すみれが店を辞める決意 / べっぴんさん 第66話

連続テレビ小説(朝ドラ)『べっぴんさん』
2016年12月17日(土)放送
第11週 第66話「やるべきこと」

『べっぴんさん』第11週 第66話 あらすじと見どころ解説

arasuji

三日間仕事を休んだすみれが復帰しました。

復帰したその日、すみれは神戸の店、キアリス大急支店、そして君枝の家の作業場を見てまわりそれぞれの持ち場の面々の相談を聞いて回ります。

夕方になり、すみれは神戸の店に戻ってきました。

神戸の店に、明美、君枝、良子、武、そして夫たち三人が揃っているのを確認したすみれは大事な話があると皆に告げます。

そのすみれの言葉にその場にいた全員が心底驚かされました。

すみれが店の仕事を辞めると宣言したのです。

仕事に夢中になるあまり自分は暖かい家庭をつくることを忘れていた。家族が自分のすべてなのだと、すみれは自分の気持ちを訴えるのでした。

midokoro
すみれがまさかの宣言です。

紀夫が抱えている苦悩に対して何もしてあげることが出来なかった。

さくらの靴のサイズが合わなくなったことを保育園の先生から知らされ、娘の成長に初めて気づく母親としての不甲斐なさ。

そんな気持ちがすみれにまさかの決断を迫ったのでしょうか。

次回 第12週>>

<<前回65話 | 次回67話>>

『べっぴんさん』第11週 第66話 事前発表あらすじのレビューと史実解説

すみれが店の仕事を辞めると宣言する今回の騒動は史実にはない創作エピソードであると思われます。

ここ数作品で鉄板と言っていい朝ドラヒロインの仕事と子育て・家庭の両立の苦悩。

前作の『とと姉ちゃん』ではヒロインが生涯独身を貫き通したのでこの問題はなし。その前の『あさが来た』では、子育てよりも仕事寄りの選択。さらにその前の『まれ』のヒロインは仕事よりも子育て寄りの選択をしました。

さて、本作『べっぴんさん』はいくら脚色しているとはいえ、実在モデルの人物がいます。そしてその人物は生涯一つの仕事をブレることなく貫き通した女性です。

そのような女性がモデルの本作ヒロイン・すみれ。

結果として子育てよりも仕事寄りの選択を下すものと思われますが、落としどころをどのように描くのか。

次週以降の展開が気になるところです。

『べっぴんさん』第11週 第66話 観賞後の感想

kanso

<<前回65話 | 次回67話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ