築けるだろう。潔はそう信じていたのです。その潔の期待に応えよう、自分を変えようと紀夫も覚悟を固め始めるのでした。

<<前回46話 | 次回48話>>

midokoro
店名をあらためて出発したキアリスは開店初日から大盛況。復活した坂東営業部も、戦前から続くブランドを復活させようと関係者が盛り上がります。

しかしすみれと紀夫は憂鬱でした。

すみれは仕事を辞めろと紀夫から言われたことで悩んでいました。一方の紀夫は、潔からの期待が重すぎたのです。

『べっぴんさん』第8週 第47話 事前発表あらすじのレビューと史実解説

史実でも「潔」は「紀夫」に期待をかけていました。

話をわかりやすくするため「紀夫」「潔」「坂東営業部」など、劇中名によってリアルのストーリーをまとめてみます。

戦時中に他社に吸収合併されたことで消滅した「坂東営業部」の復活を「五十八」は望んでいる。そう察した「潔」は行動を開始しました。

父の代から仕え続けてきた「坂東営業部」の復活は「潔」にとっても悲願でした。

「潔」は「紀夫」に将来の「坂東営業部」の経営中枢になってもらおうと、当時「紀夫」が勤務していた大阪商船を辞めさせ復活間もない「坂東営業部」に誘います。

「紀夫」が「坂東営業部」に入社するとすぐに「潔」による帝王学の教授がスタート。

「潔」は「紀夫」を自分の秘書にして二年間鍛え上げた後、「坂東営業部」の総務、経理、営業などの主要な役職を経験させるのでした。

『べっぴんさん』第8週 第47話 観賞後の感想

すみれちゃんの居場所

前回は、ゆりちゃん、良子ちゃん、麻田さん、それぞれの登場人物たちにとっての仕事の価値とはどんなものなのかが丁寧に描かれました。

一方で仕事の価値を考えるゆとりのない紀夫くんの苦悩も描写されました。

そんな中で気になっていたのはすみれちゃんにとっての仕事の価値です。主要登場人物たちの仕事と人生の明と暗が語られる中で、ヒロインすみれちゃんについての仕事の価値がまったく触れられずじまいだったことに違和感を抱いていました。

しかし、その違和感は今回解消されました。

すみれちゃんにとっての仕事の価値を強調するために、すみれちゃんの描写だけ今回までお預けにしたようです。

すみれちゃんにとっての仕事とは「自分の居場所」でした。

ところで話が変わりますが、すみれちゃんが自分の仕事の中に「自分の居場所」を見出すことが出来たのは「チクチクお裁縫が趣味の手芸倶楽部がいい場所見つけたね」と言う悦子さまの一言がきっかけでした。

かつて、キャバレーの女給募集の張り紙に見入っていたすみれちゃんに、ここは最後に来るところだと考えを改めさせたのも悦子さまでした。

そして今回、すみれちゃんに自分の歩む道への自信と誇りを持たせたのもまた悦子さま。

すみれちゃんにとって、悦子さまは三人のキアリス創業者と並んで大切な人物であるような気がします。

ちょっとネタバレになりますが、すみれちゃんたちが創った「自分の居場所」に、悦子さまも自分の居場所を見つけることになるようです。

その後の悦子さまは、今より重要なキャラクターになるのかも知れません。(しかし前作のヒロインの親友・綾ちゃんのように、後半の活躍を期待されながら見所がないまま終わってしまったケースもありますが)

また、今回の劇中ですみれちゃんたちが作ったショップカードは今後のキアリス発展の道を開き、悦子さまが自分の居場所を見出すことにもつながります。

実は重要なフラグが次々に立っていた『べっぴんさん』第47回でした。

止まったままの時計が動きだす

前回、それぞれのキャラクターたちが懸命に前を見よう、自分を変えようともがく中で、一人紀夫くんだけは止まったままの時計状態でした。

そして、自分が止まったままの時計状態でいることにも気づいていない様子でした。

しかしそれは誤解だったようです。

坂東営業部の事務所内。潔くんや他の社員たちが熱心に打ち合わせをしたり、キャッチボール(?)をしたりしている中、彼らと打ち解けることを拒むかのように一人黙々と仕事に没頭する紀夫くん。

もともと引っ込み時間で皆の中に溶け込めない紀夫くんでしたが、心の中ではそんな自分を変えたいと言う気持ちでいっぱいでした。

夜な夜なお手玉の練習をする紀夫くんの姿が、苦手なことを克服しよう、自分を変えようともがいている紀夫くんの心の中を雄弁に物語っていました。

そして、やっとお手玉が上手に出来たその瞬間の喜びの叫び声。

自分を変えたいと切に願う紀夫くんの想いの深さが痛いほど伝わってきます。紀夫くん、あと一歩です。

追伸:あの絶叫をすみれちゃんが見ていたらすみれちゃんはどれほど安心出来たことか。

<<前回46話 | 次回48話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

12 Responses to “紀夫の言葉にすみれ苦悩 / べっぴんさん 第47話”

  1. とん より:

    麗子さん越しの栄輔くんカット、栄輔くん麗子さんにロックオンされてない?w
    でも明美さんも栄輔くんと同じ境遇でグッと親近感が湧いた感じもあり。

    そして悦子さんを見たときのすみれちゃん、いつにも増して子犬のような目でしたw

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうござます。

      > いつにも増して子犬のような目

      悦子さまの迫力も増してきましたね。キアリスの四人の中で対抗出来るのは明美ちゃんだけですね。

  2. 千秋様ファン より:

    紀夫君のボールの下に、グローブがありました。ごちそうさんの、キャッチボールのシーンを思い出しました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうござます。

      > ごちそうさんの、キャッチボールのシーン

      物資不足の中、ずいぶん粗末な道具でキャッチボールしてましたね。

  3. さーや より:

    今日も明美ちゃんは、仲良し3人組の後ろから覗き込むような格好で作業を見守っていましたね。誰か気を利かせて、輪の中に入れてあげてほしい…(涙) いつか自然に4人が並ぶようになったら、本当のクローバーが完成するんでしょうか。
    全然関係ありませんが、良子ちゃんの本当の居場所は、ももいろ「クローバー」Zですね☆

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうござます。

      > いつか自然に4人が並ぶようになったら

      明美ちゃんが気負わずに三人の輪の中に入れる時が、明美ちゃんのトラウマが完全に解消できた時何でしょうね。

  4. サエモン より:

    紀夫さんのお手玉ににっこりしました(笑)
    栄輔さんは気持ち切り替えてますが
    明美さんからもあぁ言われるとわ
    それだけに明日は寂しくなりそう
    忘れかけた頃に栄輔さんの幸せも分かるかな?
    すみれちゃんたちが笑顔でいることが
    自分にとっての幸せなのかもね

    明美さんのこれからも気になりますね

    潔さんの紀夫さんへの期待は
    重いですね
    五十八さんからも期待され
    ただゆっくり彼の時間は
    時計は進みだしてる
    坂東営業部がこれからどうなるか
    社名はいつ変わるか
    またどんな名前になるか楽しみ

    逆に栄輔さんは紀夫さんの
    帰還で狂い出したが
    みんなに諭され進みだす

    悦子さんはなんだかんだいい人なんだよね
    確かにキアリスはいい場所だ

    レイコさんやりすぎ(笑)

    ファッションショーの練習1人くらい
    本物知ってる人に取材しろと
    思うくらい面白かった(笑)

    すみれちゃんはキアリスの大切さ
    進みだしてる時間を時計を巻き戻したくない感じが

    時計と言えば時子さんの時間も進みましたね

    明日はファッションショー
    それぞれが新しい未来へと
    時計の針が進む

    過去へは戻れないし
    立ち止まれない
    止まっていた時計を
    明日を信じて進まないといけないが

    止まったままの時計は
    紀夫さんだけでなくみんなにあったかも
    すみれちゃん ゆりちゃん
    五十八さん 長太郎さん
    良子ちゃん 君ちゃん 時子さん
    麻田さんに闇市や商店街の方々などみんな確実に一歩ずつ明日へ進みましたね♪

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうござます。

      > 止まったままの時計は紀夫さんだけでなくみんなにあったかも

      そうですね。今週に入ってみんなの時計が少しづつ動き始めたような気がします。

  5. ぷん より:

    明美ちゃんの あんな笑顔 初めてですね
    (予告のファッションショーでは借りてきた猫のような様子でしたよね(笑))

    ひとつにまとまっていく様子がこれから描かれるのでしょうか
    楽しみです

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうござます。

      > 明美ちゃんの あんな笑顔

      明美ちゃんがずいぶん変わりましたね。笑顔がやわらかくなりました。

  6. もんすけ より:

    「いい場所見つけたね」とすみれちゃんを労う悦子様の表情がなんとも柔らかで素敵! どんな状況下にあっても、良い意味での「お譲様」を忘れずにいるところに、人柄の良さとたくましさを感じます。
    「自信…? ある!」と言い切るレイコさん。すんごいファッションショーになりそうですね。今からなんだか別の意味でワクワクします。
    また、お手玉ができるようになって、またもや喜びの絶叫を上げる紀夫くん。週明けから紀夫くんの苦悩が色濃かったので、ほんわりと心温かくなりました(練習を重ねていたんですね、紀夫君。なんとぶきっちょな…(笑) 本当に真面目でよいお人柄なんですね)。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうござます。

      > 喜びの絶叫

      一見、自分の殻の中に閉じこもったかのように見えますが、本人なりに自分を変えようと努力する。そんな気持ちをあのお手玉で表現したのかなと思いました。紀夫くんは誰も見ていないところで人知れず努力を重ねるタイプみたいですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ