すみれが大島と面談する / べっぴんさん 第55話

連続テレビ小説(朝ドラ)『べっぴんさん』
2016年12月5日(月)放送
第10週 第55話「商いの聖地へ」

『べっぴんさん』第10週 第55話 あらすじと見どころ解説

arasuji

商品を粗雑に扱う大急百貨店とは取り引きなど出来ない。

大急百貨店の社長・大島と面談したすみれは、キアリスが百貨店との取り引きを断った理由を説明しました。

すみれの指摘を受け入れた大島は、すみれに新たな提案をします。百貨店の店舗の一角を十日間だけ貸し出すのでそこで自分たちが納得出来る店を出してみないかと。

すみれたちは大島の提案に喜ぶものの、売れ残りのリスクがあり人件費もかかる大島の出した条件に夫たちは難色を示します。

そんな中、明美のもとに再び玉井が姿を現しました。

玉井は諦めていませんでした。明美と組みキアリスの商品を真似た粗悪品を大量に売ってボロ儲けすることを。

midokoro
大急百貨店からの異例中の異例とも言えるオファーをいとも簡単に断ってしまったすみれが大急百貨店の社長に呼び出されます。

老舗百貨店の立場からすればプライドを傷つけられたも同然のすみれの回答ですが、社長の大島は器の大きな人物でした。

一方、闇市時代の親分・根本と袂を分かった玉井が怪しい動きを本格化させ始めます。

<<前回54話 | 次回56話>>

『べっぴんさん』第10週 第55話 事前発表あらすじのレビューと史実解説

前週描かれた、大急百貨店からの様々なオファーをすみれたちがキッパリと断ったエピソードはいずれも史実をモチーフにしたものです。

すみれたちの出店拒否に対して、大島が妥協案としてすみれに提案した期間限定の出店。今回描かれるこのエピソードは史実にはありません。創作されたものと思います。

また、玉井が明美をそそのかし粗悪品でボロ儲けしようと持ちかけてくるエピソードも資料の中には見当たりません。

玉井のエピソードも創作かと思いますが、粗悪品でも安ければ飛ぶようにモノが売れたと言われる当時、こんなブラックな誘いの一つや二つは実際にあったのかも知れません。

しかし、阪急百貨店のブランドを目の前にぶら下げられても簡単には食らいつこうとはしないファミリアの創業者たちです。

こんな誘いなど一顧だにされなかったことでしょう。

『べっぴんさん』第10週 第55話 観賞後の感想

kanso

<<前回54話 | 次回56話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ