五十八が紀夫の決意促す / べっぴんさん 第62話

連続テレビ小説(朝ドラ)『べっぴんさん』
2016年12月13日(火)放送
第11週 第62話「やるべきこと」

『べっぴんさん』第11週 第62話 あらすじと見どころ解説

arasuji

潔とゆりが紀夫の見舞いにやってきました。

二人が来たと知ってあわてて布団に潜り込む紀夫。喜代の目には、紀夫が仮病を使っていることは明らかでした。

一方、すみれたちは支店開業の打ち合わせをはじめ、支店が期間限定の営業でないと知った悦子はキャバレーを辞める決意を固めます。

そんな中、すみれと紀夫、ゆりと潔は近江の坂東本家に足を運びました。トク子が体調を損ねたため五十八が四人呼び出したのです。

五十八は紀夫に告げました。

男は変わらなければいけない時がある、それに気がつかないと成功はおぼつかないと。

五十八の言葉に奮起した紀夫は、決意を新たにして出社するのでした。

midokoro

期間限定の出店で成功したキアリスが、今度は期限なしの出店決定。悦子が専属の店員になる決意を固めるなど、すみれ周辺の動きがあわただしくなってきます。

その一方で戦地より戻って来てから一進一退を繰り返す紀夫が再び小さな一進。しかしまたしても一退しそうな予感がします。

<<前回61話 | 次回63話>>

『べっぴんさん』第11週 第62話 事前発表あらすじのレビューと史実解説

大急キアリスグループという名で期間限定の営業でない支店が決まったキアリス。この支店名はリアルの阪急ファミリアグループから着想を得たものです。

ところで、すみれたちが大急キアリスグループというポジションを勝ち取るまで何度となくゴネにゴネましたが、これら「ゴネ」もリアルのエピソードがもとになっています。

ところでドラマならともかく、リアルであそこまでゴネたらまとまるはずの話もまとまらなくなりそうなものですが、話をまとめざるを得ない事情が阪急側にはあったのです。

ファミリアの阪急百貨店への誘致は社長の命令によるものでした。

だからファミリア誘致の実務を担当した者はどのような手を使ってでもファミリア誘致を成功させなければならなかったのです。

もしこの時、実務担当者がファミリア誘致の可否を自分の裁量で決めることが出来ていたならもしかすると阪急ファミリアグループは幻に終わり、ファミリアも飛躍を遂げる大きなきっかけを失っていたかも知れません。

『べっぴんさん』第11週 第62話 観賞後の感想

kanso

<<前回61話 | 次回63話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ