すみれ朝帰りに紀夫激怒 / べっぴんさん 第64話

連続テレビ小説(朝ドラ)『べっぴんさん』
2016年12月15日(木)放送
第11週 第64話「やるべきこと」

『べっぴんさん』第11週 第64話 あらすじと見どころ解説

arasuji

キアリス大急支店の開店初日を翌日に迎えた夜。

店舗のレイアウトの出来栄えに満足のゆかないすみれは、さくらを君枝と琴子に託すと夜遅くまでレイアウトを自分の手でつくりかえることにしました。

その頃、深夜になっても家に帰らぬすみれを紀夫は心配していました。

レイアウトづくりに夢中になり過ぎたあまり、閉店した大急百貨店から出られなくなってしまったすみれは店内で一泊することにします。

翌朝、家に帰ったすみれは、心配して待っていた紀夫に頰を打たれました。

すみれがふさいだ気持ちのまま迎えたキアリス大急支店の開店初日。

客が殺到し予想していた以上の売り上げを記録するものの、すみれと紀夫の間はどこかギクシャクしたままなのでした。

midokoro
さくらを琴子に託したすみれは時間を忘れて新たに開店するキアリス大急支店の店舗レイアウトの作り替えに没頭。

そんな事情を何も知らない紀夫が夜に帰宅するとすみれとさくらが家にはいない。

ただでさえ不慣れな仕事で大きなストレスを抱えた紀夫が怒りを爆発させてしまいます。

<<前回63話 | 次回65話>>

『べっぴんさん』第11週 第64話 事前発表あらすじのレビューと史実解説

時間を忘れて仕事に没頭するあまり、その日のうちに帰宅出来なくなり朝帰り。そのことで夫を激怒させてしまうという今回のエピソードは史実にヒントを得たものです。

ただし、リアルの朝帰り騒動はファミリアが阪急百貨店に出店する以前のことです。

いつ頃のことなのか定かではないようですが、坂野惇子さんは神戸の店じまいをすると阪急電車に乗ってファミリアの最寄駅である三宮駅から自宅のある塚口駅に向かいました。

しかし、多忙を極め疲れ切っていた坂野惇子さんは塚口駅を寝過ごしてしまい電車は終点の梅田駅を経て梅田車庫へ。

電車の車内に閉じ込めらてしまった坂野惇子さんはその電車の中でその夜を過ごし、翌朝の始発電車に乗ってようやく帰宅。

夫の坂野道夫さんを激怒させるという史実が今回のエピソードのモチーフです。

『べっぴんさん』第11週 第64話 観賞後の感想

kanso

<<前回63話 | 次回65話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ