キアリス大急店開店初日 / べっぴんさん 第58話

連続テレビ小説(朝ドラ)『べっぴんさん』
2016年12月8日(木)放送
第10週 第58話「商いの聖地へ」

『べっぴんさん』第10週 第58話 あらすじと見どころ解説

大急百貨店の中でのキアリス開店初日を迎えました。大急百貨店から優遇される中でのキアリスの出店はまわりから嫉妬されるほどでした。そんな中、悦子と友人たちの三人は最上の接客をしようと張り切って店頭に立ちました。

しかし、いざ開店してみると初日も次の日も、キアリス大急店に並べられた商品は一つも売れませんでした。商品が売れなければすべて自分たちの責任で処分しなければならない。追い詰められたすみれたちは客が来ない原因を考えました。

大急百貨店は年配客が多く子育て世代の客がほとんどいない。そこに気づいたすみれたちは妙案を思いつきます。ポスターを街角に貼って子育て世代にキアリスのことを知ってもらおうと考えたのです。

夜遅くまでポスターづくりに没頭するすみれたちキアリスの面々。そして迎えた開店三日目の朝。すみれたちは手分けして街中にポスターを貼り出します。ポスターの効果はすぐに出ました。大急百貨店のキアリスの売り場には客が次々とやって来るのでした。

<<前回57話 | 次回59話>>

midokoro
君枝がすみれとともに働きはじめた時にも難色を示し、君枝の家の二階を作業場にした時もあまりいい顔をしなかった琴子。

しかし、いつしか子供たちを預かるようになり、今回はアルマイト製の弁当箱を大量に調達すると言う離れ業をやってのける。

琴子のここまでの変化の描写は、サイドストーリー中の見どころの一つかも知れません。

『べっぴんさん』第10週 第58話 事前発表あらすじのレビューと史実解説

キアリス大急店での販売がはじまるものの商品は一つも売れません。

すみれが手作り雑貨を売り始めた頃。ベビーショップあさやの開店時。いつも売れなかったり、売れても特定のお客さんが買うだけという状況がこれまで繰り返し描かれて来ました。

しかし、史実では様々なモノがよく売れたようです。

商品の製造が追いつかず、空っぽになりがちな陳列ケースを埋めるために問屋からおもちゃを仕入れて売るようなこともあったそうです。

しかし、商品へのこだわりを貫くことが難しい出来合いの商品を売るだけの商売への物足りない思いが生み出したのが、今週の劇中に登場する弁当箱の販売でした。

ちなみに史実では弁当箱セットは百貨店でなく神戸の店舗で販売されていました。

『べっぴんさん』第10週 第58話 観賞後の感想

「とっても!」と繰り返すすみれちゃんの明るい笑顔。

紆余曲折を経て今日まで来ましたが、やっと長いトンネルの向こうに光が見えて来た。そんな静かな高揚感を感じる回でした。

悦子さまのオーラ

最後の最後に明るい未来を予感するようなすみれちゃんを笑顔を見せてくれた回でしたが、はじまりはやや重苦しい空気に覆われる場面でした。

ついに迎えた大急百貨店での出店初日。すみれちゃんたちは周りの売り場の面々からショーケースが二つもあることについて嫌味を言われていましたが、これについて一言。

当時のリアルの阪急百貨店内では、ショーケースを二つ以上使わせてもらうのは百貨店内に出店している事業者の誰もが望むところだったようです。

ショーケースが増えるほど売るものを増やし売り上げを伸ばせるから出店事業者はショーケースを二つ以上欲しい。

しかし、百貨店のスペースには限りがあるので百貨店側としてはすべての事業者にショーケースを二つ以上渡すわけにはゆかない。

そんな事情があったと資料に記録されています。

今回の劇中で描かれたキアリス以外の出店事業者も、パッと見たところ皆さん確保しているショーケースは一つしかありませんでした。

それが突然出店し始めた無名の子供服店が、はじめからショーケースを二つも、しかも百貨店側から使うことを許可されている。

もともと出店していた事業者が嫉妬するのも頷けます。

この嫉妬と羨望が渦巻く百貨店の中で、すみれちゃんたちは先輩事業者からいじめられるのかなと心配になりましたが、その心配は杞憂に終わりそうです。

売り子として店頭に立つためにやって来た悦子さまグループが先輩事業者たちを圧倒。

それまでおとなしいすみれちゃんたちに詰め寄っていた先輩事業者たちが悦子さまのオーラに圧倒されて無言で立ち去る姿を見て思いました。

悦子さまがいれば大丈夫。すみれちゃんは最強の味方を手に入れたと。

キアリスの奥様三人組と男会の面々

キアリスの奥様三人組と、その夫たち=男会は今回もすれ違い。しかし、すれ違いのように見えてはじめて6人の視線の方向が一つにまとまったような気がします。

キアリスの奥様三人組は夜遅くまでポスターづくりに没頭しながら夫たちの愚痴をこぼす。頑張れの一言も言えないのかと。

でも実は奥様三人組の望みの限りなく近いところまで男回が来ていることが判明。

男会の三人衆が口々に言いました。

「なんで頑張れと言えないんだろ」

奥様三人組を見放すような発言もしていた男会の面々ですが、本音は応援したい。しかしそれが素直に出来ない。

素直に応援は出来ないけれど、応援したいという気持ちが芽生えて来たのは大きな進歩だと思います。

キアリスの奥様三人組と、その夫たち=男会が一つの方向に向かい始めるその瞬間を見たような気がしました。

ところで、同性でもあり男会とも付き合いのある武くんだけが「頑張れと顔に描いてあった」と男会の面々の本音を鋭く察知。

武くん、地味に見えながらいつもここぞというところで存在感を発揮してくれます。

そして、ポスター作りの時には一つのテーブルで作業する武くんと明美ちゃんの姿が微笑ましい。

ちょっとネタバレになりますが、明日あたり武くんと明美ちゃんの二人にとって後にも先にも最も重要な場面の一つが描かれるのでしょうか。

<<前回57話 | 次回59話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

12 Responses to “キアリス大急店開店初日 / べっぴんさん 第58話”

  1. とん より:

    冒頭の悦子様にはしびれましたね!
    最強の味方とはうまい言い方ですね。

    でも年配の客が多いから売れないって設定はどうかと思います。
    孫のためには金を惜しまない世代。2日連続ゼロはありえない気が。
    きっとアピールの仕方が足りなかったんでしょうね。
    孫のための物は、ついでに買うものではなくその目的を持って買いに来る、
    だから店の存在自体知られていなければ、見えていても目の前をスルーされる。
    「お孫さんにいかがですかー!」の売り声があれば、見るだけ見てくれるお客様も……
    と思ったのですが、悦子様たちには不釣り合いですもんねー。
    ポスターが功を奏して本当に良かったです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうござます。

      > 売れないって設定

      リアルでは初めから売れに売れたらしいので、無理な設定などせず快進撃を続ける姿にしても良かったのかも知れない。そんな気がします。でもそれだとドラマとして成り立たなくなるんでしょうね。

  2. クッキーパパ より:

    女性達の問題解決能力の凄さに脱帽。

    なぜお客が来店しないかを、四人でグループ討議。 現状把握を行い、「認知度が足りない」ことを確認。 対策として若い母親に周知するため「ポスターの制作・貼付」を決定。 その日のうちに制作にとりかかり、翌日その成果を評価する。 
    正に問題解決のお手本の行動でした。

    それに比べて、男会は酒を飲んで愚痴るだけ。 女性達を感動させるようなアドバイスを送って欲しいものです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうござます。

      > 女性達の問題解決能力

      男会がこれまで役に立ったことと言えば帳簿づけくらいでしょうか。男性たちもそろそろ活躍する姿を見せて欲しいものですね。

  3. うこちえす より:

    悦子さんを演じる滝裕可里さんは、今年4月から10月までBSで再放送されていた『てるてる家族』に出てましたね。
    岩田春子さんの子供時代を演じてました。
    後にフィギュアスケートのオリンピック選手になる役です。
    ちょっと見ない間にすっかりキレイなお嬢さんになりました(笑)

    で、昨日、男前(?)だった琴子さんを演じている『いしのようこ』さん、『てるてる家族』では春子さんのフィギュアスケートのコーチをしてました。

    これからの展開のなかで2人の絡みがあるといいのですが・・・。
    楽しみにしています。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうござます。

      > 岩田春子さんの子供時代

      『てるてる家族』観てましたがリトル春子ちゃんと悦子さま、自分の中で全然つながりませんでした!いいこと教えてくださりありがとうございます!

  4. よるは去った より:

    昭一「何で頑張れっていわれへんのやろな。」良子「何で頑張れって言われへんのやろ。」 男会の面々は「妻をこんなに遅くまで仕事させて良いのだろうか?」という戸惑いもあるだろうけど、男会、キアリスの面々共に成功の確信がないことへの戸惑いもあるのかな?もしそうだとしたら明日は誰かの口からか「頑張れ」または「よくやった。」の声は聞けるでしょうか。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうござます。

      > 明日は誰かの口から

      そんな展開を期待しています。この一言でみんなが一つになりそうですね。

  5. きゅうぽん より:

    悦子様ナイス!
    他の売り場の嫌味にも悦子様の風格?がなければ多分すみれちゃん達では、どうしよ〜ってなっていたと思います。接客と言っていいのか、一度は仕方なしに落ちた身でも心は錦ではないですが、幼少から染み付いた品格と共に自信を取り戻し、悦子様の居場所の築きなりましたね。

    そして良子ちゃんも、今までなら反発したり、殻にこもったりしましたが、断られた保育所にも、きちんとお礼を言いつつポスターを貼らせてもらう事ができました。

    たけちゃんは、本当に女心が分かるいい子!明日楽しみです♪

    さて、男会のヘタレ度(失礼(笑))に今回も思わず笑ってしまいました。
    男会は変にプライドだけは高いけれど…だんだん、ご主人の忠告にも動揺しないくらいに
    成長と言うか自覚をもって働いている事に焦りと応援(その頑張りを認めざるを得ない)の気もちで揺れている様子がおもしろかったです。
    顔に書いてある、正しくそうですね。でも、口に出さないとわからない。
    後からはなんとでも言えるし、そうですね悪口でなく思いは「ありがとう」「イヤよ」も伝えないといけない。勝二さんは遠慮を止めてもどこか遠慮していた良子ちゃんも言えるようになってきたのにホッとしています。その分、ある意味勝二さんはタジタジしてきましたが(笑)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうござます。

      > 悦子様の居場所

      女学校時代のたった一回の登場ながら何故あれほど強烈なインパクトを残すキャラに設定したんだろうと不思議に思っていましたが、こんな形であの強烈なキャラを回収することになってたんですね。

  6. えびすこ より:

    今で言う「ママ友」のおかげで繁盛にこぎつけました。

    べっぴんさんの後半に出るキャストが昨日発表されました。そうなると、ひよっこかおんな城主の新しいキャスト発表も年内にあるのでは?
    個人的に気になっている事に来年の大河ドラマで織田信長を演じる俳優がだれなのか、と言う事です。
    後半になってから出ると思われるので今回は配役決定が少し後ろでも遅くないですね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうござます。

      > 後半に出るキャスト

      成長したさくらちゃんが芳根京子ちゃんにあまりにそっくりなのでビックリしました。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ