仕事と育児に励むすみれ / べっぴんさん 第63話

連続テレビ小説(朝ドラ)『べっぴんさん』
2016年12月14日(水)放送
第11週 第63話「やるべきこと」

『べっぴんさん』第11週 第63話 あらすじと見どころ解説

arasuji

キアリス大急支店開店を一ヶ月後にひかえ、すみれたちは商品づくりなどの開店準備に奔走していました。

そんな中、打ち合わせをするために大急百貨店に足を運んだすみれは、ドレスメーカー教室の説明をする紀夫の姿を目撃します。

大勢の人前に立って話すことが苦手な紀夫の無理をする姿にすみれは胸を痛めました。

一方、腰痛が悪化した喜代が入院してしまいました。

喜代が入院中、すみれはさくらを保育園に預けることにしたものの、弁当作りや送り迎えなどすみれの負担が増えてしまいます。

仕事と育児、その両方をこなす多忙を極める日々が始まりました。

midokoro
五十八の言葉に励まされ、不得手なことに立ち向かい自分を変えようとする紀夫の姿が描かれますが、その姿に胸を痛めるすみれ。

戦地から帰って来て以来、痛々しい姿をさらし続ける紀夫。

心の空に雲が一つもないような、すみれと紀夫夫妻の姿を年内には見ることが出来るのでしょうか。

<<前回62話 | 次回64話>>

『べっぴんさん』第11週 第63話 事前発表あらすじのレビューと史実解説

キアリスが大急百貨店から出店オファーを受けた頃のこと。大急百貨店の様子を見学したすみれは、百貨店店員の商品の扱いが粗雑にことに落胆して出店を一旦は拒絶。

挙げ句の果てに百貨店側からの破格の条件を台無しにして、わざわざリスクも高く人件費もかかる出店方式を選んだことがありました。

この時のキアリスのエピソードは、リアルでは阪急ファミリアグループというブランド名での出店が決まった直後に生じた騒動がもとになっています。

当初、ファミリアは阪急百貨店に商品だけ卸すはずでした。

しかし、百貨店店員による商品の粗末な扱いを見た坂野惇子さんは、商品のすべてを百貨店に託してしまうことを不安に思い始めました。

そこで、商品の取り扱いへのこだわりを守り抜くため、商品を卸すだけというファミリアにとっては有利な条件を捨て去ってしまうのでした。

『べっぴんさん』第11週 第63話 観賞後の感想

kanso

<<前回62話 | 次回64話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ