すみれが大島と面談する / べっぴんさん 第55話

連続テレビ小説(朝ドラ)『べっぴんさん』
2016年12月5日(月)放送
第10週 第55話「商いの聖地へ」

『べっぴんさん』第10週 第55話 あらすじと見どころ解説

商品を粗雑に扱い、自分たちが大事にしていることに理解を示そうとしない大急百貨店にキアリスの商品を任せるわけにはゆかない。大急百貨店の社長・大島と面談したすみれは、キアリスが百貨店との取り引きを断った理由を説明しました。

すみれの厳しい言葉に真摯に耳を傾けた大島は、すみれに非を詫び新たな提案をします。百貨店の店舗の一角を十日間だけキアリスに貸し出すので、そこで百貨店の力がどれほどのものなのか試してみないかと。

すみれたちは大島の提案に喜ぶものの、リスクの大きい条件に夫たちは難色を示します。そんな中、明美のもとに再び玉井が姿を現しました。玉井は諦めていませんでした。明美と組みキアリスの商品を真似た粗悪品を大量に売ってボロ儲けすることを。

数日後、キアリスの四人は大島と面談し大急百貨店での委託販売の準備が始まりました。これまでよりも大量の商品を準備するため君枝の家の二階を作業場に借りるすみれたちでしたが、琴子は昭一からそのことを何も聞かされてはいないのでした。

<<前回54話 | 次回56話>>

midokoro
大急百貨店からの異例中の異例とも言えるオファーをいとも簡単に断ってしまったすみれが大急百貨店の社長に呼び出されます。

老舗百貨店の立場からすればプライドを傷つけられたも同然のすみれの回答ですが、社長の大島は器の大きな人物でした。

一方、闇市時代の親分・根本と袂を分かった玉井が怪しい動きを本格化させ始めます。

『べっぴんさん』第10週 第55話 事前発表あらすじのレビューと史実解説

前週描かれた、大急百貨店からの様々なオファーをすみれたちがキッパリと断ったエピソードはいずれも史実をモチーフにしたものです。

すみれたちの出店拒否に対して、大島が妥協案としてすみれに提案した期間限定の出店。今回描かれるこのエピソードは史実にはありません。創作されたものと思います。

また、玉井が明美をそそのかし粗悪品でボロ儲けしようと持ちかけてくるエピソードも資料の中には見当たりません。

玉井のエピソードも創作かと思いますが、粗悪品でも安ければ飛ぶようにモノが売れたと言われる当時、こんなブラックな誘いの一つや二つは実際にあったのかも知れません。

しかし、阪急百貨店のブランドを目の前にぶら下げられても簡単には食らいつこうとはしないファミリアの創業者たちです。

こんな誘いなど一顧だにされなかったことでしょう。

『べっぴんさん』第10週 第55話 観賞後の感想

大島社長の大物ぶり

すみれちゃんが畳み掛けるように大島社長に言いました。しかも、すみれちゃんの表情のおだやかさ、口調の柔らかさからは想像もつかないほどの手厳しさです。

商品が処分されるのを見て悲しくなった。

百貨店のプロからしたらこの一言だけでも痛烈な打撃になるかと思います。本来ならプロとして一番大切なところが出来ていないと言われたに等しいことなので。

しかし「それだけではありません」とすみれちゃんは続けます。

工程を減らせ。キアリスの商品にとって一番の宝のはずの商品へのこだわりを捨て去れと言っているに等しい小山氏の言い分。

しかも、それをやってしまったらキアリスの商品でなくなってしまうと言っても小山氏は一切取り合ってはくれない。

ここまですみれちゃんが言った時、一つ心配なことがありました。

もしここで大島社長がすみれちゃんと紀夫くんの面前で、同席している小山氏を叱りつけてしまったら、僕はこの先、大島社長を尊敬出来なくなるかも知れないと。

部下を晒し者にすることで自分の正義と大きさを誇示するリーダーは少なくありません。

特に、部下の非を見つけるやここぞとばかり部下を晒し者にすることで自分の正義を主張する残念なリーダー。大島社長もそんな人だったらどうしようかと心配になったわけです。

しかし、大島社長は立派でした。

小山氏を叱りつけるようなことは一切しない。さらに、煩瑣な仕事に追われている小山氏たち店員への理解を示す。

そして、多忙によって店員たちが大事なことを忘れたトップとしての責任を認めて、零細企業の社長を相手に素直に頭をさげるその人物の大きさ。

そして、キアリスの四人と面会した時の大島社長の宣言が男前。

「百貨店は生まれ変わろうとしています」

すみれちゃんの手厳しい指摘を受け、もしかすると大島社長は店内を隅々まで観察したのかも知れません。

そして生まれ変わりが必要なことを痛感したのでしょう。

この迅速さ、この柔軟さ、そしてこの謙虚さ。今回で大島社長のファンになりました。

ただし一点残念な点が。

目の前で大島社長のこれほどの度量を見せつけられながら小山氏がそれについて何も感じてなさそうなことです。

小山社長の大きさを少しは感じて自分の考え方や行動を少しは改めて欲しいものと思いますが、どこか変わった様子はまるでなし。

ちなみに小山氏はフルネームを小山小太郎と言います。

小の字が二回も重ねられている名前が付けられていることから、小さな人物なのかも知れません。

ちなみにファミリアを阪急百貨店への誘致の実務に携わった人物は、後の阪急百貨店の社長になるような人物でした。

小山氏のような小さな人物ではなかったようです。

玉井氏は完全退散?

武くんが精一杯凄んだことが功を奏したのか。それとも明美ちゃんの意志の強さに根負けしたのか。

玉井氏が明美ちゃんを相棒にすることを諦め去って行きました。

去っては行ったものの玉井氏が残して行った捨て台詞が気がかりです。

「後悔すると思うで、その時はまたな」

玉井氏の言う「その時」がどんな時かはわかりませんが、「その時」に玉井氏は再び登場するのでしょうか。

明美ちゃん、厄介な男に目をつけられました。

<<前回54話 | 次回56話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

8 Responses to “すみれが大島と面談する / べっぴんさん 第55話”

  1. クッキーパパ より:

    大島社長の外に、まだ無名なキアリス製品の品質の良さを本当に理解しているのは玉井氏ではないでしょうか? 彼が悪の道を誤らなければ、きっと優秀なアパレル営業マンになったと思います。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうござます。

      > 本当に理解しているのは玉井氏

      たしかにおっしゃる通りですね。しかもどれほど売れるかということまで見通している市場感覚も秀逸です。その商才は大急百貨店の小山氏以上と言っても差し支えなさそうです。

  2. S.O.X. より:

    男会に強制加入させられたり、ゴロツキに怖くないメンチ切ったり、お姉さまに誘われたり、色々大変なタケちゃん、単なる脇役かと思っていたのですが、なかなか良いキャラになってきました。彼はいずれ「何者か」になるのでしょうか?

    中島広稀くん、見たような顔だと思って調べたら、比較的最近見たものでは「八重の桜」「漱石の妻」etc.。いずれもよく覚えていませんが、無意識に顔を記憶していたようです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうござます。

      > 彼はいずれ「何者か」

      出番が少ないようで武くんが劇中での経験はこうして並べてみるとなかなか濃厚ですね。確かにただの小間使いでは終わらなそうです。

  3. もんすけ より:

    「30分したら家にきて」
    明美ちゃんの言葉に武くん、どんな気持ちで30分待っていたのでしょうか(ドキドキ)
    家庭の味に飢えていた武君の五臓六腑に沁み渡ったのはご飯の温かさだけでなく、玉井氏撃退への御礼も込めた明美ちゃんの温かな気遣い。
    「殿方の心を掴むには、胃袋を掴め」などとも言いますが、明美ちゃん、なかなかの女子力です! 思いを寄せる明美ちゃんの手料理、武君は本当に嬉しかったでしょうね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうござます。

      > 明美ちゃんの手料理

      家族との縁が薄い武くんにはさぞかし心に沁みる味だったかと。そして、同じく家族との縁が薄い明美ちゃんにとっても自分の手料理を美味しく食べてくれる存在は嬉しかったに違いありません。

  4. よるは去った より:

    明美「どないして生きるかやと思います。」さすがは明美ちゃん。玉井氏の誘いを撃退。武くんとの距離がいくらか縮まったかな。それとは別のシーンで大島社長。すみれちゃんたち一人一人の顔を見て名前を呼びかけているところなど、さすがは大手百貨店の社長は違うなと思いました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうござます。

      > 大手百貨店の社長は違うな

      社長が立派なだけに小山氏の小者ぶりが際立ちますね。大島社長の薫陶を受けた社員の登場を願うばかりです。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ