働き過ぎで倒れるすみれ / べっぴんさん 第65話

連続テレビ小説(朝ドラ)『べっぴんさん』
2016年12月16日(金)放送
第11週 第65話「やるべきこと」

『べっぴんさん』第11週 第65話 あらすじと見どころ解説

arasuji

仕事と家事の両立で多忙を極めていたすみれが過労で倒れてしまいました。

三日間は安静にしているように。

医師の指示により久しぶりに休みを取ることにしたすみれは、保育園でさくらの様子を観察することにしました。

そんなすみれに保育園の先生が語りかけます。さくらの靴が小さくなっているため、さくらは最近、外で遊びたがらなくなっていると。

娘の成長に気づけていなかったすみれは大きなショックを受けました。

一方、すみれの抜けた現場は混乱していました。

そんな中、ゆりは近江の坂東本家へ足を運びました。ゆりは、節子から夫婦は運命共同体だと言われます。

その言葉をゆりから聞かされたすみれは、ある決意を固めるのでした。

midokoro
大急百貨店への期間限定の出店を経て大急キアリスグループとして正式出店。順風満帆のすみれでしたが順風にあおられ過ぎたのか過労でダウン。

久しぶりの休息の中で、大切なものを置き去りにしていたことに気づかされます。

大切なものとは家族。さくらの靴のサイズが合わなくなり不自由している事実に、すみれはまったく気づいてあげることが出来ずにいたのです。

<<前回64話 | 次回66話>>

『べっぴんさん』第11週 第65話 事前発表あらすじのレビューと史実解説

朝帰りで紀夫を怒らせてしまったことで、すみれと紀夫の夫婦関係はギクシャクした状態が続きます。

一方、リアルでも仕事に没頭するあまり実際に朝帰りして夫を激怒させた坂野惇子さんでしたが、そのことがもとで夫婦関係がギクシャクすることはなかったようです。

坂野惇子さんは夫の激怒を深い愛情表現ととらえたのだそうです。

よって、激しく怒る夫に対してネガティブな感情を抱かなかったばかりか、金輪際夫に心配はかけまいと心に誓ったと伝えられています。

ちなみにリアルの坂野惇子さん・道夫さん夫妻は恋愛結婚でした。

学生時代の出会いで恋に落ち、今で言う遠距離恋愛を経て結婚した二人は、終生恋人どうしのように仲の良い夫婦だったようです。

劇中のすみれと紀夫の馴れ初めは、出来ることなら史実にもとづいた恋愛結婚にして欲しかったと言うのがブログ主の偽らざる気持ちです。

それほど素敵な結婚までの物語がリアルにはあるのです。

『べっぴんさん』第11週 第65話 観賞後の感想

kanso

<<前回64話 | 次回66話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ