大急・キアリスグループ / べっぴんさん 第61話

連続テレビ小説(朝ドラ)『べっぴんさん』
2016年12月12日(月)放送
第11週 第61話「やるべきこと」

『べっぴんさん』第11週 第61話 あらすじと見どころ解説

arasuji

大急キアリスグループという名で大急百貨店に支店を出してみないか。

大急百貨店社長・大島からのオファーにすみれたちは歓喜の声をあげその話を引き受けることにしました。

その夜、そのことをすみれは紀夫に報告しました。

紀夫はすみれを祝福するものの、どこかぎこちない紀夫の喜び方にすみれは違和感を感じずにはいられません。

あくる日、紀夫は体調がすぐれないと言って会社を休みました。

すみれは坂東営業部に足を運ぶと支店を出すことになったと報告し、紀夫が欠勤したことを詫びました。

ドレスメーカー教室説明会で紀夫が緊張のあまり倒れ、社員たちからの信頼も失ってしまったことを。

midokoro
前週の終わり近く。不慣れな人前の挨拶で緊張のあまり倒れてしまった紀夫。

捕虜の時に負った深い心の傷をようやく克服することが出来た紀夫ですが、再び紀夫の受難の日々がはじまります。

そしてこの紀夫の苦悩が今週末にはまさかの事態に発展します。

<<前回60話 | 次回62話>>

『べっぴんさん』第11週 第61話 事前発表あらすじのレビューと史実解説

前週に描かれたキアリスの大急百貨店での期間限定出店は創作ストーリーですが、大島社長からのオファーである「大急キアリスグループ」案は史実に基づいたエピソードです。

史実では、阪急百貨店の社長がファミリアとの取引を決断。ファミリアも阪急百貨店に商品を卸すことに前向きな姿勢を示したものの、阪急で販売する商品にはファミリアのブランド名は使わせないという阪急側の条件をファミリアが拒絶。

そこで阪急側が妥協策として提示した条件が「阪急ファミリアグループ」という両社の名前を折衷した代替案でした。

この提案にはファミリアも同意し「阪急ファミリアグループ」というブランド名での出店が決まりました。

なお、現在では大手百貨店に独自ブランドの店舗が出店しているのはごく当たり前のことですが、百貨店の立場が今よりも強かった当時、百貨店内で無名の会社が独自ブランドを名乗ることは異例中の異例の待遇であったようです。

なお、ファミリアが自社ブランドを守り抜いたのは、父・佐々木八十八氏による自社の商標を大切にせよという教えを坂野惇子さんが忠実に守ったためと伝えられています。

『べっぴんさん』第11週 第61話 観賞後の感想

kanso

<<前回60話 | 次回62話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ